HR/HM Pの記事 (1/6)

POISON『GREAT BIG HITS LIVE BOOTLEG』曲の良さがわかるなぁ~

演奏が下手なんじゃないか?


どころか


演奏してないんじゃないか?


なんてヒドイこと言われてましたねーー(笑)







ヘアメタルの頂点だった




私としては、
実はあまり聴かなかったバンド
のジャンルなんだけど、

実はポイズンはよく聴いた



それほど聴かなかったのは、
ウォレントだったり、
ウォレントだったり、
ウォレントだったり(笑)



いやいや、
ウォレントもチェリーパイは
よく聴いたなぁ(笑)



とすると、
自分が思ってるのとは逆に
よく聴いたタイプのバンドか?



このタイプのバンド




結局、
売れ線バンドって言われる程だから、
裏を返せば曲は、
ポップでコマーシャルで
聴きやすいってこと。




で、ハードロックなんだから、
私は聴くんだなと
(なんなんだ?
この今更のカミングアウトは?)




というわけで、再びポイズン









今回は、よくわからない時期のライブ



初期ではなく、
リッチー時代でもなく、
再びC.Cとやってる時。



ガールズ❓

レモン❓

いやいや

デビルです❗️









結構王道の曲ばかり収録



Look What the Cat Dragged In
I Want Action
Something to Believe In
Love on the Rocks
Fallen Angel
Let It Play
Every Rose Has Its Thorn
Unskinny Bop
Nothin' But a Good Time
Talk Dirty to Me



さすがにリッチー時代のは無いけど、
それは仕方ないか。



いい曲かどうかじゃなくって、

アルバムタイトルが

グレイト ビッグ ヒッツだからね❗️



リッチー時代は売れてないから(笑)




それにしても、かっこいいよな❗️


ポイズンってさ



これなら、
ツバキハウスで曲がかかったら
お姉様達がフロアを独占するのもわかる




お姉様方に混じって
若きグラハムボネ太郎も
フロアにいました。



もちろん
お姉様方に囲まれていたかったのが
一番の理由だけど、


私は
スレイヤーから
ポイズンまで
全部オーケーだからね

イプーからAC/DCまでも




未だに聴かないのは、
デスメタル、
ブラックメタル系、
フォークメタル系とかでして、

それ以外は大概オーケー❗️



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ








スポンサーサイト

PETER FRAMPTON『BREAKING ALL THE RULES』で金曜日だぁ!

このアルバムをレビューするブログや
このアルバムを語るサイトだと







ほとんどが、


「名作です」
「一番いいかも」
「TOTOメンバーが参加」



なんていう感想が多いよね









全部その通りです❗️




でも、当時私がこのアルバムを買ったのは聴きたい曲があったから




それが








ゲイリー ムーアがカバーして知ることになった「FRIDAY ON MY MIND」








誰かがカバーしてその歌を知ると、遡って聴きたくなるのがグラハムボネ太郎、つまり私の悪い癖(笑)




ピーター フランプトンといえば、『カムズ アライブ』が有名だけど







実は、このライブだけでなく、どのアルバムも超出来がいいんですね


知ってましたか❓



私は知ってました(笑)




何と言っても、その優しいメロディと流れるようなギターの音色。




それは、このカバーでも同じです。


ジェフ ポーカロやスティーブ ルカサーなんかが参加してるけど、主役はピーター フランプトンってとこが凄いなぁぁぁぁ




かなりのアルバムを持ってますねん








ピーター フランプトンを
侮ったらアカンですばい❗️❗️




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ








PRAYING MANTIS『TIME TELLS NO LIES』で、んん??

一時期は数万円の値がついたという(笑)




レコード時代の伝説のアルバム







『TIME TELLS NO LIES』です







私は、
そんな価格じゃないけど
レコードを買いましたね、中古で❗️




いいアルバムだよ、
素晴らしいアルバムだよ、
名曲揃いで




買う前に聞いていた
噂に違わぬアルバム





でも、ちょっとだけ「ん、ん?」





それが2曲目の
「ALL DAY & ALL OF THE NIGHT」



実は、カバーなんです。
ザ・キンクスの




私の感覚からすれば



「何故入れた❗️❓」です




これ以外の自作の曲が、
メロディ満載の抒情的なのに、
それだけで充分幸せなのに




毛色の違うコレをカバーした(T ^ T)










日本人の私にはわからない
イギリス人ならではの感覚なんだろうな



ザ・キンクスってさ



「ユー リアリー ガット ミー」
もそうだけど、
外人にはザ・キンクスのリフが
たまらないんだろうなぁ・・・





私だけかもしれないけど、
ザ・フーとザ・キンクスは
外人にはとても大事なバンドだけど、
日本人には印象薄いよね



少なくとも私は薄い(笑)




少なくともこのカバー曲がなければ
百点満点のアルバムです❗️







何故、カバーした…>_<…




と、ずっと思ってる私(笑)



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ







PHIL LYNOTT『NINETEEN』がラストシングルでした

今更だけど、シン リジーは解散させなきゃよかったよね



たぶん、フィル本人も解散宣言したそばからそう思っていたんじゃないかな❓









ドラッグでボロボロだったからそんなことを思う余地もなかったかな❓





実際にスコット ゴーハムも後のインタビューで言ってたもんね




「シン リジーの末期はドラッグのやり過ぎで何が何だかわからなくなってた」ってね




そんわけで、シン リジー解散後に正式に出した音源としてはコレが最初で、そしと結果としてコレが最後










私は、この12インチシングルを
祖師谷大蔵のスミ商会で買いました❗️




大した事無い曲です(笑)



だから、あえてつまらない
EXTENDED VERSION




なんか、本当につまらないから

PVを



ストレート過ぎるというか、



もっと出来るはずだ❗️




って思ったけど、亡くなってしまった





カップリングのブルースは泣けた





ロッカーで、詩人。






フィル ライノット






だから、私はジョン サイクスがシン リジー名義でやったのは嬉しくなかったですばい。






POISON『SWALLOW THIS LIVE』の中に名曲あり

『SWALLOW THIS LIVE』と言えば、
ライブアルバムなのに、
長ぁーーーーいギターソロを入れ込んだことで
有名?ですよね







それもC.C.デビルのだからね(笑)





でも今日はこのライブアルバムの中のライブの話じゃないぜよ!


この中に、時間合わせで入ってる新曲のことぜよ!


ニッポンの夜明けは近いぜよ!



「SO TELL ME WHY」という曲なんだけど、
知らないだろうな・・・



1stと2ndは売れたけど、
私のブログを読むような人は
そもそもポイズンなんて聴かないだろうからねぇ~(笑)







しかもライブアルバムの時間合わせの曲なんてさ(^_^;)



でも、いいんだな、これが(笑)






私は元々、ポイズンは結構いい曲あんじゃんなんて思ってるタイプ


私は元々、ポイズンはアルバムだけじゃなくってベストもDVDも持ってるタイプ


なんですね~~(*^_^*)


だから、こんな埋もれた曲持ってる気にいってます、


爽やかに哀愁って曲



ポイズンを再評価しませんか?






・・・再評価って



・・・そもそも評価してないか!?



☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆