HR/HM Fの記事 (1/4)

FASTWAY『TRICK OR TREAT』は今なら受けたか!?

ここ何年で、日本でもハロウィンが浸透したよね


本来のとは違って、単なる仮装パーティーになっちゃってるけど


いずれにしても浸透した!



つうことなら、
今『TRICK OR TREAT(トリック オア トリート)』
なんていうアルバムを出してれば売れてたかも(笑)



・・・売れないな(爆笑)







ジャケットこれだし



一応、映画のサントラだけど






だし、







凄くチョイ役のオジー オズボーンと
ジーン シモンズを前面に押し出してるし・・・(;^_^A






なんて、マイナス発言ばかりしたけど
本当は気に入ってるアルバム



そもそも私はファストウェイを気に入っている!


そもそも私はデイブ キングを気に入っている!








ファストウェイは1作目か3作目がウケてますけど
こちらの4作目まではデイブ キングが歌っていて、
なかなかの出来です



言いにくいですけど、



私はリー ハートになっちゃった
ファストウェイも好きだから困ったもんです(*^_^*)


スポンサーサイト

FOREIGNER『CAN'T SLOW DOWN』で現役復活だ!

メロディは枯れてない!

なによりそれが嬉しかった!







フォリナーが2009年に『CAN'T SLOW DOWN』で現役復活したんです!



ライブだけで、懐メロバンドとして生きていく選択もあったはず(笑)



でも、新譜を作ってシーンに戻ってきたことが嬉しいし、
「俺たちは現役だ!」という宣言に感じた







オープニングナンバーの『CAN'T SLOW DOWN』を聴いた瞬間にその躍動感のあるメロディとポップなサンスが枯れていないのがわかった!



無くなったのは、メロディじゃなくってミック ジョーンズの髪の毛だけでよかったな(笑)







今となっては、メンバーがミック ジョーンズしかいないとか、ルー グラムじゃなきゃとかそういうのは気にならない。






歌えなかったり、太ったり、昔の名前だけでオリジナル再結成するよりもよっぽど潔いし、逆にツラいとおもうけど、ずっと頑張って欲しいです




まあ、上の写真の時からも
どんどんメンバーチェンジしてるけどね;^_^A



いいんですよ!




FASTWAYの「BACK DOOR MAN」という曲。バックドア!?

バック ドア マン



たまたま、久しぶりにファストウェイの『WAITING FOR THE ROAR』を聴いてました











やっぱりいいアルバムだよな

これでデイブ キングが辞めちゃったのはもったいないなぁ~





なんて思いながら聴いてた




ラストの曲が始まった瞬間




いきなり


「バックドアマン、□@%¥♀・・・」

「バックドアマン、□@%¥♀・・・」






バックドア!?


バック・・・!?





キターーーー
(((o(*゚▽゚*)o)))♡








我々後ろ扉挿され隊の
テーマ曲じゃないですか❗️




後ろ扉挿され隊の事を知らない方は


後ろ扉挿され隊の話をクリックして過去記事を読んでちょ(笑)





つうわけで、特に大した事ないけどタイトルだけ惹かれた「BACK DOOR MAN」





久しぶりにこんなネタだけど、誰かついてくるのか?





FOREIGNER『MR. MOONLIGHT』は聴かなきゃ損やで

まさか、貴方はフォリナーをバカにしとりゃしませんか?






気持ちはわかります、わかりますけど、バカにしたらあきまへん


ポップだから
コマーシャルすぎる
売れ線だ



そんなこと言う人に声を大にして言いたい



だから、いいんです


ポップな曲を書ける
売れ線? それって素晴らしいんですよ



世の中には、いい曲を書けないバンドが多い中、売れ線の曲を書けるっていうのがどれだけ素晴らしいか



なんていうフォリナーにルー グラムが復帰しての作品ですけど、世の中はグランジブーム真っ只中だったんで、全然売れませんでした






1994の『ミスター ムーンライト』です。


売れなかったけど、収録されてる曲は売れ線バリバリのメロディですから、そこはお間違いなく(笑)


「RUNNING THE RISK」は、ルー グラムのソウルフルな歌と、
ミック ジョーンズの作曲&アレンジセンスがマッチしたとびっきりの曲



多少、ハードさは足りないけど♪( ´θ`)ノ







どう?


これでも貴方はフォリナーをバカにしますか



人間やめますか?
フォリナーやめますか?






そりゃ、そう聞かれたらフォリナーやめるけどね(^_^;)


でも、このアルバムは名作です



ミスター ムーンライトは最高












コレはモーニング娘。の曲でした(。-_-。)







FOGHAT『ZIG ZAG WALK』悲しいラストアルバム

フォガット知ってますか


知ってるのはおそらく1970年代の絶好調の時代だと


なので、今日はあえて彼らのラストアルバムを

・・・っていうとなんかいい話、いいアルバムっぽいけどそんなんでも無いのが悲しい



・・・まぁ、だから解散するんですけどね(笑)


こんな時のバンドです






1982年の実質彼らのラストアルバムがこちらの『ZIG ZAG WALK』です





『ジグジグウォーク』・・・もう、この時点でダメダメモード満載




みなさんはフォガットといえばブギーを想像しますよね、

っていうかブギーだったんですけど流石に時は1980年代に入り、ブギーじゃなかんべぇ~ってなったんだろうな


所謂ニューウェーブ的な音になっちゃいまして、これがまたつまらんのですよ(笑)


多分、クィーンも「愛という名の欲望」てかど売れたんで、今は50年代のロカビリー的な音が売れるんじゃん、それにカーズみたいなニューウェーブを足せばそれはもうバカ売れじゃん



・・・みたいな



・・・全然売れず、っていうか話題にすら登らず



・・・解散


・・・みたいな


ハァ(;´Д`A



その中でもちょっとだけお気に入りの曲。本当にちょっとだけ

「THAT'S WHAT LOVE CAN DO」です









・・・ねっ(^_^;)



・・・ちょっとだけでしょ



この後バンドは解散したり、分裂したり色々でした


だから、聴くなら70年代のアルバムからにしましょう(爆笑)