FC2ブログ

HR/HM Tの記事 (1/13)

THIN LIZZY「NO ONE TOLD HIM」マニアックな曲はシリーズその5

アルバムとしたら
THIN LIZZYの中で
一番人気のないアルバム
かもしれないですね。



私は上から数えた方が早いくらい
大好きなアルバムです



『RENEGADE』










音からすると
かなりヘビーメタリックな感じに
なってきていますけど


そこはスノーウィ ホワイトだもん
ギンギンのヘビーメタルにはならない



そもそも何故シン リジーに入ったんだ?
というくらいブルースの人ですからね(笑)



ピンク フロイドのツアーギタリストといえば
スノーウィ ホワイトだもんね。


後には、
ロジャー ウォーターズのソロライブに
参加し続けています。




そんなブルース畑の
スノーウィ ホワイトと

カリフォルニア生まれの
スコット ゴーハム



とても相性のいいメロディを生み出してます





このアルバムは全ての曲が好きですが
マニアックという目線だとこの曲かな?



「NO ONE TOLD HIM」









以前から紹介しているような
軽やかな優しさを感じる音ではないけど


メロディそのものからは優しさを感じる



スノーウィ ホワイトが加入した
二枚のアルバムでは
相性の問題なのか、
そもそもの音楽性の問題なのか
いわゆるツインリードの曲は
ほとんど聴かれなくなりました


それが残念だけど、
『RENEGADE』も
『THUNDER AND LIGHTNING』も
とてもいいメロディばかりなんだよな。


だから、やっぱりメタリックになっても
THIN LIZZYは好きです!



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





スポンサーサイト



THIN LIZZY「KING'S VENGEANCE」マニアックな曲シリーズその4

今日は
アルバム
『FIGHTING』からです








そういえば
こんなジャケットもあったよね







このアルバムにも
突然の如く、優しい曲があります。



それが
「KING'S VENGEANCE」です


曲のタイトルからは思い浮かばない
ものすごいウェストコースト感

のちに言われるアイルランド感もない

ギターの乾いた感じはウェストコースト的



やっぱりスコット ゴーハムなんだろな、
この音の感覚は!



カリフォルニアの風だろうな




そういえばこのバンドは
アイルランドが2人
スコットランドが1人
アメリカが1人


バラバラだから良かったんだよなー、





王の復讐という
物々しくもヨーロッパ的なタイトルですが
曲はとても乾いた感じのウェストコースト







もちろんスコット ゴーハムの影響はあるけど

それを採用したフィル ライノットに
アメリカへの憧れがあったのかな?




西部劇が好きだったらしいです


そんなところがアメリカ的なサウンドを
作り上げていたのかもしれないですね。


そんな音を私が気に入ったと(笑)


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ



PVアクセスランキング にほんブログ村

THIN LIZZY「SWEET MARIE」マニアックな曲シリーズその3

なんてったって曲のタイトルが
「SWEET MARIE」
甘いマリエさん。


ん~~マリエって

真理恵かな?
麻里恵かな?
真利江かな?
麻梨絵かな?
真理絵かな?
石原かな?
真理子かな?








だから
石原真理子改め
石原真理絵改め
石原真理じゃねーっちゅうの(笑)
で、石原真理子に戻ったじゃんか


じゃねーーーっちゅうの!




このアルバムから
『JOHNNY THE FOX』







優しいんだよねー、

歌い方が。

フィル ライノットの歌い方が優しすぎる








地味というなら言いなさい。


でも、これこそがシン リジー

そもそも
ナイトライフの頃はこんなんでしたし!



変わったのは時代でしょってね。


私の中のシン リジーはずっとコレです。
(ハードなのも好きだけどね)



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ




THIN LIZZY「BORDERLINE」マニアックな曲シリーズその2

私的に嬉しい企画がこのシリーズです。


こういう曲を選んでる時が
至福の時なんだよね。


私はシン リジーの優しいメロディが好き


下手すりゃハードロックでもない曲。


そんな曲を聴くのが一番心地よい。





そんなわけで
今回の優しいシン リジーはこのアルバムから




『JOHNNY THE FOX』








曲は
「BORDERLINE」


もう、マニアック過ぎてね

当然ベストアルバムになんかは
絶対に収録はされないし

そもそも曲のタイトルを聞いても
ほとんどの人が全くメロディを
思い浮かべないんじゃないかな?


シン リジーが好きな人でさえも
この曲を覚えていないかもしれない




・・・そんな曲です


イントロの哀愁度合いは
もはやハードロックではないよな。







しっとりしすぎてね。



ミッドナイト イン ビック シティー♫


そんな歌い出し。



しみじみやなぁと。



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ




THIN LIZZY『CHINATOWN』も聴こうよ!

1番忘れられてるアルバム?








この頃はスノーウィ ホワイト





結構いいメンバーなんです









ゲイリー ムーアや
ジョン サイクスみたいな感じ
じゃないから


スノーウィ ホワイトってか
実はシン リジーに合ってるかもね




単体とすると
ゲイリー ムーアやジョン サイクスは
確かに凄いし、
私も大好き❗️




でも、シン リジーとすれば

やっぱり合わないと思う。



特に、若殿様(笑)





ピンク フロイドのライブで
サイドギターを弾いたり



ロジャー ウォーターズではリード





そりゃ、シン リジーには合わない








んな、わけない❗️




だからこそ、合うと思う。



この曲なんかは、
ジョン サイクス時代では出せない、
緩やかなメロディ。



「GENOCIDE(THE KILLING OF THE BUFFALO)」






RUNNING WILDがカバーした曲



メタルではなく、
ハードロックの疾走感が
とても心地よいでっせ





なんか、「カネヨンでっせ!」
みたいになってるけどね(^-^;



私は、
スノーウィ ホワイトの
ソロアルバムまでも買う位、
彼のしみじみしたギターの音色が
好きなんです




私は、このアルバムも、
次の『反逆者』も大好きです



つうか、シン リジーは

全部それぞれ好きなんです



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ