HR/HM Tの記事 (1/6)

TRIUMPH『EDGE OF EXCESS』だって普通なら良作だぜよ

今をときめく人がこのアルバムに参加してます


・・・っていうほどときめいていませんけどね






真ん中の人ですけど、ときめいてないから多分ほとんどの人がわからない?かも


つうか、これでわからないってことは両端の二人の人気の無さかも(^_^;)



トライアンフですよ、トライアンフ


カナダの至宝、トライアンフです(笑)



となると、今をときめかない真ん中な人は・・・







ですよ(笑)







そうです、フィル Xです


・・・ね!


ボンと一緒だからときめきそうだけど、それ程ときめいてないでしょ



藤崎詩織の方がよっぽどときめいているっちゅうの






ときめきメモリアルですけど、何か








すみません、やっと長い前フリ終わりました。


トライアンフの『EDGE OF EXCESS』の話です






リック エメットと金で揉めて、裁判になって、裁判に勝ったけど当然リック エメットと別れた二人でしたけど、トライアンフは続けました



で、新しいギターリストに抜擢したのが同じカナダのフィル Xでして1993になって発表したのが『EDGE OF EXCESS』



トライアンフの魅力は、ギル ムーアのストレートなハードロックとリック エメットのメロディアスなところ


でも、このアルバムは当然ギル ムーアのボーカルだけなんで緩急はないけど良質なハードロックだと思う



「TROUBLEMAKER」なんかは、かっこよさ92%ですよ






フィル Xならではっていうギターはよくわからないけどね






私は、ギル ムーアのボーカルと彼の書くストレートなロックが好きだから結構気に入ってます





ちなみに「ときめも」は当時友達に借りて(1)を3回やりましたが全て以下のエンディングでした






そうです、女々しい野郎どもの詩しか聞いたことありません



・・・( ;´Д`)





スポンサーサイト

TNT『INTUITION 』ヤバい、ヤバすぎる

完璧です


以上


さよならぁ~







いろんなアルバムあるけど、これは文句無し






何度聴いたか! 何度聴いたか!


透明な北欧の音だけど力強く
ポップだけどちょっぴりひねりあり
ハイトーンだけど細くない


そして



最高なのに35分しかない







奇跡は数あれど、GReeeeNよりもキセキだと(笑)


捨て曲ないから一番を決めるのはとても迷う



だから今日はコレ「TAKE ME DOWN (FALLEN ANGEL)」





たぶん明日は違う曲(笑)


その位どの曲も捨てられないのだよ。




もし、聴いたこと無いなら、、、ポップだからと敬遠してるのなら、


絶対にアルバムを買って通して聴きましょう



敬遠しちゃダメだよ、敬遠しても新庄ならバット振るよ



なんのこっちゃ(; ̄O ̄)




THIN LIZZY『BLACK ROSE』の名曲はアレですが・・・

このアルバムの売りが「ブラック ローズ」
だってことはわかってます!


このアルバムの売りがゲイリー ムーア参加
だってこともわかってます!


このアルバムの売りがアイリッシュ
だってこともわかってます!






アイルランド出身彼らが、アイリッシュなのは当たり前です。アイリッシュだけでいうと、「エメラルド」っていう曲だってモロにアイリッシュです(笑)






でも、、、

だからこそ、、、


あえて、違う曲を聴きたくなるのが私でしてね


聴きたくなるっていうよりも見たくなる



「DO ANYTHING YOU WANT TO」の
プロモーションビデオをね♪( ´θ`)ノ







私は、このビデオでメンバー4人が並んで太鼓を叩く最初と最後のシーンが大好きなんです






特に最後のシーンで、ゲイリー ムーアだけがふざけて隣の太鼓を叩くとこがね(笑)


シン リジーにはいろんな楽しみ方があるんです


勿論、正攻法の楽しみ方は、タイトル曲ですよ







フィル、かっこいいなぁ~



TYRANT『RUNNING HOT』なんて知らんやろうな

西新宿のキニー店内で爆音でかかったので買ってしまったバンドがTYRANT


TYRANTっていうバンドはたくさんあるけど、私が話すTYRANTは80年代のドイツのTYRANTです


の、サードアルバムです。


キニーで買ったのはファーストです



タイラントの話




もう、いかにもB級、絶対B級。

元祖B級グルメの富士宮焼きそばよりもB級。

これぞ、ジャーマンメタル(ハロウィン以前ね)だよね



って言っても誰も知らないだろうから先に進みますよ


一曲目の「Rock Your Bottom」


B級です。

なにが、B級かと言うとそれはもうボーカルのダミ声に尽きる





ダミ声でも良いか、
ダミ声だからダメか、
で聴くか聴かないかが分かれるだろう


多分、私もキニーで馬鹿デカイ音で聴かされてなければ絶対に買わなかっただろう



・・・っていうか、そもそもTYRANTなんていうバンドを一生知らなかっただろうな(笑)


でも、知って良かった


こういうB級バンドがたくさんいたんだよな、当時は


あっ、ちなみに1986年に発表したサードアルバムです。






こいつらです(笑)


TYKETTO『DON'T COME EASY』一発屋・・・だけか?

TYKETTOってどういう意味だ??

タイケットって♪( ´θ`)ノ





まぁそこはいいか(笑)



タイケットというバンド名を聴いて何を思い浮かべますか


当然、一発屋ですよね





このアルバムからの「FOREVER YOUNG」ですよね


超名曲ですもんね


初めてこの曲を聴いた時は、ハードロック聴いてて良かったぁ~って本気で思ったよ


だから今日は「FOREVER YOUNG」を紹介するって思うでしょ(笑)


タイケットってこの曲だけだと思ってる人が多いと思う・・・





ちゃうねん、実はこの曲の他にもいい曲あるんだよね。知らないでしょ





それが「WINGS」です


凄く爽やかなアメリカンロックなんだよねぇ~





どう


なかなかじゃないかな´д` ;



わたしはダニー ヴォーンがWAYSTEDにいた時から好きだったんですよね


過去記事はこちら

ピートウェイだからWAYSTEDってか! でも超無敵傑作


って終わったら物足りないひとがいると思うんで(私ですけどね・・・)


「FOREVER YOUNG」だな





やっぱりこっちの方がズバ抜けていい曲だな


ハハハ(=´∀`)人(´∀`=)