ROCK FーJの記事 (1/7)

JOHN FOGERTY『CENTERFIELD』アメリカンやなぁ~ 野球やなぁ~

野球って言っちゃいけないな

ベースボールっすよ、ベースボール


なんて一昔前の物知り風な言い草なんてどうでもいいか(笑)


元CCBのギター、ボーカルのジョン フォガティのファーストソロアルバム




・・・CCBじゃないだろ! ってちゃんとツッコンで下さいね



という元CCRのギターボーカルでリーダーです♪( ´θ`)ノ






アレレ!? 変なギター持ってるって気付い貴方だけにこのブログを書いてます


野球好きっす(笑)
ベースボール好きっす(笑)


そんな感じがよくわかるよね


アルバムタイトルもズバリ「センターフィールド」・・・ズバリじゃないって思うのは我々日本人さ





野球場っていうのがセンターフィールド


私は野球好きです。阪神ファンで、1985年の日本シリーズの西武球場に行きました。ゲイルが投げた試合で*\(^o^)/*





脱線したんで、ジョン フォガティへ


CCRもよかったけど、野暮ったさもあったけどソロでちょっと垢抜けた(笑)





アメリカの野球場ではこの曲がかかるのが定番・・・らしい


NFL、NHL、NBAは観たけどMLB観たこと無いんです


バット型ギターじゃないけど、ライブバージョンも






こういうのを聴くと「アメリカだなぁ」と思います♪( ´θ`)ノ


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





スポンサーサイト

IAN HUNTER『SHORT BACK N’ SIDES』をもう一度

前にも書いてるんだけど



IAN HUNTER『SHORT BACK 'N' SIDES』80年代サウンド





IAN HUNTER
『SHORT BACK N’ SIDES』をもう一度





いわゆる80年代っぽいサウンドだから
敬遠しがちなんだけど、

やっぱりいい曲が入ってる
いいアルバムなんだよな。



で、再びブログに載せようと思ったのは
この曲がyoutubeにあったから。


「OLD RECORDS NEVER DIE」


前に書いた時には
ライブバージョンしかアップされて
なかったんだけど

昨日たまたまyoutube見たら
オリジナルがアップされてた。



またいつ、削除されるかわからんから
あるうちに聴いてもらいたくて




イアン ハンター渾身の名曲






「OLD RECORDS NEVER DIE」






こういうのがあるから
イアン ハンターが好きでよかった
モット ザ フープルが好きでよかった
ハードロックが好きでよかった
ロックが好きでよかった




そう思う次第です。


私はハードロックヘビーメタル好き

つまり、ハードなロックが好き


でも


こういうのに弱いんだよなぁ~(笑)



イアン ハンターを知ることが出来た

本当によかったと思う
グラハムボネ太郎であった。






とある本で読んだけど


聖徳太子は蘇我入鹿だったと






バイビー(^^)/~~~



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ








FLEETWOOD MAC「THE GREEN MANALISHI (WITH THE TWO-PRONGED CROWN) 」がオリジナル

ピーター グリーンがいたフリートウッド マック


ゲイリー ムーアが影響受けたピーター グリーンさんがいたバンド



フリートウッド マック❗️
















当時のよくわからない契約のせいなのか、国によって違うのかは知らないけどいろんな種類のレコードジャケットがあるね




当然、スティーヴィー ニックスもリンジーも、マクヴィー女史もいません。



いるのは、
フリートウッドとマック(笑)





私の大好きなジューダス プリーストのカバーバージョンに比べてかなりのドゥーミー的な曲(笑)










こんな曲は演奏する側も聴く側も
ドラッグでラリラリラリルレロ~
なんだろうな(笑)




こんな曲を自分なりに解釈して
アレンジ出来るという
ジューダス プリーストはたいしたもんだよ




マジでそう思うね


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ



FLEETWOOD MAC『TANGO IN THE NIGHT』は美しいジャケット

美しいジャケット選手権があるなら


おそらく上位(笑)


何位かは知らないけど


絶対に上位(笑)








美しいというか、幻想的



となると、曲もそれまでのとは若干異なり綺麗なメロディが増えた







・・・ような(笑)








うん、メンバーも小綺麗になった



やっぱ、MTVの影響も大きいよね❗️






好きな曲は多いんだけど、私はクリスティン マクヴィーの曲と歌声が好き








「LITTLE LIES」はその典型









これといって超印象的な歌メロでも
これといって超印象的なサビでも



ないんだけど、曲トータルとして


完璧❗️
パーフェクト❗️





このメンツでアルバム作り






このメンツでツアーした







リンジー抜けて二人入りました


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





JONI MITCHELL『BLUE』でしっとりとする? しない?

前にナザレスのことを書いた時に
ジョニー ミッチェルのカバーをしてますって
書いたのを思い出して


ナザレスのお話







軽ーーーくジョニ ミッチェルを
斬って斬って斬りまくりたいと思います
(嘘です、アルバム1枚しか持ってませんので・・・)







恋多き女なんて言われてるようですけど

・・・よく知りません


「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」
において2003年は第72位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」
において第42位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」
において第62位。


なんか、ホントに凄いんですけど、
知らなかったっす(笑)

で、よくも書こうと思ったなと(笑)




でもたった1枚持ってるアルバムが
凄く良いんです。

夜中でもいいし、
リビングでくつろぎながらでもいいし


そんなアルバムが1971年発表の
『BLUE』




ピアノと
アコースティックギターと
彼女の声だけの本当にシンプルな音

その中に彼女の心の底からの想いが
綴られている。


キャロル キングとは違った綴り


温かいんだけど、
冷たくも感じるその想い



1曲目の「ALL I WANT」の歌詞にはこんな言葉が並ぶ。

一人で旅をしているの、自由になる鍵を探して…
嫉妬と貪りの糸はほどけない
ジュークボックスのある安酒場でストッキングを破りたいわ
あなたの髪を洗ってあげたいの
あなたのセーターを編みたいの
あなたにラブレターを書きたいの
そして、あなたを自由にしてあげたいの

当時の恋人へのラブレターだそうだ。





「BLUE」の澄みきった感もたまらん





ナザレスから入ったという異色の入り方なんで、
このアルバムしか知らないんで大きなこと言えないし、
「グラハムボネ太郎に彼女の何がわかる なんて人いるだろうな・・・



いぃ~んです(笑)


音楽はそれで良いんです


ナザレスも聴いてね~



ナザレス「NO JIVE」


ロック万歳