FC2ブログ

BON JOVI『7800° FAHRENHEIT』暗いアルバムだよなぁ~

たぶんボン ジョヴィが暗い性格。





いわゆるアメリカンロックではなく
間違いなく暗いメロディと旋律。

根が暗いのだと思う。

能天気ではないんだな、ボンさんは。




の、セカンドアルバム
BON JOVI『7800° FAHRENHEIT』





ジャケットも
見ようによっては不気味だ


ファーストアルバムを出してから
ZZ TOPと回ったり
スコーピオンズと回ったり


特にスコーピオンズと回った影響で
よりハードロック度、メタル度が増した


って、ライナーノーツに伊藤政則が
書いていたのを読みましたね。







そんな暗いアルバムの
締めくくりの曲がまた暗い。

哀愁と言った方がいいかな?




ボン ジョヴィのファンでも
滅多に名前の上がらない曲


「SECRET DREAMS」

イントロのキーボードや
特にサビの部分は
名曲のカケラを醸し出している






醸し出しているだけだから
名曲ではないけど

・・・惜しい!って感じだな。





こういう曲は、次のアルバム以降
無くなってしまった。


代わりにメジャーに昇格したんだが。







セカンドまでのボン ジョヴィと
サードからのボン ジョヴィは

かなり違いますなぁ~(笑)



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ




スポンサーサイト



FRANKE & THE KNOCKOUTSの「YOU DONT WANT ME」という曲

SHE DON'T KNOW MEという曲

・・・好きなんだよなぁ~


爽やかなのに哀愁があるという名曲




ボン ジョヴィの曲だけど
ボン ジョヴィの曲じゃない。

つまり、カバー。


つうわけで、
以前カバーを遡って聴いてみた



BON JOVIで1番好きな曲、SHE DON'T KNOW MEの聴き比べ




いやぁ、楽しかった

色んな「SHE DON'T KNOW ME」


SHE DON'T KNOW ME好きには
たまらない企画でしたと自画自賛。





今回は少しだけ趣旨を変えまして

「SHE DON'T KNOW ME」みたいな曲
を探してみました。




そしたら、あぁ~た、ありましたよ。

しかも、ある意味近いところにあった

フランキー堺ならぬ

フランキー & ザ・ノックアウツ
(FRANKE & THE KNOCKOUTS)の
三枚目のアルバム
『MAKIN' THE POINT』






ティコ トーレスが参加していた

ティコがボン ジョヴィ以前に
参加していたバンドが
「SHE DON'T KNOW ME」みたいな曲
をやっていたなんて!



曲の名前も
「YOU DONT WANT ME」(笑)






まあ、
全てのメロディが似ているのではなく、
イントロとサビが似ている。


だから、ボケェ~っと聴いていたら
気づかないかもしれないな。


でも、
「SHE DON'T KNOW ME」みたいだと
意識して聴けば、やっぱり似てる。



深いなぁ~。


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村

MSG『THE MAD AXEMAN LIVE』再びの巻

確か昔買ったのは縦長のジャケット

一回売りましたが

20年ぶり位で
ディスクユニオンで見かけて

またまた購入しちゃいました(笑)




あるんだよね、このパターン(笑)

増えすぎたCDを処分する時に
あまり聴かないからと断捨離するけど

しばらくして久しぶりに見かけたら
また聴きたくなって買う。




今回はコレをそのパターンで購入






ジャケットとしてはなかなかの出来。

ブートにも色々あるからねぇ(笑)


私自身、それほどマイケル シェンカーに
のめり込んだことはない


一番好きなアルバムは
『ROCK WILL NEVER DIE』つまり
ライブアルバムだったりする(笑)


しかも、そのライブの
オープニング二曲がたまらなく好き




このブートは3つの公演の抱き合わせ


1枚目は




1980年11月20日
ペンシルバニア公演



2枚目は





1980年12月22日
ロスアンゼルス公演



3枚目は





4枚目は






1984年1月18日
札幌公演です。



やっぱり私のお気に入りは
3枚目、4枚目の1984年札幌



ハードロックの中に、
ポップさが上手い具合に融合され
これぞ、絶妙という言葉がぴったり



「CAPTAIN NEMO」





大好きです。

「INTO THE ARENA」より好き❗️

私にとってのマイケル シェンカーは
キャプテン ネモなんです(笑)



なんて書いてから調べたら
私が昔売ったのは


2002年リリースの「Reactivate: Live」

今回のCDは
このボックスと

2003年リリースの
「Back to Attack: Live」からの
抜粋なんだってさ。


まあ、いいか、
両方共売ったのは間違いないから(爆笑)


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村

麻倉未稀『ライブ エナジー』なんで私はこんなのを持ってる?

麻倉未稀『ライブ エナジー』










私たち業界的には『ライブ エナジー』といえば
こっちを思い浮かべますかね?









私は思い浮かべます。


未だにこのライブアルバムの
正式名称が頭に入っておりません(笑)


・・・嘘ですけど
『CAPTURED』ですけど(笑)






つうか、
麻倉未稀のライブアルバムを持ってます(笑)
(CDです)

変わった人だと思います(私です)




コンサートのオープニングは
ボン ジョヴィです

ランナウェイです


ランナウェイって言っても
シャネルズではありません


ボン ジョヴィです



01 RUNAWAY
02 GET AWAY
03 メモリーズ・オブ・ユー
04 MISTY TWILIGHT
~リメンバーターン
~海の見える街
~黄昏ダンシング
~XANADU
~FIRE BALL(FOR YOU LOVE)
05 HEARTACHE
06 WHAT A FEELING~フラッシュダンス
07 ロマンスは熱いうちに
08 千億の恋人
09 彼女のピストル
10 LAST SONGララバイ
11 モノクローム
12 HERO



本当のコンサートのセトリは知りませんが
このライブアルバムでは

ボン ジョヴィで始まり
ボニー タイラーで終わる


なかなか80年代です(笑)



途中に
オリビア ニュートン ジョン
アイリーン キャラを挟む!










・・・んん??


なんだかキャッキャッしてるように
聞こえるかもしれないけど


実は私はスクールウォーズは
リアルタイムでは見ていません
(まあ、再放送でもあまり見てませんけど)



土曜日夜9時なんて
バイトしてるか、
もしくは飲みに行ってたし




それにしても

麻倉未稀って、
どの位置にいたんだろうか?


アイドルって感じじゃないし
かといって
ロッカーって感じでもないし


考えると夜も眠れなくなるから

さっさと寝ます


おやすみなさい(笑)


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

NEIL YOUNG『HARVEST』も寝る時に聴きますね

『ハーヴェスト』





基本的に私は
ニール ヤングを聴かない

聴くのは二枚だけです。




一枚はコレ



NEIL YOUNG『AFTER THE RUSH』しみじみと




そしてもう一枚が今回のアルバムです。

NEIL YOUNG『HARVEST』




聴くのは決まって夜
それも絶対に寝る時に

私の中で、ニール ヤングはそういう人



「HEART OF GOLD」






よく寝れます。

だけど難点は

この曲は4曲目だということ


つまり


寝つきの早い私は
この曲に来る前に
夢の中です。



のび太か私かっていうくらいの
寝つきの早さを誇ります。


なんなら、会話の途中でも
寝てしまうことがしばしば(笑)



私のささやかな望みは

この曲まで聴きたいってこと。


だからって、この曲から聴くのは反則

ん~ん、自分が作ったルールだけど
破れない私(爆笑)


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村