ROCK A-Eの記事 (1/10)

BONNIE TYLER『FASTER THAN THE SPEED OF NIGHT』ジムです、ジム。

女版ロッド スチュワートです(笑)


ボニー タイラーです








怪傑ライオン丸みたい







例えが古過ぎて伝わる人が限られるな



いかん、いかん。

万人に愛されるメタルブログを目指してるのに❗️







その割にボニー タイラーだけど;^_^A




いいんです、
私はボニー タイラーが好きなんじゃなくて
好きなのはジム スタインマンだから(笑)



「FASTER THAN THE SPEED OF NIGHT」



全く意味のわからないシーン多数の
面白ビデオだけど笑わずに(笑)






曲は、いかにもジム スタインマン




途中のギターを持った踊りは
なんなんだろうか❓




なんてことも思えない位の
ジム スタインマン節炸裂










このイメージを脱却することに
苦労したらしいけど




私はジム スタインマンが好きだから、
主題歌を聴きたくって
大映テレビを見てました。




そんなグラハムボネ太郎(笑)


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ



スポンサーサイト

ANYONE'S DAUGHTER『PIKTORS VERWANDLUNGEN』ジャーマンプログレ

多分誰も知らないであろう、ドイツのプログレバンドの名作



『PIKTORS VERWANDLUNGEN』









つうか、なんていうタイトルかが、わかりません。



少なくとも読めません;^_^A



ドイツ語ですか?











そして、誰が誰だかわかりません



つうか、知りません(⌒-⌒; )







知ってるのが、このアルバムがライブ録音だってこと。


知ってるのが、ドイツ語ですか歌っているってこと。




こんな曲、こんなアルバムをライブ録音しちゃうんだから凄腕ミュージシャンなんだろうな・・・知らないけど(笑)





たまに、マニアックなバンド、マニアックなアルバムをお届けする私ですけど、今回は本当に誰も知らないだろうかと












シンフォニック プログレというか


シンフォニック ユーロロックというか




その筋のバンドが好きな人にはたまらないだろうサウンド(笑)








私も音楽自体はとても気に入ったんだけど



・・・だけど、
・・・だけど、




歌詞がドイツ語なところに最後まで違和感を感じ続けたから





売りました(。-_-。)




曲と曲の間に語りがあるんだけど




それも




・・・ドイツ語




いい音楽だけど私にはダメ




仕方ないよね❓




THE EDGAR WINTER GROUP『THEY ONLY COME OUT AT NIGHT』に名曲あるよねぇ~

その名曲は、ダン ハートマン作








この人の作曲センスとアレンジはたいしたもんだよね










かっこいいのに、聴きやすい







なんてったって、このアルバムでは半分以上の曲を書いてるんだからね




エドガー ウィンター グルーブじゃなくって、ダン ハートマン グルーブだ❗️




っていう位(笑)









『THEY ONLY COME OUT AT NIGHT』です。



後に映画『ストリート オブ ファイヤー』
で名曲「I CAN DREAM ABOUT YOU」を書いたのは有名な話。






名曲数あれど、やっぱり「FREE RIDE」






おおらかなアメリカンロックって感じだけど、決してヤワじゃない(笑)




そういう意味では、ダン ハートマン作の曲をたくさん選んだプロデューサーも天才だな




もちろん、リーダーのエドガー ウィンターもね(*^◯^*)



DIRE STRAITS『MAKING MOVIES』は名曲揃いだ

揃いも揃って、名曲だよ❗️




指弾きギタリストのマーク ノップラー率いるダイア ストレイツに駄作は無いけど








このアルバムもまた傑作







『MAKING MOVIES』というアルバム




指弾きならではの繊細なギターのタッチと語りかけるような吐きすてるような歌




ハマったら抜けられない



「マネー フォー ナッシング」だけしか知らない人が聴いたら、絶対に同じバンドとは思わないだろうな(笑)









1. Tunnel of Love
2. Romeo and Juliet
3. Skateaway
4. Expresso Love
5. Hand in Hand
6. Solid Rock
7. Les Boys





と、くれば普通のブログだと①か②を紹介して、マーク ノップラーの真髄を聴かせるんだろうな





私は、普通のロックが心地よい「SOLID ROCK」が大好き❗️









なんだか、じわぁ~とした曲が多いアルバムだし、そういうバンドだからこそこういう単純なロックに惹かれてしまう私です(笑)




ハハハ(*^◯^*)ハハハ








DEAD OR ALIVE『YOUTHQUAKE』は新宿の夜の思い出

ニューヨーク ニューヨーク
GB ラビッツ
XENON


全部新宿だなぁと(笑)



ギロッポンは、恐れ多くてね❗️



やっぱり新宿か渋谷(笑)





あっ、ゴメンね。ギロッポンなんて言ってさ、



六本木のことね





あんまり行かなかったのに、
カッコつけちゃったわたし(笑)





ギロッポンって言うのが
カッコいいかどうかは別だけど







つうわけで、
私達世代でディスコといえば
まずはデッド オア アライブとなる








世の女性が、
ワンレンボディコンになる少し前の
80年代後半










少しだけ健全だった頃に
新宿辺りのディスコでは
よくかかってた(笑)










XENONだったっけ?



会員証代わりにキーホルダー



・・・違ったっけ❓



よく憶えていないなぁ~







ちなみに、


GBは後にツバキハウス閉店後に、
それを引き継いでヘビーメタルディスコを
やってたけど、知ってる人はいるかな❓




まだ、ディスコに
チークタイムがあった
そんな時代の思い出話でした




そう言えば、
ディスコ絶頂期には、
東京ドームでディスコナイトが
開催されたよね



デッド オア アライブがトリで、
カイリー ミノーグなんかが
前座で出てたよ

実は私も行きました(爆笑)

なかなかバブリーな時代です(笑)






本日は、ノーメタルでお届けしました