FC2ブログ

HR/HM Iの記事 (1/6)

アイアン メイデンのアルバムはいつから

いつから

こんなに

音が・・・

こもってしまったのだろう(涙)








後期のアイアン メイデンの
アルバムは
凄くこもっているのが嫌だ!








アルバムの出来云々以上に
私はそれが嫌だ!



特に
ブルース ディッキンソン復帰後の
アルバムは


もちろん、
曲の出来は悪い(私的には)

もちろん、
歌メロが弱い(私的には)

もちろん、
記憶に残らない(私的には)

もちろん、
インパクトに欠ける(私的には)


これらは嫌だけど

音のこもり(悪さ)は、
これらを増長させる




ギターがこもっているから
全くもって迫力に欠ける


ドラムがこもっているのがから
エネルギーに欠ける


ベースがこもっているから
輪郭に欠ける


ボーカルは何故かはっきりしてる(笑)



『BRAVE NEW WORLD』
『DANCE OF DEATH』
『A MATTER OF LIFE AND DANCE』
『THE FINAL FRONTIER』
『THE BOOK OF SOULS』








これ、全部こもってる(-。-;


ブルース ディッキンソン復帰後の
アルバム全部


全部、
ケビン シャーリーという
プロデューサー



私からしたら全部ダメ。

ハードロックヘビーメタルの音じゃないよ



スティーブ ハリスは
これでいいんだろうけど

私はダメ。

しかも、曲もダメ

しかも、歌メロもっとダメ



そりゃ、アイアン メイデンを
聴かなくなるよ。
(私は)


ハッキリとした音を作る
プロデューサーに替えてくれ!!



昔の、ベースバキバキほどじゃなくてもいいけど


音のこもりは、
ヘビーメタルとして致命傷
(私的には)




こもっていいのは
ライオネル リッチーだけ



・・・何故って、
元コモドアーズだから(爆笑)




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





スポンサーサイト



アイアン イーグル2のサントラにはリック

幻の曲があります。


というか


『アイアン イーグル2』の
サントラ自体が
幻かもしれないけどね(笑)









ご存知
『アイアン イーグル』の
サントラにはクィーンや
キング コブラや
ディオといった
メジャーアーチストがいたから
結構有名なんだけど



『アイアン イーグル2』は


リック スプリングフィールドの






「I NEED YOU」があるんです






リック スプリングフィールドは
ハードロック好きには
バカにされてるかもしれないけど

私は大好き❗️





なんてったって、いい曲ばかりだから



ちなみにアリス クーパーの
「I GOT A LINE ON YOU」も
かなりいい線いってますよ

この人は、
カバーの選曲も
カバーのアレンジも絶妙なんだよね!


明日アップしようかな(笑)


最後に質問なんですけど、




サントラに曲を提供するのは
必ずマイク レノですけど

ラバーボーイではダメなの?


何故、マイク レノだけなの?



おせーて




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





アイアン イーグルのサントラで可哀想なのは

なにを隠そう
(誰も隠してませんけど)










キング コブラ





カーマイン アピス以外がパツキン








ちなみにキング コブラのコは
CではなくKです。

検索する時は気をつけて(笑)






という、キング コブラ



何がかわいそうって


このサントラの主題歌を歌っているのに


サントラの一曲目は


クィーン!









なんかかわいそうです(笑)


そりゃ、クィーンには負けるけど


主題歌を歌っているのは


キング コブラだぁ!ってね












ちなみに

もうお馴染みの


この男が






この女に(笑)






ワタシキレイ?




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





IRON MAIDEN『CAUGHT ALIVE IN U.K. 』このツアー最高!

またまた登場

IRON MAIDENのブート



それも
『CAUGHT SOMEWHERE IN TIME』時代のものです。








今でもそんなに好きじゃないバンド、アイアン メイデンですけど、初めて観たツアーだからやっぱり思い入れっちゅうもんがあるんだよね(笑)




前にシカゴでのブートを紹介しました。



それには間違いなく劣る音
だけど普通に聴けるレベル




なんてったって、

Special Thanks Crazy S
ですから(笑)


ちなみに同じツアーの同じイギリスのレスター公演のブートは、彼の最高傑作だそうです。


他にもこのツアーはシカゴやミルウォーキー公演のブートがサウンドボードレベルの最強三部作です。
(だから買うなら絶対にこれら3枚のどれかにしましょう。驚きのサウンドです)




だけど今日は、
たまたま手に取って、
最近車で聴いている
IRON MAIDEN
『CAUGHT ALIVE IN U.K. 』
なんだもの


にんげんだもの

仕方ないのだもの(笑)







1986年10月10日
イギリス、マンチェスター公演

1986年10月11日
イギリス、マンチェスター公演

1986年10月30日
イギリス、バーミンガム公演


の、なんと6枚もの(笑)




このツアーまではギターソロ(二人だけどね)をやっていたんだよね~



私は『CAUGHT SOMEWHERE IN TIME』が一番好きなメイデンアルバムだと言っても華厳の滝(過言ではないのシャレです)だけど、若々しいアイアン メイデンだから好き。




次のアルバムも傑作だし、曲のレベルは凄く高いんだけど、あまり聴かない。



何故なら一曲目の「MOONCHILD」のツカミが弱いから。

特にサビがつまらない。


だからダメ(笑)





話を戻すけど、このツアーで初めてアイアン メイデンを観て感動した私は、やっぱり『CAUGHT SOMEWHERE IN TIME』が好きじゃ~❗️



捨て曲無し(キッパリ)




私が行った武道館のブートも見かけたら買うだろうな(笑)



私は通販ではなく見かけたら買うんです

ブートはそう決めてます(笑)




でないと、底なし沼だもの

にんげんだもの




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ







IRON MAIDEN『FRENCH COLLECTION 1995-1998 (6CDR)』ブレイズで6枚組!!

こんなブートを買ったのは
どこのどいつだぁ~い?
(byにしおかすみこ)












あたしだよ❗️














買っちまったダァ~よぉ~(笑)
(by志村けん)





IRON MAIDEN『FRENCH COLLECTION 1995-1998』




アイアン メイデンの暗黒の時代と言われる、、、いやいや、、、言われすらしないという(笑)ブレイズ・ベイリー時代





そんな時代のブートなんて
私以外に誰が買うんだろうか?




なんて思うけど、
実は隠れたヒット海賊盤らしい。


(ウソです、知りません)





このブートは、いわゆるオーディエンス録音ものなんだけど、音は良いんです。



メーカーインフォの文章がこれ





1995年から198年までのフランスにおける3公演をカップリングしたタイトルがここに。

まず最初は1995年11月16日パリのル・ゼニス公演を当時としては極上のオーディエンス・レコーディングにて収録。ラストの「The Trooper」が途中でカットされているのでコンプリートではないものの、1996年7月13日オランダ公演からの「The Trooper」と「Running Free」を追加。
そして1998年「VIRTUAL XI WORLD TOUR」から、4月26日リール公演をコンプリート収録。この日は珍しい「Don't Look To The Eyes Of A Stranger」を演奏しているのがポイント。
さらに同年ツアーから5月12日パリのル・ゼニス公演もコンプリート収録。最大のポイントは「Murders In The Rue Morgue」で、ブレイズはディッキンソンとは声域が異なるゆえ、批判も多かった中、ポール・ディアノ時代の曲は見事にフィット。レア・ナンバーも多数の3公演をベスト・クオリティーで。






つまり、音がいいとか
つまり、珍しいブレイズ期だとか


それだけじゃなくって、珍しい曲を演ってるのが魅力の一つ❗️




その後のブルース機長時代では演らなくなった往年の(ようするに、ポール ディアノ時代の)名曲を演ってますのだよ





「MURDERS IN THE RUE MORGUE」なんて、これ以降演ったことあるのかな?






今、思うと、音痴には違いないけど、何故もっとポール ディアノ時代の曲を演らなかったのかと。


ブルース機長時代の曲は無理だということは、私でさえわかるのに、ハリスさんはわからなかったのかなぁ?





間違いなく歌い上げ的な曲は無理だもん、ブレイズ ベイリーにはさ(笑)










そんなわけで、
このブートCDを日本に7人はいるという、ブレイズ大好き人間に捧げます。


つうかその7人はとっくに買ってるよな




では、誰に捧げたらよいのか?





・・・俺だな(爆笑)


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ