HR/HM Tの記事 (1/8)

TYRANT『RULING THE WORLD』大したことないけど紹介

大したことないバンド

タイラント、TYRANT(笑)







私のブログにしか出てきません。


私のブログには4回目の登場❓





ジューダス プリーストの曲で
「TYRANT」っていうのがあったからか、
私が言うドイツのTYRANT以外に
アメリカにもいます。



私が好きなのはドイツのTYRANT








初めて出会ったのは西新宿のキニー



伝説のお店キニー
爆音流してたキニー
後に
オウムに入信しちゃって、
手入れがあったらしいキニー(爆笑)





の、4枚目のアルバム









「KILLING THE PEACE WE FALL」







今、ブログを書くために
久しぶりに聞いても
なんだかなぁ~なアルバムです(笑)



男らしいアルバムだけど、
ただそれだけ(笑)






自分でもイヤになる位B級


でもこれが80年代なんですよ



私以外のブログでは
出てこないから
紹介してますが
聴かないでいいですよ(笑)

よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ







スポンサーサイト

TYRANT『FIGHT FOR YOUR LIFE』これも大したことないアルバム

つうか、タイラントって知らない(笑)




私は知ってますが(笑)




キニーでLPを買いました



買ったのはファーストアルバム



思い入れあるんだよね










TYRANTというよりキニーに(爆笑)






で、ファーストが妙に気に入ったから
買ったセカンドアルバム










大したことなかったなぁ~

そもそも
ファーストも大したことあったかというと
そうでもなかった




だからセカンドアルバムの
『FIGHT FOR YOUR LIFE』も
大したことない



でも、だからこそ私が紹介しなきゃ



パワーメタルかな?


ボーカルの音域の狭さが致命傷

ガナってるけど、音域が狭い(笑)






80年代やなぁ~と。

B級やなぁ~と(笑)




メタルという文字が入ってる曲
「METAL RULES」








ねっ❗️


大したことない曲でしょ❗️




これもメタルなんです(笑)



TYRANT




よい子は、
こんなアルバムを見かけても
買ってはいけませんよ❗️


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ







TOMMY BOLIN『PRIVATE EYES』のジャケットはトホホ(>_<)

富墓林( ? _ ? )


もう言われ尽くしてるけど


富墓林(´・_・`)









初めてこのジャケットを見た時は、思わず二度見しましたよ(笑)




レコードのエサ箱からめぼしいレコードを「タンタン」っていうリズムで探して



一回手を離したけど、もう一度戻って見ちゃったもんね❗️




(わかるかなぁ~、この表現。レコードのエサ箱をタンタンのリズムでって)




すごく優しいアルバムです。
ロックロックしてないけど、たまに聴きたくなるアルバム




特に夜中に聴いたなぁ~



全体的に優しいし、メロディの流れが心地よい(笑)







「SWEET BURGUNDY」の後半のスライドギターなんかは、このまま包まれたい気持ちに、このまま続いて欲しい



そんな気持ちになる






手を怪我してたディープ パープルの日本公演の印象が強く、マイナスの評価があるけど



それは運



なんてったって、ジェイムズ ギャングにジョー ウォルシュの次の次に入った実力者









今夜もこのアルバムで、ほっこり


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ




ジョン サイクスはシン リジーにとって?

いらなかったというのが私の考え(笑)


また言っちゃった(笑)


ホワイトスネイクに続いて
言っちゃった(笑)


このネタ好きだってことは
実はジョン サイクス好きか、俺(笑)


好きだよ(^ ^)












前にホワイトスネイクの時にも書いたけど、シン リジーにとってもやっぱりジョン サイクスを入れたのは正解だけど大失敗だと思う









大成功だったのは、ジョン サイクスを入れたことで時代にフィットしたメタリックなサウンドになり



ファンを獲得した❗️







けど、そもそも解散が決定してたから解散





今聴くと、『サンダー アンド ライトニング』は凄く異質なアルバムだよ




もの凄くかっこいいけど、なんだか違う




シン リジーと言えば一番好きなアルバムが『ナイトライフ』という、訳のわからないタイプの私からすればやっぱり違和感ある



本質のメロディはフィル ライノットらしいんだけど、そこに飾り付けしたギンギンギターがね。



シン リジーを決して戻れないゾーンに連れて行きました。











そして、解散して、フィル ライノットも亡くなってしまったから決して戻ることはなかった













一応言っておくけど、『サンダー アンド ライトニング』は大好きですよ❗️




つうか、嫌いなアルバム無いな(笑)



もし、


もし、


シン リジーが解散せずにもう一枚アルバムを作っていたらまた違うんだろうな(笑)





どう思いますか?




そんな若殿も今は何処❗️❓










何をしてるんだか

アルバム出るんかなぁ〜?

結局出なかったりしてf^_^;





THIN LIZZY『DEDICATION』って超イイ曲

便宜上THIN LIZZYの曲って書いたけど、実際はTHIN LIZZY解散後のGRAND SLAMの曲です。





ローレンス アーチャーがいたり、後に私の好きなマグナムに加入したマーク スタンウェイがいましたけど誰も知らないってか



まあGRAND SLAMはアルバム発表してないから、いわゆる未発表曲ってことやねん


THIN LIZZYにしてもGRAND SLAMにしてもフィル ライノットってこと(笑)




そんな彼が生前に残したデモ音源にTHIN LIZZYのメンバーが音を足して完成させたのが名曲「DEDICATION」





発表は1991年で当初は4曲入りのCDシングルとしてだけの発表でした。


買いました、しかもその後にベストにも収録されたんで幻じゃなくなったんだけどこのCDは売れずにまだ持ってます(笑)


DEDICATION
COLD SWEAT
EMERALD(LIVE)
STILL IN LOVE WITH YOU(LIVE)
です



初めに話した通り、この曲はGRAND SLAMの曲なので元々のギターのリフとソロはローレンス アーチャーでそこにスコット ゴーハムとブライアン ダウニーが曲として完成させた・・・らしいっす


普通、こういうパターンの時って出したことは評価するけど曲は大したことないってことが多いんだけど、この曲は違います


過去のTHIN LIZZYソングと比べても間違いなく上位の出来。

メロディがバツグンです








何度聴いてもいい曲です。改めてこうやって聴くと歌メロというか全体に流れるメロディってTHIN LIZZYとは違う感じだと


惜しい人を亡くしたなぁー


人間止めますか?
ドラック止めますか?


人間止めちゃったかぁ…>_<…



THIN LIZZYというかフィル ライノットが大好きです、私は