FC2ブログ

HR/HM Pの記事 (1/7)

PETER FRAMPTON『FRAMPTON COMES ALIVE』ロック馬鹿さんが初めて買ったアルバム?

私は発売後しばらく経ってから
買いました。


その時はつまらないライブアルバムだと
思いました。

買った時はLAメタル全盛期の
1980年代後半。


しばらくじゃないじゃん(笑)

ハードロックでもない
なんか中途半端なロックに思えた

売りました(笑)




そんな伝説のライブアルバム
(どんな伝説だよ?)





今でも二枚組ライブアルバムの
売上高は史上1位だそうです。



開くと







そんなピーター フランプトンです





私が改めてピーター フランプトンを
聴いたのは、それからしばらく後


確か2010年頃


・・・って、随分飛んだなぁ





私が大人になりました


「SOMETHIN'S HAPPENING」




すごーーーーーーく良い❗️

めっっっっちゃくちゃ良い❗️



派手ではないし
攻撃的ではないし


でも、大人になった私には
とてもとても心地よかった。

メロディが心に沁みました。


人はこうやって
大人になるんだなぁ。

ピーター フランプトンを通して
勉強しました(笑)


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーサイト



PRAYING MANTIS『A CRY FOR THE NEW WORLD』はメロディ満載だけど





アルバムを作ったのはこのメンバー






で・・・

アルバム完成して「さあ、ツアーだ!」

って言ったら

真ん中の奴が
ミュージカルをやるって言って
脱退してしまった

勿体無いアルバムですね(笑)






「JOURNEYMAN」

馬のツッタカツッタカリズム

俗にいうギャロップ


アイアン メイデンがよく使ってた


だけど、そのリズムを使うのが
プレイング マンティスなら
至極の名曲となる





こういうボーカルとやってれば
よかったんだけど

この人が脱退してからは
コロコロとボーカルが変わりましたね


ゲイリー バーデンもやったし
(前に書いた)

PRAYING MANTIS『TO THE POWER OF TEN』いいと思うのは私だけ?


それはそれでお気に入りだけど。

プレイング マンティスは
専任ボーカルがいればなぁって思うな



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村

POWERMAN 5000『NEW WAVE』超久しぶりに聴いたよ

POWERMAN 5000
『NEW WAVE』







ある時にロブ ゾンビにハマった。

あの系のバンドを探していたら
なんとロブ ゾンビの弟がやってるバンドがあった


それがPOWERMAN 5000




もちろんロブ ゾンビと同じ音楽性ではないけど
気に入ったアルバムがあった



けど、その後はすっかり忘れておりました



たまたま発見したのがこのアルバム




おーおー、
まだやっていたのかスパイダー ワン
(ロブ ゾンビの弟の名前です)




1. Footsteps and Voices
2. Hostage
3. Sid Vicious in a Dress
4. David Fucking Bowie
5. Cult Leader
6. No White Flags
7. Thank God
8. Die On Your Feet
9. Get A Life
10. Run For Your Life




ネットで見たら
このアルバムまでは
なんだか色々あったみたいだけど
そこは全く興味が無く


ただ単にこのアルバムが良かったという

ただそれだけの話



この曲最高!



「Sid Vicious in a Dress」








こういうバンドって
短命だと思っていたんで

ちょっとびっくりしてます


私が一番好きなタイプの音楽じゃないけど

たまに聴くには、
車の中では、
ジョギング中では

こういうのはいいんだよねーー!


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ


PRESENCE『ROCK YOUR LIFE』隠れすぎた名盤

すみません、隠れていますけど

名盤かどうかは、、;^_^A




多分、誰も知らないバンドの名前は
プレセンス。


おフランスのバンド







『ROCK YOUR LIFE』です








なんで、こんなバンドを
買ったかと言えば、それはキニー



もう、何度も出てくるキニー



西新宿のキニー




まあ、それは置いといて


このバンドのボーカルが
クラウス マイネに似てるんです



誰がボーカルかは知らないけど
(最近紹介するバンドはこんなんばっかりです)



スコーピオンズ好きでしょ?
クラウス マイネ好きでしょ?


じゃあ、プレセンス好きです(笑)



まれに、
ディスクユニオンなんかにあるかもね~
(適当だから信じないでね)



「DANGER ZONE」が一曲目なんだけど、
ボーカルが入った瞬間のけぞるよ!


クラウス マイネだから(笑)





で、どうでした?



おフランス、なかなかでしょ~



ボンソワールでしょ?


意味わからないけど、





クィーンのライブ キラーズで
フレディがオープニングで言ってた

「ボンソワール、パリ」って



だから意味はわかりません(^_^;)



掘出し物バンド、プレセンスを見かけたら
それは買いごろですぜ



奥さん!



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ


PRETTY MAIDS『JUMP THE GUN』の完成度高いよね

ロジャー・グローバーを
プロデューサーに迎え
制作された4thアルバム






ロジャー グローバーが
凄いんだな






たぶん曲としたら
プリティメイズの全アルバムの中で、
一番良いのではないかと
おもったりしてます。


オーバープロデュース
だという印象が強すぎて、
正しい評価がされてないのだな


ロジャー グローバーが
悪だなんていうコメントも見るけど、
私は逆だと思う


ロジャー グローバーが
曲を世界レベルに上げたんたよ






レインボーだってそうかもね(笑)





いずれにしても、
ポップというか、
コマーシャルてありながら
正統派ヘビーメタルというのは
なかなか出来ないよ



ただ、アメリカで売れるには
これだけじゃなく、
他の要素も必要


アメリカは広い田舎だからね





「PARTNERS IN CRIME」

哀愁度マックスです





こんな素晴らしいメロディは
アメリカ人には書けない。


冬が長いスカンジナビア半島(笑)






彼らなりに明るく






彼らなりにバブリーに(笑)


デンマーク人だって
ハデにしたい

そんな時代だもんね(笑)



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ