HR/HM ROCK関係 雑談の記事 (1/10)

和田誠のヘヴィメタル シンジケートを憶えてる?

伊藤政則と共に
日本のハードロック、ヘビーメタルを
牽引したのは・・・







酒井康❗️





・・・だから、和田誠だって❗️








タイトルにも書いてるのに、
なんでわざわざボケるんですか?

グラハムボネ太郎は?






当時、
よく聴いていたラジオ
(ハードロック関係)といえば、


ロックトゥデイ(パワーもね)、
ロッキュペーション(大森庸雄さん)


と、


へヴィメタルボンバー(和田誠さん)







で、今まで書いてないのは
「ヘヴィメタルボンバー」



なにが、よかったって、
まずはオープニング曲だよね~❗️

AXXISの「TRASH IN TIBET」という曲


『ACCESS ALL AREAS』という
ライヴアルバムに入ってまして、
しかもオリジナル アルバムには
収録されてないんだな







インストなんだけど、
コレがたまらん位にかっこよくってさ、
番組が始まるワクワク感と相まって、
毎週毎週ラジオの前で
興奮してましたね






番組には、
まだ全く世間に知られていない時代の
古田新太(劇団新感線)が
ゲストで呼ばれることが多かったね




伊藤政則とは、
違った視線からの
ハードロック、ヘヴィメタルを
紹介してくれたんで

私は、
伊藤政則よりも和田誠だった時代があったね




後に、「ジャーマン、ジャーマン」と
言い始めてからは、

なんだかなぁってね






ある時に番組で、
『クィーン Ⅱ』のB面全部流したことがあって、
感動したなぁ~





懐かしき思い出❗️








色んなコンサートで見かけて、
握手してもらいがてら、
色んなアーティストを教えてもらったよな~❗️






和田誠さんありがとう❗️❗️


スポンサーサイト

数寄屋橋のハンターの話だな

中古レコード店の最大手?だった「ハンター」の思い出









関東地方、というか東京に住んでいたなら行ったことはなくても



このCMは見たことがあるんじゃないかなぁ~❓










見たことが無くても「ハンタァ~~~!」っていうのは記憶あるよね(笑)



無いとしたら、あなたは夜更かししなかったんだろうな


深夜に流れるCMだったからね





数寄屋橋のハンター❗️






これはもう、聖地みたいなもの









何がって、プレミアもののレコードも価格にせずに普通な価格で売ってたからね❗️



でも、難点は貴重盤シングルもジャケットをビニール袋にホッチキスで留めてるという・・・



コレクターの聖地でありながら、
コレクター泣かせ(爆笑)




銀座(有楽町)という立地もなんかマニア



まだ有楽町マリオンなんかなくってさ、ハンターに行くには有楽町駅を降りて、数寄屋橋の交差点で



赤尾敏の辻説法なんかを横目に見ながら向かうという(笑)



知らないだろうな、赤尾敏の辻説法(笑)



あんまりツッコむとその筋の人から狙われそうだからサラッといきますね(⌒-⌒; )





つうわけで、東京で中古レコードといえば、まずはハンタ~~~❗️でした。




私の主漁場じゃなかったけどね




中古レコード屋って、何があるかわからないのに行く、宝島みたいなトコでした




ブログ書いててなんだけど、インターネット無くならないかな(爆笑)







赤羽のロニーで「GATES OF BABYLON」を聴こう!

またまた松本アナのお話(3回目)








以前の記事



赤羽のロニー第1話


赤羽のロニー第2話



『今日は一日“ハードロック/ヘビーメタル”三昧』での話です






とにかく、松本アナが担当してた頃が最高だったな(笑)








この番組の中で、松本アナがまさかのハードロック好きなことが判明


それどころか、高校時代にラウドネスのコピーバンドをやってたと



そんな話から、松本アナが歌ったのがレインボーの色んな歌を披露したんです


「KILL THE KING」と「LONG LIVE ROCK 'N' ROLL」と「STARGAZER」と「GATES OF BABYLON」



今日はその中から、赤羽のロニーで「GATES OF BABYLON」を聴こう!



コレをポチっと

赤羽のロニーで「GATES OF BABYLON」



檄ヤバな上手さです





歌っているのはこの人ですからね~(笑)


俺は、大好きなアナウンサーでした



だから、今でも年末に『今日は一日“ハードロック/ヘビーメタル”三昧』を聴く度に思い出します



赤羽のロニーぃぃぃぃ




本当にいい人でした。お身体を悪くされてNHKを退社したとか、してないとか


よくわかりませんが、いい人なのは確かです(笑)

ウドーのチケット購入(青山チケットエージェンシーの時代)

前に書いたのは
ブルックス ブラザーズ前に夜中に並んで
コンサートチケットをゲットしたという、
いわゆる軍団時代
(軍団という呼び名はyuko_nijiさんに教えてもらいました)


これですけど

ウドー音楽事務所ライブチケット購入顛末記 1980年代の巻









今回はその続きの、青山チケットエージェンシー時代の記憶を辿ってみる
(この辺の思い出話が一番リクエストが多いんですよね)



とは言ってもすご~~~く薄い話(笑)



青山チケットエージェンシーの時代には「軍団」はいなくなってた

・・・と思う(違ったらゴメン)


ちなみに「軍団」の件は、上に貼り付けた長編記事を読んでもらいたいんだけど(自分で言うのもなんだけど、かなり面白い話だからさ)、要約すると


とある夜中に、ウドー音楽事務所の道を挟んだブルックス ブラザーズというスーツ屋前に行き、このアーチストのチケットが発売されるだろうというのを、列の前にいる大学ノートを持った人達(彼等を軍団だということをyuko_nijiさんに教えてもらった・・・つまりこの人達はウドーには何の関係も無い人達)に伝えると、名前を書いて、その番号をもらう。




明け方、確か9時位か?に今度はちゃんとウドー音楽事務所の前にその順番通り並んで、今度こそウドー音楽事務所の正式な整理券をもらって、、、(まだ買えない)


つまり明け方に軍団にもらった番号は、整理券をもらうための整理番号という(゚ω゚)


今考えると何じゃそりゃだけど、ずっと並んで無くてよいからやっぱり軍団は必要悪なんだろうな(笑)




そして、

その週末の土曜日に乃木坂の(46じゃないよ)キャバーンという喫茶店に並んで、やっとチケットが買えるという


長い長いチケット購入の顛末でした






振り返りが長い(笑)







で、今回はウドー音楽事務所が、チケット販売を青山チケットエージェンシーに委託?、同じ会社?してからのチケット購入の苦労話



何が変わったかというと、
軍団がいなくなったということ❗️



だから夜中に列に並んで、軍団の人に「このアーチストが発売される?」なんていうコソコソ話がなくなりました。







けど、そこから先の記憶が無いんです



あるのは、待ち時間(ウドーから整理券をもらった後?)に、車を青山墓地の横に停めて待機してだという(笑)








それだけの記憶(笑)

ただそれだけの記憶(爆笑)

ただそれだけの記事(涙)



期待させたのにこんな話で






・・・正直すまんかった




(by佐々木健介)


クイーンズライク、アイアン・メイデン、ジューダス・プリーストが競演!!

うわっ!


スゲー!


って思いますよね(笑)

私もこのニュースを見た時はそう思いましたよ。





でもこのニュース
別の意味で凄いんです!




クイーンズライク、アイアン・メイデン、ジューダス・プリーストの競演ではなく、



クイーンズライク、アイアン・メイデン、ジューダス・プリーストの元ヴォーカル3人によるライヴツアーなんです(爆笑)










クイーンズライク(Queensryche)、アイアン・メイデン(Iron Maiden)、ジューダス・プリースト(Judas Priest)でそれぞれリード・ヴォーカルを務めた3人、ジェフ・テイト(Geoff Tate)、ブレイズ・ベイリー(Blaze Bayley)、ティム・オーウェンズ(Tim "Ripper" Owens)が集結したプロジェクト、Trinityの北米ライヴ・ツアーがスタート。


だってさ





もうたまらんばい╰(*´︶`*)╯



元(爆笑)




なんか、バンド表記の順番がおかしいなぁ~って思ったんだよね




クイーンズライク、アイアン・メイデン、ジューダス・プリースト



普通なら

ジューダス・プリースト、アイアン・メイデン、クイーンズライクでしょ。


もしくは

アイアン・メイデン、ジューダス・プリースト、クイーンズライクでしょ



でも





笑える



どんなセットリストか気になる?

全然気にならない?



お見せしよう!

[set list]

01. Empire (QUEENSRŸCHE) (Tate on vocals)
02. I Don't Believe In Love (QUEENSRŸCHE) (Tate on vocals)
03. Run To The Hills (IRON MAIDEN) (Bayley on vocals)
04. The Trooper (IRON MAIDEN) (Bayley on vocals)
05. The Ripper (JUDAS PRIEST) (Owens on vocals)
06. Scream Machine (BEYOND FEAR) (Owens on vocals)
07. Jet City Woman (QUEENSRŸCHE) (Tate on vocals)
08. The Needle Lies (QUEENSRŸCHE) (Tate on vocals)
09. The Stranger (OPERATION: MINDCRIME) (Tate on vocals)
10. The Number Of The Beast (IRON MAIDEN) (Bayley on vocals)
11. Fear Of The Dark (IRON MAIDEN) (Bayley on vocals)
12. Man On The Edge (IRON MAIDEN) (Bayley on vocals)
13. Burn In Hell (JUDAS PRIEST) (Owens on vocals)
14. When The Eagle Cries (ICED EARTH) (Owens on vocals)
15. Breaking The Law (JUDAS PRIEST) (Owens on vocals)
16. Wrathchild (Bayley and Owens on vocals)
17. Eyes Of A Stranger (QUEENSRŸCHE) (Tate on vocals)

Encore:

18. Living After Midnight (JUDAS PRIEST) (Tate, Bayley and Owens on vocals; Owens also on guitar)




なんか泣ける(笑)

泣ける(爆笑)



最後の曲はこれ





安い感じですねぇ~





みんな仲良しショット





ハゲおじさん三人旅(笑)








もっと見たいという奇特な方々は
こちらをどうぞ(笑)



http://amass.jp/81173/




笑いますよ、覚悟が必要です。




それにしても
ジェフ テイトの髪型(爆笑)





これでメタルシンガーでしょうか?