MOTLEY CRUE『SHOUT AT THE DEVIL』やっぱりリフだと!

私におけるモトリー クルーの良さ(曲ね)って、リフだと思っています






だから、私は


ヴィンス ニールよりも
ニッキー シックスよりも
トミー リーよりも


ミック マーズありき







私だけ・・・?



だいたひかるも賛成しないかな?





リフの出来が抜群なアルバムと言えば『SHOUT AT THE DEVIL』





見にくいから再発されたので






このアルバムの中身って、LAメタルじゃないよね


いわゆるLAメタルの典型がラットだとしたらこれはもう本当に違う(笑)



ちなみに私はどっちも好き




で、このアルバムの中で特にリフリフリフと来るのが「LOOKS THAT KILL」








ミック マーズはずっと同じリフを刻み、その上に乗る自由きままなヴィンス ニールの歌が実に心地よい







ミック マーズがいなかったらもっと違う方向にチャラチャラしてたんだろうなぁ~(^O^)



私の中でのハードロック界の三大リフマスターはベタだけど


ミック マーズ
ルドルフ シェンカー
マルコム ヤング


と信じてやまない(笑)



そんなグラハムボネ太郎です


スポンサーサイト

コメント

聞いたな~このアルバム
シャーシャーシャーシャートザデボー♪
とか馬鹿中坊の何となく英単語歌だったな~。
ちなみに「Looks That Kill」の出だしは、Heartが「If Looks Could Kill」でいただいちゃってて当時爆笑したもんですが。(タイトルもね)
正式に許可取ってたんだろーか?
ミック・マーズは偉大でしょう^^v
ヴィンスは作詞しないし、恐らくボクの耳ではレコーディングではミックがベース弾いていると思いますよ。
ただこのバンドはニッキーの発明なんで・・・ミック以外の世間をナメきったふて腐れた顔付きは多大な影響力を誇ったと。
しかしこの頃のヴィンスはふてぶてしい、未だにですが(笑)
こんにちわ
ミック・マーズは過小評価されているギタリストのひとりですよねー^^;
まぁギタリストが前に出ないから他のメンバーが輝いてたってのもあるのかなー。でも、ヴィンス復帰後はイマイチパッとした曲がなかったように思います。。。
なんか首が動かない病?とか言ってた気がするけど体ダイジョブなんやろか。。。
地味JAM尊さんへ
しゃうあ ザボーガー?
まさかバイグがロボットになるなんて、という位、このアルバムは名盤だし、ミック・マーズは凄いですね
まるさんへ
ですね、ヴィンス復帰後の曲のつまらなさは一体なんなんでしょうか?
私は復帰後のアルバムはダメダメです。
実は影の作曲家が変わってたりして(笑)
ジミーさんへ
へぇ〜!(◎_◎;)
そうなんですか!
ニッキーが演奏出来ないとは色んな人が言ってるからそうなんですね。
ライブなんかはどうしたんだろうか?
この動画が当時のモトリーの実力。
https://www.youtube.com/watch?v=wuuMzWpwqBA
83年までは弾いていたんじゃないですか?
84年はベースだけライヴでテープ回しているというか。
そうじゃなきゃあれだけ動ける筈がない
^^
ボクもBC-RICH好きでモッキン持っていますがいろんな事情があるでしょうね。
当時のイメージは世界最強だとおもいますよ^^v
凄いですねぇ
コーラスがテープとかは聴いたことあるけどベースがテープって(笑)
それでもモトリーは凄いです。
そういう意味ではニッキーも天才の一人ですね
No title
このバンドって初期は結構な噂がありましたよね?1stではヴィンスは歌ってなくて、Mr.ミスターのリチャード・ペイジが歌ってるとか(絶対違うと思う/笑)。

自伝読むと、やっぱミックが一番まともなんですよねえ。年齢も他メンバーよりも10歳くらい上だし(でも血とか吐いてたり頑張ってたと思うけど)。意外とジョン・コラビ時代のギターワークが一番好きですね。ミックのソロアルバム、早く出来ないかな?
K.A.E.さんへ
ありましたね、MR.ミスター説。
そんな話題が出る位の怪しさがモトリーなんですね。他のバンドではそんな話すら出てこないし。
ミック マーズのソロはかっこいいリフ全開のアルバムをキボンヌ

管理者のみに表示

トラックバック