HR/HM Uの記事 (1/4)

URIAH HEEP『CONQUEST』ジョン スローマンが参加だけ?

違うんですね!





ゲイリー ムーア好きの貴方にはジョン スローマンが参加したアルバムなんだろうけど



私みたいに、ゲイリー ムーアも大好きだしAC/DCも大好きな人間からすればこのアルバムはクリス スレイドが参加してるアルバム







もう、髪の毛という一部の人には長い友だちじゃないものが薄くなってるからバンダナで隠してるのが可愛いです(笑)








ね(笑)




そんなことよりも、このアルバムですけど、忘れ去られるにはとても惜しいアルバム。



大傑作じゃないけど、1980年になり、コテコテのブリティッシュロックから少しだけ垢抜け始めた曲が出てきたそんな重要なアルバム


だと思う。



もちろんそれだけじゃなくって曲もいいんだよね



ジョン スローマンに代わったことで聴かなくなった人が多いだろうけど、今ならニュートラルな気持ちで聴いてチョンマゲ




ただ、「CARRY ON」は笑っちゃう


一生懸命アメリカナイズしようとしてるのがわかっちゃう。


ポップにしたいのに、ジョン スローマンのボーカルがねちっこく絡みつく絡みつく(笑)






この辺だね、やっぱりイギリスだなって思うのは



晴れないんだもん、能天気にはなれないよね



ちなみに、ラス前とラストはいかにもユーライア ヒープだよ


(-.-;)y-~~~ 「そっちを聴かせろよ!」


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ






スポンサーサイト

U.D.O.『THUNDERBALL』たまに泣かせるんだよなぁ

初期のアクセプトもそうだったけど

U.D.O.も
ちょいちょいと泣かせのバラードを
やるんだよなぁ(笑)






このアルバムでも、
ラストにやるんだもんなぁ~




「BLIND EYES」で
チェロだよ、チェロ❗️

ヘビーメタルでチェロ❗️


物凄くヨーロッパ的

いや

物凄く欧州的




琴欧洲じゃないよ、
ただの欧州(笑)






夜中に聴いたら、
頑張った後の夜中に聴いたら
絶対に泣くね








私なんて、
今これを書きながら泣いてる



・・・嘘ですけどね





『THUNDERBALL』は、
というか、
U.D.O.は、
実はAC/DC以上に
マンネリバンドかもしれないけど、
こういう緩急を入れるからいいんだよね








しかも、歌うのがウドだしね









メタル聴いてて良かったなぁ~




そう思えるバンドだね❗️❗️




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ









UNRULY CHILD『WAITING FOR THE SUN』はハンセンが参加

それも


スペシャルゲストとかじゃなくって


メインのボーカルとして!(◎_◎;)




えっ! ハンセンが!(◎_◎;)?



そうです。



ハンセンが、です





あのハンセンが?










違いますよ






このハンセン







・・・(ーー;)




スタンじゃなくって

ケリーね(笑)





本日はこれにて
一件落着ぅぅぅぅぅぅ(笑)





な、わけがなく


1998年、
アンルーリー チャイルドの
2枚目のアルバム






いい曲を書けるのに
わざわざカバーなんぞを収録


ボビキンのカバーで
(元TOTO)

「RISE UP」






でも、よく考えたら


元々のボビキンの曲も
バックはアンルーリー チャイルドが
演奏してたんだよね






つうことは、
カバーというか
ボーカルが違うだけ?




ボーカルは誰だっけ?






だから
スタンじゃないっちゅーの❗️



UNRULY CHILD『CAN'T GO HOME』私はブルース ゴウディのファン

私は

マーシー フリーのファンだけど

それよりも

ブルース ゴウディのファン




ストーン フューリー
ワールド トレイド
そして
アンルーリー チャイルド



そして


もう1つは・・・内緒


明日書こうかな(笑)




つうわけで、

メロディアスハードロックファン
待望のニューアルバム




なんと、オリジナルで❗️

って言っても、
そもそも初めから二人しか知らない



その内の一人は
ボールを取っちゃった彼女

もう一人が、
明日、あの事を書く予定の
天才ブルース ゴウディ




そんなアンルーリー・チャイルド

このアルバムを買うファンの期待を
これっぽっちも裏切らない



メロディといい、
コーラスといい、
キーボードといい、
ギターといい、


そしてそして


マーシー フリー!




田代まさしを自由に!


じゃないよ(笑)





ミニにタコ


じゃないよ(笑)



タマタマを取っちゃったからか
声が若干高くなってるかも。



あなたが

メロディアスなハードロックを
好きなら

しのごの言わずに

買いなさい。






こういうのが、後から後から
出てきます。

つまらん捨て曲は
ありまへんでー



ちなみに


コレが



こうなってます





これぞメロディアスHM/HRさんへ
オススメの一撃(o^^o)





ブルース ゴウディさんの
内緒の話は
また明日





ULI JON ROTH ELECTRIC SUN『BEYOND THE ASTRAL SKIES』泣きのギターと・・・

ショボくて泣いちゃう、ウリのボーカル(爆笑)


悲しくって逆に笑っちゃう位の下手なボーカルてす(;^_^A








私はこのアルバムの数曲だけが本当に好きなんだけど、それ以外の曲は「なんだかなぁ」のレベル


前に書いたけど、「WHY?」のギターソロなんていったらもう最高レベル。






何度聴いてもその世界観に入り込んでしまう



この曲にはジミヘン的な感じは全くなく、いかにも欧州の香りがプンプン


ただ、同じ曲を聴くってのも芸がないから、今日は歌メロはそこそこなんだけど、ギターソロだけが素晴らしいっていう曲だな




「WHAT IS LOVE?」です













ギターソロだけなかなかでしょ~(笑)



こういう曲がアルバムにたくさんあれはわいいんだけど、無いんだよね~


だから、売りたくなるんだけどこんな絶品の曲があるから売れません



それにしても自分の耳が悪いのか、頭が悪いのかわからないけど、自分で歌ってはいかないです






この人はね( ;´Д`)