FC2ブログ

ROCK M-Qの記事 (2/6)

THE O'JAYS「I LOVE MUSIC」行き着くと黒人グループか?

THE O'JAYS「I LOVE MUSIC」








こう書いてある


全米ディスコチャート1位
全米ソウルチャート1位
ソウルモンスター オージェイズ 大爆発




なんで最後に大爆発しちゃうか知らんけど
とにかくなんだか凄そうだ!と思わせる



作戦成功である。










ビージーズの登場で
白人がディスコに行きだしたのか?



それまではソウルだよね。

ソウルで踊る!










しかも黒人のソウル(ディスコ)は
グループでハモったりするし
フリもピッタリ合ってるしで
それはそれでとてもとてもカッコいい!



曲のタイトルもいいよね


「I LOVE MUSIC」ズバリだもん!




ダンスミュージックとしてのソウル最高!


アフロのカツラでも付けて踊ろうぜ!






よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





NIACIN『NIACIN LIVE』ダメだったなぁ、私には

タラスはダメ
(私は)


ミスタービッグもダメ
(私は)


でも、懲りもせずに


ナイアシンも購入




やっぱり



ナイアシンもダメ
(私は)









不勉強なんで
ビリー シーン以外知らないけど





つうか、その昔は
ビリー シーハンでした(笑)





基本的に私は

ロック好き
ハードロック好き
ベビーメタル好き


ジャズとか
フュージョンとか

そういうのは
基本的に好きじゃない。








ナイアシンは、なんなんだろう?

何れにしても純粋なロック

・・・ではない

だから

一瞬だけは「いいじゃん!」って
思うんだけど



やっぱりダメ。

退屈旗本侍です。



凄腕かどうかは

私にはあまり意味をなさない





私はロック好き




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





パクりの話は続きがあった! MのPop Musik

M(ロビン・スコット)のPop Musik








昨日書いた
ゴーストバスターズが
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの
「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」の
パクリだとお話には、
実は続きがあったと



Huey Lewis and The News
「I Want A New Drug」





ヒューイ ルイスが訴えたのは

レイ・パーカー・Jrの
「ゴーストバスターズ」は
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの
「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」
パクリだ






それならとロビン・スコットが訴えた



ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの
「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」は
私の曲「ポップ・ミュージック」の
パクリだと(笑)




そしてなんとなんと
ロビン・スコットは
勝訴しています



つまり





「ポップ・ミュージック」



「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」





「ゴーストバスターズ」




なんだか笑っちゃうよね





聴いてみよう

M(ロビン・スコット)のPop Musik







雰囲気は似てるけど(笑)




裁判で勝ってるから
そうなのかなと(^O^)



まるでコントのようだけど
本当の話(爆笑)


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ









MOUNTAIN『NANTUCKET SLEIGHRIDE』の沁みる曲

「TRAVELLIN' IN THE DARK」



私にとってのマウンテンは、
実は泣きのバント。








かっこいいロックバントというよりも



泣きのバントなんだな






誰がなんと言おうと泣きのバント❗️






で、このアルバム








『NANTUCKET SLEIGHRIDE』





そういえば、
このアルバムの読み方を知らない(笑)



というよりもSLEIGHRIDEという
英語を読んだことがない。


スライライド❓



ノンタケット スライライド⁉️




マジで知らん(爆笑)








で、私が聴くのはこの三曲
2. Taunta
3. Nantucket Sleighride
8. Travellin' in the Dark



まっ、本当はこの三曲だけじゃないけど






甲乙つけがたい泣きのメロディ





でも、その中でも特に聴くのが
8曲目の「Travellin' in the Dark」






イントロからして、
「どうぞ泣いて下さい」というギター




しかも、マイナーな





よくアメリカ人のレズリー ウエストが
ここまでの泣きのメロディ、
泣きのギターを奏でることが
出来たよな






ミシシッピ クィーンよりも
こっちを先に聴いたんだもん、

マウンテンは泣きのバントとなるよな(^。^)




だからマウンテンは夜中に聴くバント




つまり、秋の夜長バント認定です❗️



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ






PAGES『PAGES』AORの頂点かな(笑)

『ペイジス』と言ってもややこしい










だって

ペイジスのファーストアルバムも『ペイジス』だし

ペイジスのサードアルバムも『ペイジス』だし

そもそもバンド名というか、ユニット名もペイジスだし




しかも



ファーストアルバムの『ペイジス』も名盤だし



サードアルバムの『ペイジス』も名盤だし




なにかとややこしい(笑)




とりあえず今回はサードアルバムの『ペイジス』







AORに望むべき全てが入ってると言っても
華厳の滝ではない
(過言ではないをシャレましたが、
通過して下さい)




特に私みたいな、
ハードロック目線野郎が望むべきAORね



TOTOみたいな(笑)





「COME ON HOME」は絶品だよね

一つの究極のAOR








ちなみに


後にこの二人が
MR.ミスターになって
全米を揺るがすのはご存知かいな❓


・・・全世界か!





以上たまにはAORも聴くという
グラハムボネ太郎でした(笑)







よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ