FC2ブログ

HR/HM Qの記事 (1/11)

QUEEN『JAZZ』一番オモチャ箱なクィーン

もともとクィーンは

オモチャ箱みたいなバンド







ハードロックでもないし
ポップスでもないし
クラシックでもないし
演歌でもないし




なんて言ったらいいかな?







だから、ジャズだっちゅうの(笑)







タイトルに書いてあるっちゅーの




なんてね





フレディがちょっとだけ短髪に(笑)





この写真のクィーンは

服装ダサダサ(爆笑)








つうわけで、
「FUN IT」


「楽しもうぜ!」
タイトル通り、
楽しい気分になれま~す!


ズン、タン、ズン、タン、というドラム


フレディとロジャーがボーカルを分け合う







俗に言う、
「百メートル先から聴いてもわかる
クィーンの音楽」って、

ボヘミアン(葛城ユキじゃないよ)や
サンバディ(織田裕二じゃないよ)
みたいな曲を言うんだろうな



m(_ _)m

ボヘミアンラプソディーを
もじったシャレです





でも、アレもコレも

クィーンなんだな。



クィーンがやれば

それは全部

クィーンなんですな



私はクィーンが大好き

全日と同じ位

クィーンが大好き❗️





よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ




スポンサーサイト



QUEENSRYCHE『THE VERDICT』これはなかなかだぞ!

クィーンズライクが分裂


よくある話だけど
大概が一人対その他


グレイト ホワイトとかもね




クィーンズライクの場合は
その他メンバーがクィーンズライク

厄介者(笑)は
代表作の名前を取って
オペレーション マインドクライム



で、クィーンズライクの新ボーカルは
クィーンズライクっぽかったバンドの
クリムゾン グローリーから
初代ボーカルのミッドナイトっぽかった
二代目ボーカルのトッド・ラ・トゥーレを
引き抜いて(?)、加入させたという


もはやなにがなんだかわからない状態(笑)



今回のアルバムは
トッド・ラ・トゥーレ加入後3枚目



QUEENSRYCHE『THE VERDICT』







1枚目、2枚目のアルバムは
かなり往年のクィーンズライクっぽかったが
いかんせん曲のレベルが低かった



ちなみにいかんせんとは
イカを持ったハンセンではありませんよ






そんなわけで、やっと取り上げた
新生クィーンズライクです。


これはいいです。

もちろん往年の傑作には
まだまだ及ばないけど


たまに・・・
「おっ! カッコいいな!」と思う




「BLOOD OF THE LEVANT」がなかなか良い


やっとクィーンズライクらしい曲










今のクィーンズライクには
クリス・デガーモもジェフ・テイトもいない


いるメンバーでの作品としたは及第点だな。



ただ、悪者がいないと、
ズバ抜けた曲が生まれないのも事実ですね



やっぱり100点越えの曲も欲しいです



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ



スコーピオンズとクィーンと

フレディ マーキュリーとスコーピオンズです








SCORPIONSとQUEENの絡みって
なかなか珍しいですね。

たまたまロック イン リオ 1985で
出会ったから一枚写真をお願いします!って
パチリとしたんだろうな。





フレディ マーキュリーと
ハードロック業界の人との絡みって
ほとんど無いイメージだからなんだか新鮮です




そんなわけですので
今日は


クラウス マイネ
ルドルフ シェンカー
ブライアン メイ
ロジャー テイラー

知らない人の即興バンドだな。








いわゆるジャムをしとります。

これまた新鮮だよね。

まあ、ブライアン メイは
色んな人との交流がありそうだけどね。








こういう時って、みんな楽しそうにしてるよね。

やっぱり同じ時期に同じロックンロールを
聴いてきたから、やってて楽しいんだろうな







ついでにスコーピオンズ(クラウス マイネ)の

「LOVE OF MY LIFE 」








クラウス マイネ合ってるなぁ~(笑)

物悲しい曲を歌わせたら天下一品だな!

鼻にかかった声がいいんだろうな


スコーピオンズもクィーンも大好きな私です




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ




ロジャー テイラーのドタバタドタバタ(笑)

ドバドバじゃないよ、

ドタバタだよ。






ドバドバは





所ジョージだよ






ロジャー テイラーはドタバタ




そんな、関東地方の50歳過ぎの
オッさんにしかわからない
オープニングが本日のブログ






クィーンって

オシャレだったり、
洗練されてたり、
キレイなメロディだったり、
絶品コーラスだったり、


そんな印象ありますよね。

正しいですが、
忘れているのが、

つうか、
あまり気づいていないのが


ドバドバ大爆弾





違った、ドタバタ




そうなんだよね、

実はクィーンのキレイなイメージに
合わないんだよね、

ロジャー テイラーのドラムの音が(笑)






パシパシではなく


間違いなく


ドタバタしてる音(笑)




「SOMEBODY TO LOVE」
みたいなすご~くキレイな曲でも、


ロジャーのドラムは

ドタバタ、バタバタ






でも、このドタバタが
クィーンをロックバンドにしてるのだ!


って言ったら過言かな?








ロッカー ロジャー テイラー!





よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ







QUEEN『QUEEN Ⅱ』が最高傑作について

語りません(笑)

凄く思ってますけど

語りません(笑)

特にB面は凄い

なんて思ってますけど

語りません(笑)









では、何を語るのかと言うと





「気をつけろ!」と言いたい

「油断するな!」と言いたい





色んな人が

「QUEEN Ⅱ」が最高傑作だ!
「QUEEN Ⅱ」こそクィーンだ!






なんて言うから、

何にも知らない人が「QUEEN Ⅱ」を聴きますよね。


オープニングの「PROCESSION」の優しい調べに酔いながらも

思っちゃいますよね

「少し音が小さいかな?」って



ボリューム上げますよね


「うん、丁度いい」って
思いますよね


知らないうちに二曲目の「FATHER TO SON」が始まりますよね


初めは優しくピロピロ鳴ってますよね


って、油断してると




ジャーーーン




夜中なら飛び起きますよ❗️❗️





まだ「QUEEN Ⅱ」を聴いたことがないあなたはラッキーです。







私は今でもたまに油断してます(笑)





「FATHER TO SON」の

ジャーーーン


に、気をつけろ❗️❗️



でした(笑)



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ