HR/HM Vの記事 (1/4)

VAN HALEN『I Want To F**k Your Girlfriend』は2ndの時期のブート

VAN HALENがセカンドアルバム『DANCE THE NIGHT AWAY』発表後の全米ツアーのブートレグです





デイヴの海老反りがハンパない頃ですね


ブートCDのタイトルは『I Want To F**k Your Girlfriend』というそりゃいかんやろう、というもの





このブートレグで重要なのはまだセカンドアルバムを出したばかりの初々しい彼等のライブだってこと

曲目は以下の通りですけど変則に収録してるので曲によって時期と場所が異なります。けど中心は1979年のヒューストンのもの



Tracklist
1-1 Eruption
1-2 You Really Got Me
1-3 Ain't Talkin' 'Bout Love
1-4 Light Up The Sky
1-5 Somebody Get Me A Doctor
1-6 Running With The Devil
1-7 Dance The Night Away
1-8 Beautiful Girl
1-9 On Fire
1-10 You're No Good
1-11 Jamie's Crying
1-12 Feel Your Love Tonight
1-13 Outta Love Again
1-14 Ice Cream Man
1-15 Ain't Talkin' 'Bout Love
2-1 Eruption
2-2 You Really Got Me
2-3 Bottoms Up
2-4 Atomic Punk
2-5 Interview : UK Radio 1978
2-6 Running With The Devil
2-7 Pretty Woman
2-8 You Really Got Me
Notes
Tracks 1-1 to 1-3 were recorded in Bradford on the UK Spring Tour 1978.
Tracks 1-4 to 2-4 were recorded at the Music Hall in Houston, TX. at the band's first headlining gig on July 11, 1979.
Track 2-5 was taken from a radio show broadcast in the UK in 1978.
Tracks 2-6 to 2-8 taken from transcription discs of the US Festival 1983.


この頃のライブのオープニングは「Light Up The Sky」だったんですね。それにしても彼等のライブオープニング曲ってそれぞれですけど全部かっこいいですね


2ndのツアーが「Light Up The Sky」
3rdのツアーが「Romeo Delight」
4thと5thツアーが「Unchained」


どれもカッコよすぎですよね


今回はこのブートからじゃ無いけど、同じヒューストンでの「You're No Good」を (^o^)/


それにしてもリンダ ロンシュタッドのカバーなのにめちゃくちゃかっこよく仕上げるって本当に凄いよ





VAN HALENはデイヴ時代もサミー時代も全部好きです





••••ゲイリー 、忘れてた m(_ _)m



はァ••••ゲイリーさん




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ








スポンサーサイト

VAN HALEN『1984』で、もう一曲好きな曲を

ヴァン ヘイレンの数あるアルバムの中でも
一番人気といえば『1984』だよね












そうなっちゃいますぅ❓
(by ハイキングウォーキング)








卑弥呼様ぁぁぁぁってか(笑)



そうなっちゃうってこと










もちろん、私も大好き『1984』


アルバム自体が


西川きよしが主役でも

(・・?)


キー坊が主役でも

(・・?)


キーボードが主役でも

(;^_^A










「ジャンプ」は、やっぱり代表曲



オープニングのギターリフから
一発でノックアウトされる
「パナマ」も



「ホット フォー ティーチャー」もね




でも、
シングルになっていない曲だって
捨てたもんじゃないんです。



前に書きました



ヴァン ヘイレン『1984』の好きな曲







シングル曲以外にも
こういういい曲があるから
このアルバムはよいのです




そしてまだまだ好きな曲があって


それが「I'll WAIT」






この曲こそ西川きよし主体の曲



この曲こそキー坊主体の曲



この曲こそキーボード主体の曲(笑)





ギターなんて、ソロにしか出てこない




でも、独特のノリが抜群なんだよね。



X-GUNじゃないよ、
今更漫才協会に入ったX-GUNじゃね(*^o^*)




くだらないことを
二つもいれましたけど、
本当に好きな曲





特に、
イントロのキーボードが
メロディからリフに変わった瞬間に
叩かれるドラムのリズムが
たまらんです( ^ ^ )/□





サミー ヘイガーが入ってからも
大好きだけど、
デイブ時代は、
バラエティーに富んだ曲が
入っていたよね。




語弊があるかもしれないけど、
アルバム曲の
バラエティー富み具合は
クィーンに匹敵すると思う









だから、ヴァン ヘイレンは凄いんだ❗️









私はそう思うんですけど



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ







VAN HALEN『A DEFFERENT KIND OF TRUTH』は迫力ある駄作!

意気込みが感じられる
ポップ無しの直球勝負








だからこそ




駄作(笑)





メロディに乏しいんだもんねぇ~









デイヴ リー ロスが歌えるとか歌えないとかそういうことじゃなくって、とにかく歌メロが弱い




迫力あるし、気合いはわかる、かっこいい曲に思える




・・・思えるだけでした




ただ、新譜を作ったのは多いに評価したいです。




儲からないから
売れないから
どうせ、ファンは旧譜を聴きたいだけ




いろんな言い訳をして、再結成しても集金ツアーだけをしてるおベテランバンドが多い中で、これだけのアルバムを作ったことは大いに評価できる❗️



「BLOOD AND FIRE」はいい曲だけど







・・・けど、弱い




・・・ただ、それだけ_| ̄|○




嗚呼、ヴァン ヘイレンよ❗️











マイケル アンソニーを呼びなさい❗️


VAN HALEN『LIVE-RIGHT HERE,RIGHT NOW』サミー時代のライブ

もちろんデイブ時代も好きだけど

やっぱりサミー時代も好き











よく言われることだけど、全く別のバンドになった位音楽性が違う(笑)









明るいのは変わらないんだけど、明るさの表し方が異なる





なんて言ってみたけど、私は単純にサミー ヘイガーの声が好き











でもって、このライブで改めて発見したことがあったのだよ






それは、欧米人はザ・フーが好きだって事ですね。



私たち日本人からすると、それほどの人気のイメージがわきにくいんだけど、欧米人にとってはレッド ツェッペリンに匹敵する感覚かも




このライブでも、ラストにザ・フーのカバーを演ってるってことでもわかる




「WON'T GET FOOLED AGAIN」







正直言って、ザ・フーに関してはベストアルバムしか持っていないんだけど




・・・私はね(笑)




でも、この曲はいい曲だよ❗️



ハードロック好きの私のお気に入り(笑)



VAN HALEN『DIVER DOWN』を一番聴きますです

カバーが多い、地味、爆発前夜••••





色々言われておりますが、なんと言われようと私はこのアルバムが1番好きだし、1番聴いてます。



Diver DownDiver Down
(2012/02/08)
Van Halen

商品詳細を見る



カバーが多いってこともあるかもしれないけど、何しろ全部の曲の完成度が高く、飽きることなく全編聴けるという。しかも曲のバラエティー加減が凄い。全盛期のQUEENレベルで色んな曲が入っているよ

一説によるとこんな凄い(私的に)アルバムをたった2週間で完成させたとかさせていないとか。

いずれにしてもオープニングがいきなりカバーという変則アルバムですが、どの曲もたまらんです。


1. Where Have All the Good Times Gone!
2. Hang 'Em High
3. Cathedral
4. Secrets
5. Intruder
6. Oh, Pretty Woman
7. Dancing in the Street
8. Little Guitars (intro)
9. Little Guitars
10. Big Bad Bill (Is Sweet William Now)
11. The Full Bug
12. Happy Trails

みんなはあまり好きでは無いようですが⑥大好き!
⑦のノリもミック ジャガーとデヴィット ボウイのカバーよりも1億倍はかっこいい。
⑨はエディのちっちゃいギターが楽しめ、
10では、クラリネット入りのミニ楽曲。ハードロックのカケラもありません。
と思ったら11で独特なハードロックの世界へ戻してくれ、、、
究極は最後にHappy Trailsって曲でしめるなんてそこいらのバンドには絶対に出来ない芸当



どの曲を紹介するか、本当に迷うアルバムです。


あえて、Happy Trailsにしちゃおうかな





この曲を途中に挟んだYou Really Got MeはUSフェスティバルで披露してますけど、かっこいいったらありゃしない、、、、、ってか!






バイビーーー