FC2ブログ

HR/HM Uの記事 (1/6)

URIAH HEEP『HEAD FIRST』かなり好きなアルバム

俗に言う
ユーライア ヒープ低迷期



低迷期=駄作


・・・ではないから面白い(笑)





この時期の
ユーライア ヒープは(も)
アルバム自体は素晴らしい


ただ、売れなかっただけ。


80年代に入り、
イギリスからもアメリカからも
イキのいい若手がどんどん出来きて、
そいつらがみんなオシャレだったりする



そりゃ、ユーライア ヒープには
目がいかなくなるのは当然だし、必然。





でも、アルバムの中身は別




URIAH HEEP
『HEAD FIRST』








ハードポップなハードロックとしては
この時期のアルバムは極上だったりする


オルガンもなけりゃ
オカルトもない



逆を言うと



「だから良い!」と言える



1983年だもん、
オカルトじゃねぇーっちゅうの

ボブ・デイズリーと
リー・カースレイクかいるのも面白い。



とにかく
キャッチーで
ポップで


つまり、イギリスという枠の中での
産業ロックです



決して垢抜けすぎてはいない





「LOVE IS BLIND」








こんな時代があったからこそ
こんなメロディをかけたからこそ
ユーライア ヒープは
生きながらえたのだと思うよ




やっぱりいい曲があるって最高ですからね!




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ



スポンサーサイト



UFO『HIGH STAKES & DANGEROUS MEN』はあの人がギター

あの人ったってあの人じゃないよ




この人(笑)










LAURENCE ARCHERです



知る人も知らない、
ローレンス アーチャーです。




NWOBHMでは、
ソコソコの人ですけど、
NWOBHMでソコソコっていうことは、
世間では
誰も知らないってことだからね(笑)




UFOが
アトミック トミー Mとのアルバムで
再び活動停止しましたが、
その後に復活したアルバムが
『HIGH STAKES & DANGEROUS MEN』








いかにも
ブリティッシュなアルバムだけど、
悪く言えばなんだかなぁなアルバム




ブリティッシュらしく、
フィル モグらしく
とてもネチっこいアルバムだ



ねっとりしてる(笑)




ただ、それだけに惜しい




良いとこもあるけど
他のアルバムに比べたら
とてつもなく地味






そんな地味なナンバーをお届けします


「PRIMED FOR TIME」






フィル モグの
良さも悪さも感じるアルバムだけど、



ローレンス アーチャーの良さって
なんだろうな❓



誰か教えてチョンマゲ(笑)




だから、
次は本当のあの人が
復帰したんだろうな(笑)



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ



まさかのアトミック トミー M三連発!(ブートの話)

UFOは好きですか?


マイケル シェンカーは?


ポール チャップマンは?


アトミック トミー Mは?


ローレンス アーチャーは?


ヴィニー ムーアは?





私は



アトミック トミー MのUFO大好きだったりしますねん




だから、あんまり見かけないアトミック トミー M時代、つまり1986年のブートまで持ってる

しかも、三枚も






あんまりいないよなぁ~。

マイケル時代はたくさん持ってる人がいるだろうけど、アトミック時代(爆笑)










持ってるのはこの三枚


デトロイト公演(1986年6月20日)






ミネソタ公演(1986年6月23日)






サンノゼ公演(1986年7月29日)







どれもFMものだから音はソコソコ


褒められるレベルじゃないけど
十分に聴けるレベル



さすがにこれらの公演のyoutubeは
ないから、DVDから

「MEANSTREETS」






それにしても、このブートで改めて気づいたけど、結果弾きまくってる

特に、新曲じゃなくってマイケル時代の曲でそれが顕著だな。


「TOO HOT TO HUNDLE」でのアトミック トミー Mのギターはまさに、燃えたぎるギター!(笑)







ヴィニー ヴィンセントばりに
弾きまくってますよ!


もし、アルカトラスに入っていたとしても面白かったかもなんて思います。




実はいい曲が多いアルバムです
だから、私はこのアルバム好き❗️



ローレンス アーチャー時代は
曲がよくない




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ




U.D.O.『ANIMAL HOUSE』はアクセプト??その2

ウド(笑)






笑っちゃいけないけど






ウド(爆笑)












知ってますか?


U.D.O.を。



今更なんだとお思いでしょうね



U.D.O.、つまりウドだろ❗️と





正解だけど、、、


ブーーーーーーーーー❗️





えっ



ウドじゃないの❓





正解は・・・


U.D.O.とは・・・






UNITED DIPSTICK ORGANIZATION






ヘェ~、ヘェ~❗️ですよね(笑)






まあ、ウドですけどね(^-^)






何のプラスにもならない薀蓄を
披露したところで本題へ







『ANIMAL HOUSE』です。


アメリカで売れたいアクセプトが
アメリカじゃウケないウドを解雇


ウドは1人でウドを





このアルバムを語るときは大概、

でも、
アクセプトのメンバーが曲を提供したり、
演奏してるから、
ほぼアクセプトですよね

・・・的なのが多い。



だから、紹介されるのも

「LAY DOWN THE LAW」ばかり



そこで立ち上がるのが
座りながらブログを書いてる
我らがグラハムボネ太郎


つまり、私です(笑)


「IN THE DARKNESS」なんぞを







実は私がアクセプトを聴く
もう一つの理由は、
彼らのバラードだったりする


メジャーキーなのが
「惜しい」けど、
出来自体はよい。


哀愁のメロディに、
ウドの切ない声が
私のツボです。



たまんないんだよなぁ、

メタルバンドの切ないバラード❗️




こういう曲が聴きたいなら
ヨーロッパのバンドだよね、
アメリカ人ではダメだよね



大好きなボン ジョヴィだけど、
バラードはつまらないもんな。

アメリカ人なパワーバラードがよい




で、U.D.O.って何でしたっけ❓







UNITED DIPSTICK ORGANIZATION


覚えましたか?



私はコピペしただけだから

覚える気すらありません



☆~(ゝ。∂)




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





UFO『UFO 1』んん? 和太鼓?

和太鼓のわけないけど

どんどこドラムです(笑)


ちなみに
マイケル シェンカーは
おりませんからね。




だからって、
マイケル ホイもいないし、
マイケル ジャクソンもいないし、
マイケル J フォックスは
まだ過去から帰ってきてません。






いきなりよくわからない
オープニングでごめ~ん、
誠にすいまめ~ん!
(by ジョイマン)




ギタリストは
ミック・ボルトンです。



UFOのファーストアルバムです。








まだまだ若いメンバーです。






そんなわけで、
またマイケルはいないし、
間違いなくブルーズロックなサウンド。



後のアルバム(マイケル時代)が好きで、
遡って聴いたら腰を抜かしました。


腰が抜けたかな?

腰くだけかな?


もう、なんでもいい位、
違うバンドみたいなサウンド。


ホッとするのはフィル モグの声だね






「C'MON EVERYBODY」が
シングル小ヒットをしたとかしないとか。








この曲なんかは、
まさに和太鼓ドラム。


どんどこどんどこ(笑)



誰だったかのカバーだから
流石にいいメロディですよ。





マイケルが入ってからの
UFOが好きだからって、
買うと痛い目にあいますよ。


まだ、セカンドよりはいいけどね❗️



セカンドはまるでプログレブルース




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ