URIAH HEEP『LOOK AT YOURSELF』対自核

7月の朝か・・・(笑)



切ない朝だよね



夜にツライことでもあったかね~




歌い出しからして抒情
歌い出しからして慕情



奥飛騨じゃないけど慕情


そして
歌い出しからして名曲確定!







さすが、ユーライア ヒープです

さすが、デビット バイロン

さすが、ケン ヘンズレー



頭からケツまで完璧に名曲



『LOOK AT YOURSELF(対自核)』に入ってます。







タイトル曲が有名ですけど、この曲は別次元!



「JULY MORNING」






いやぁ、ぐぅ~と引き込まれた!
いやぁ、ぱぁ~と引き込まれた!
いやぁ、チョキと引き込まれた?




オルガンっていいよね(笑)


スポンサーサイト

クィーン『シートキッカーズ』というブートの役割終了?

リクエストにお応えしてクィーンの話

でも、かなりマニアックな話を一つ





『シートキッカーズ
(SHEETKEECKERS)』


私が2番目に買ったブート


クィーンとしては
初めて買ったブートです。




初めて買ったブートは
デイブ リー ロスで
場所はキニーでしたが


このブート(シートキッカーズ)は
同じ新宿のディスクヘブンで買った







ここじゃなくって

まだ初期店舗の頃。
(一階にあった店舗の頃だから1980年代後半だな)




さすがに
これらのどのジャケットだったかは
全く記憶ありません













記憶があるのは

『シートキッカーズ』というタイトル

ディスクヘブンで買ったということ





デイブ リー ロスのがかなり音がこもった代物だったのに対して

こちらの『シートキッカーズ』は音が良かったんだよね。




そりゃそうだよ、

後にこうなるんだから






で、凄く聴いたかというと
実はそうでもない。


クィーンはずっと好きだし





アルバムとしては『QUEEN Ⅱ』や『SHEER HEART ATTACK』は
めちゃくちゃ好きなんだけど




この頃のライブは
あまり好きではない(笑)





薄いというかなぁ~
スケール感が無いというか



まさかオフィシャルで発売に
なるなんて思いもしなかった




懐かしいのは、
このアルバム以上に
ディスクヘブンだな!


あの頃は、ロックグッズ(カレンダーとかポスターとか時計とかTシャツとか)が色々あってワンダーランドでした。



いつもいつも
昔話ばかりでですみませんね(笑)


西新宿散策、最高だったな








なんて書いた後に衝撃のブツを発見!


なんとなんと当時私が買ったのは
レコードではなく、当然CDではなく



これでした















なんですか?
この変な形は?


ま・ま・まさか!?













カセットぉぉぉぉぉぉぉぉ❗️




押入れから出てきました❗️❗️




スゲーでしょ~❗️



カセットですよ、カセット(笑)




時代だなぁ(爆笑)




ラジカセ無いんだよなぁ、もう






以上クィーンネタのリクエストにお応えしました(笑)

みなさまからのリクエストをお待ちしております。



ミスDJの川島なお美でした。



X-CALIBER『WARRIORS OF THE NIGHT』なんていうマイナーを紹介!

あはは(笑)


久しぶりにエージェント スティールなんて聴いたから、どんどん深みにハマる私です(笑)



まさに、西新宿のキニーの左側の新譜ショップで、訳のわからないバンドをジャケ買いしてた頃を思い出す!





今回は、そんなジャケ買いして当たった数少ないバンドの一つのX-CALIBER『WARRIORS OF THE NIGHT』を









甲冑騎士が剣を天に突き上げるなんていうジャケットはまさに、ジャケ買いしごろ?


特に80年代にキニーに行くような輩には、マジでジャケ買いど真ん中(笑)



メロディアスでありながらもヨーロッパというか、欧州の香り。


疾走しながらもドラマチック。


B級グルメ、もといB級メタル好きにはたまらない( ^ω^ )







なんていうことで、まずは結構ポップというか、コマーシャルな感じの「DON'T SAY GOODBYE」








そして、欧州漂う「RUNAWAY」







誰も知らないエクスカリバーです(笑)







こういう奴らがいるから、その積み重ねで頂点に売れる大物がいるんです。




知らなくてもいいけど、知っていると人生が豊かになり、B級メタル!




たまには・・・ね(^з^)-☆


EXCITER『HEAVY METAL MANIAC』は聴くべきか?

エージェント スティールなんて紹介したら、カナダのカミソリ・メタラーとして有名な、その筋にだけ有名なエキサイターを思い出した(笑)



ものすごく勢いのあるスピードメタルに、ものすごくどころじゃないレベルの激ヘタなボーカル(しかも、ドラムしながらボーカル!)







ヘタウマじゃなくて、下手
味わいあるわけなく、下手



下手(爆笑)



こういう奴らもまた、80年代の特長なんだろうな・・・








とにかく、エキサイターの1stは、ヘビーメタルへの愛が詰まったアルバム



その名は・・・


メタルゴッドでもなく
キング オブ メタルでもなく



『ヘビーメタル マニアック』







大好き! ヘビーメタル!



ですから♪( ´θ`)ノ





スピードメタルやスラッシュやパワーメタル好きなら避けて通れない名曲?の「HEAVY METAL MANIAC」は、バカバカしい位にヘビーメタルです(笑)







でも、友達に


「ヘビーメタルって何? どういうバンドのこと?」


って聞かれた時に、このバンドを教えるのはやめましょうね(笑)






アホがやる音楽って言われちゃう




・・・アホで悪いか!!



悪いよ、頭が(爆笑)


AGENT STEEL『SKEPTICS APOCALYPSE』スピードありあり

スピードメタルなんていう、今じゃ聞かれなくなったジャンル(笑)



元祖はアンヴィルなんでしょうか?




パワーメタルよりもスピードがあるってことだろうけど、スラッシュと違ってちょっとしたメロディがある!


カナダのEXCITERなんかもそうかな?




このエージェント スティールなんかはスピードがありながらも、歌えるボーカルとツインギターが特長ですね




『SKEPTICS APOCALYPSE』はその彼等の代表作






ちなみに彼等とはこんなは奴らですけど、私もちゃんと見たのは初めてだったりします;^_^A




「AGENT OF STEEL」を聴いても、なんだかなぁ~って人は、AGENT STEELっていうバンドがダメだってこと







かく言う私も、そんなにハマったかと言うと・・・それほどでもない(^_^*)






こういうハイトーンって、ちょっぴり苦手なのかもです(笑)









これもまた、80年代でした!


最高なり、80年代(笑)


[ 続きを読む » ]