HR/HM Sの記事 (1/12)

スティーヴ モーズをサンフランシスコで観たら・・・

スティーヴ モーズ バンドなんて聴いたことなかったです






そもそもギターインストに興味無いもんで


でも観たっす。それもサンフランシスコで観たっす(笑)


それは1990年のこと。


ロスから始めた3週間のアメリカ旅。

サンフランシスコに立ち寄って、ホテルを決めて(これがまた、ストリップ小屋の2階というバツグンなロケーション)、さて街へ繰り出そう


男3人で飯を食って、そこから先は個人個人で行きたいとこへGOGO


一人はバーへ、一人はどっか観光へ。
そして私はライブハウスへGOGO


やっぱハードロック観たいっしょ


どんなライブやってるか、誰が出てるかという予備知識ゼロ

着いたライブハウスがかの有名な「フィルモア」だったかなんてさっぱり憶えておりません・・・多分違う


で、看板に書いてあったのが「STEVE MORSE」 バンドだったか、ソロだったかは記憶ナッシング


とにかく聞いたことはある名前だったんで「いいや、エイッ」 で入店



なんだか知らないバンドが前座してた・・・かどうかも憶えてません


そんでもって、しばらく酒でも飲みながら待ってたら、なんか始まった


スティーヴ モーズです・・・けど知らん
カッコいい曲だけど・・・知らん
お客さんノッテるけど・・・知らん


知らんばっかですけど、なかなかいいです。地元なのかな? すごくホームな感じで盛り上がったです


結構後半になってスティーヴが「今日はスペシャルゲストを呼んでるぜ サンフランシスコと言えば・・・みんな知ってるこのギタリスト」 的な感じで紹介したのが・・・


「ジェフ ワトソン!!」


♪───O(≧∇≦)O────♪
キターーーーーーーーーーーー

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
キターーーーーーーーーーーーーーーー



ジェフ ワトソン、キターーーー!!!


エイトフィンガー、キターーー!!!


当時はナイト レンジャー解散してたんで二度と観れないと思ってた人がキターーーーーーーー!!!





の左の人






の左から2人目の人





8本指キターーーーーーーー!






この日一番の盛り上がりです。やっぱり地元サンフランシスコでのナイト レンジャー人気は凄いって感じ。


確かロングコートを羽織って出てきたんですけど立ち振る舞いがカッコいい



元々ボーカルのいないスティーヴ モーズ バンドなんでナイト レンジャーの曲はやっていないはずだけど、エイトフィンガーをやったジェフ ワトソンがカッコよかった



行ってよかったぁぁぁぁ

ライブハウス行ってよかったぁぁぁぁ



海外って、こういうサプライズがあるからいいよね


せっかくだから本家エイトフィンガーだ






ナイト レンジャー






・・・いいバンドです(笑)



アレレ


スティーヴ モーズがどっか行っちゃった(爆)


スポンサーサイト

SAMMY HAGAR『STREET MACHINE 』勢いガー!!

となると、サミーのソロにつながるわけで(笑)









『STREET MACHINE 』を選んだのはたまたまですけどね(笑)





改めて聴いても、
やっぱりサミー ヘイガーのソロアルバムは
ハードロックというよりも、
もうちょっとソフトだよな










ソフトじゃない格好をしてるけど(笑)




私は、
デイブ リー ロス時代のヴァン ヘイレンよりも
サミー ヘイガーのソロの方が好きだという
ちょっぴり変わった感覚の持ち主


言い過ぎだな、同じくらい好きです





ストレートだからいいのかな❓




いずれにしてもサミー ヘイガー好き




前にも話したけど、
幻の初来日のチケットも買ってた位



前に書いたサミー ヘイガーの話はこちらを



・・・私以外が誰も買わなかったから
中止になったけど








つうわけですけど、
今回はサミーのソロからすると
かなりハードな曲



「This Planet's on Fire (Burn in Hell)」



ハードだけど、ヘビーじゃないよ(笑)








こういう曲をかっこいいと言わずに
どんな曲をかっこいいと呼べばいいのか❗️❓




と、一人で思ってます(笑)








サミー 万歳❗️❗️





サブラベルズのCDを発見したけどの巻

発見したのは

SABBRABELLS
(サブラベルズ)




ちなみに2015年5月24日に
こんなネタを書いてます


サブラベルズがライブをやるよぉ~







というわけで

発見したのはこのアルバム

『ワン ナイト マジック』




ググったら

再発のではないみたいで
このCD(旧規格盤)には
「ルルドの泉」入ってるって書いてます




というわけですが・・・



私はサブラベルズには
ちっとも興味がないんで

写真だけ撮って







CDは置き去りにしました(笑)



SHADOW KING『SHADOW KING』不思議なアルバム

フォリナーとディオの合体❗️❓







というわけではなく、やっぱり想像通りのフォリナー寄りのハードロック(笑)




ルー グラムとヴィヴィアン キャンベルが組んだ唯一のアルバム









結局フォリナーみたいだけど、フォリナー程ポップというか、コマーシャルじゃなかったからかあまり売れなかったね





やっぱり必要なのは、上手い歌い手よりも作曲家なんかな(笑)




このアルバムは、いい曲もあるけど全体的には至って普通なんだよね





プロデューサーは私の大好きなキース オルセンなんだから、悪くはないんだ





でもこれならフォリナーを聴くかなぁ





三曲目の「ONCE UPON A TIME」は文句なしの名曲だから聴いた方がいい❗️









でも、改めて思うけどルー グラムの歌の上手さは凄いよね~(;´Д`A




こういう人のことを言うんだよ、「歌が上手い」ってね





ヴィヴィアン キャンベルは能力あるんだか無いんだかわからない人だ




・・・能力あるけどね(笑)





・・・俺に言われなくないってか❓








STRYPER『TO HELL WITH THE DEVIL』はプレミアジャケットだな

なんだか知らないうちにアルバムジャケットが変更してました(笑)





オリジナルがこちら







変更後がこちら







あのイラストに問題あったんだな(笑)



私はキリスト教じゃないからよくわからないけど、たぶん神を冒涜したんだろうなぁ(笑)




とたんに、オリジナルジャケットはプレミア価格になっちゃったね




私が持っているのは、というか私のブログを見に来てるような人はみんなオリジナルジャケットのを持ってるんじゃないかな❓❓



いいアルバムだよね、言葉がわからないから



英語がわかる人はダメなのかな❓



俺はキリスト信じてネェ~って









今思うと、黄色と黒のストライプもキリストの教えてかな❓



ストライプを着てる人達だからストライパー




メロディアス ハードロックの最高峰レベルのアルバムだと思う



メロディとマイケル スウィートの透き通った歌声がマッチしている





思わず、「黒柳さぁ~~ん」って言いたくなる







マッチでぇ~す❗️





マッチですらない。
・・・ダイノジの大地(笑)







というわけで私が一番好きな曲「HOLDING ON YOU」








途中で転調するところがたまらんのです




初来日で彼らが投げたストライパーのステッカーを貼った聖書をゲットしたのもいい思い出だな(笑)




一回も読んでないけど・・・・




・・・だって英語だから(;^_^A