HR/HM Kの記事 (1/7)

KEEL『KEEL』最高傑作かな?

メジャーでというと三作目


その名も『KEEL』ときました







①いわゆるLAメタルの老舗のスティーラー出身だし、
②LAメタルの真ん中にいたはずだし、
③ジーン シモンズ肝いりだったし



でも、爆発的には売れなかったバンド、キール









私が思うに、行けなかったのは③だと思う



ジーン シモンズって発掘する才能はめちゃくちゃある(なんてったってヴァン ヘイレン発掘したし)けど、プロデュースする才能は無い



バンドそのもののプロデュースじゃなくって、アルバムのプロデュースの方ね。



大概、つまらない(笑)



というか、似かよった音ばかり


EZO
Black 'N Blue
KEEL



作品としてよかったのはEZO位かも、なんて言ったら言い過ぎかな



でも、売れないという法則は継続中(笑)




それでもキールの『キール』は彼らの中では最高傑作かもね



メタルアンセム「UNITED NATIONS」を聴けばわかるよ






声がクドイから売れなかった



そんなもんでしょうかね?


なかなかだと思うんだけどね~(笑)







私はライブに行けなかったけど、うちの弟が観に行きました。



結構フォーメーション組んで演奏してたって聞いたけどね、



私は観てない(^_^;)



スポンサーサイト

ファーストキッスの思い出❤️

それは北の丸公園でした( ´ ▽ ` )ノ




彼と二人で九段下駅を降りて、北の丸公園へ


すごくワクワク、
いや違いますね、ドキドキだったのを思い出します。


北の丸公園までの坂道がとても長く感じました。でももう少しで💋



夕方過ぎて、突然辺りが暗くなりました!



でも、怖くはなかった。


何故なら、これから世界一の熱い人と一緒になれるから💓



それは、いきなり来ました。






愛です!


愛の銃が私に突きつけられたんです



やっと逢えたねって😍



でもちょっぴり残念だったのは、アレが無かったんです








これが…>_<…







そうなんです。

キッスのコンサートには、必ずコレがあるって言ってたから、凄く楽しみだった。







生で見れると思ってたのに(-_^)









私のファーストキッスはこの曲から始まりました(笑)

ラブガンでした!


化粧はしてなかったけど、
キッスはキッス!



武道館のジーン側の最前列で観ました



後に、ブート買いました(笑)







キッス好きなんだよな



これが私のファーストキッス❤️



うふっ❤️



ちなみに一緒に武道館にいったのは、よく出てくるセースケ君です!






って、セースケとはファーストキッスしてないからね(^з^)-☆


KANSAS『POINT OF KNOW RETURN』名曲やなぁ~

好きとか嫌いとか


カンサスらしいとか
カンサスらしくないとか


単なるフォークだとか
単なるナイフだとか







ジャケットは完璧


いいよね~


こういうのはやっぱりLPじゃないとダメだよぬ、CDだとちっちゃいからなをだかよくわからない(笑)



『POINT OF KNOW RETURN』は前作の『LEFTOVERTUNE』と並び称されるアメリカンプログレハードの名盤



私は、アメリカンプログレハードという響きが大好きなんですよね


凄く好き



で、そのアメリカンプログレハードのど真ん中はやっぱりカンサスだよね



私はそう思う次第です(笑)










プログレ的ないい曲がたくさん入ってるアルバムなんだけど、このアルバムから一曲って言ったら、いくら過去あまのじゃく的に曲を紹介した私でもやっぱりこれになっちゃう(笑)



「DUST IN THE WIND」






いきなり引き込まれ、そのまま優しい歌に身を委ねている。


ただそれだけでも幸せなのに、後半に来るんです、また山が



バイオリンですよ



もう100人が聴いたら105人が名曲だと言うであろう


そんな曲







泣ける・・・



やるじゃん、アメリカ人も


KISS『DESTROYER』エズリン節やな

私はキッスが好き(笑)

私はポール師匠の歌が好き
私はエースの歌が好き
私はピーターの歌が好き


私はジーンの楽曲があまり・・



たまに、好きな曲もあるけど
かなり少ない。



その数少ない好きな曲が
「SWEET PAIN」なんですね



『DESTROYER』のB面にひっそりと収録されてます






話は変わるけど、キッスの写真って、どれをとっても絵になりますよね?






そもそも絵だけどね(笑)








てなわけで「SWEET PAIN」







結構変わったギターです。
それこそが変人エース フレーリーのなせる業なんだな



後は、今更気づいたけでも、私が好きなジーンの歌はジーンが優しく歌っている曲ばかりだなと(笑)



私は、ジーンにはキッスの中で絵柄としてのダークサイドを担当して欲しいけど、曲としてのダークサウンドは出して欲しくない派(*^_^*)



やっぱりポール師匠の歌が好き。
やっぱりアル中エースの歌が好き。
やっぱり猫男ピーターの歌が好き。


です、ハイ!



KROKUS『STAMPEDE』はボーカル誰?

クロークスで、ボーカリストが違う時代があるって知ってましたか


知らんですよね(笑)



そもそもクロークスをよく知らんですよね~(爆笑)







仕方ないからクロークス私設応援団の私が、ドマイナーなアルバムを紹介するわけだが、







私もそういうことはよく知らん(爆笑)



だから、さっき出したメンバー写真がこの時代のかなんかがよくわからん




ハハハ(;^_^A


どうせ、興味ないからいいっしょ(笑)





一応そのアルバムとは『STAMPEDE』ですけど、お呼びでない感じ。






自分のブログなのに、なんだかとってもアウェー






でもクロークスは、一度は聴いた方がいいですよ



縦ノリなAC/DCタイプが好きならなおさらです(笑)


AC/DCよりも疾走してます


スイスのバンドとして道を切り開き、だから、ゴットハードなんかが産まれたと



80年代のアルバムはジューダス プリーストのプロデューサーのトム アロムがプロデュースしてたから、AC/DCプラスジューダス プリーストって感じ



でも、今日のアルバムは1990年だからね


二曲目の「ELECTRIC MAN」がお気に入りです(笑)







私って、曲の途中だったりオープニングでベースとドラムだけになるパートが好きなんです。



その次に入るギターに対してとてもワクワクするから



で、自然に身体を揺らしてしまう



走る時に聴くといいのもクロークスの特徴かな。



つうか、クロークス?
つうか、クローカス?
つうか、クロッカス?



スイス人たちは、どう呼んでいるのだろうか