FC2ブログ

プログレAーEの記事 (1/6)

EL&Pのロンドへ話はいくわけで(笑)

昨日は私には珍しくジャズの話。



まあ、ジャズの話をしたんだか
太田和彦の居酒屋ネタの話を
したんだかよくわからないけどね(笑)






『Dave Brubeck Quartet / Time Out』






といえば、
世界的な有名曲の
「TAKE FIVE」です。って終わりましたが



我々ロックサイドの住人とすれば、
このアルバムといえば


「Blue Rondo A La Turk」
・・・ですよね❗️




あれ❓




(・・?)ですか❓





ではロックサイドの住人ではなく、
もうちょっと絞り込んで


プログレ界隈の住人では❓







あっ❗️



((((;゚Д゚)))))))



あれか❗️






です。




ロンドですよ、ロンド❗️




正式には


「RONDO '69」ですよ❗️



これですよ

NICEで演ってたけど、
やっぱEL&P







これかぁ❗️



ってならない❓





アレレ❓
(今日は❓マークばかり)



Dave Brubeckのバージョン
つうか、オリジナルだと









なんとなんとこの曲のカバーなんです




全く違う曲に聴こえるほどに違う。


キース エマーソンが凄すぎる❗️







右手で弾いた後に、
左手を重ねるように弾くのが
たまらなくかっこいい❗️



この辺がセンスだよなぁ。





なんて、久しぶりに思い出したので、

ジャズからプログレへ

リレーしました(笑)




どう❓



よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ






スポンサーサイト



EL&P『IN THE HOT SEAT』は駄作です・・・か?

傑作ではない(笑)

良作では・・・ない(笑)





つまり駄作??








クマ先生はノォーって言ってます。


でも、まあ冷静に考えても駄作かな。




結局EL&Pに何を望むかなんだろう





キース エマーソンの
超絶キーボードを聴きたいなら
このアルバムは・・・


グレッグ レイクの
優しさを聴きたいなら
このアルバムは・・・


カール パーマーの
前のめりのドラムを聴きたいなら・・・







このアルバムは

少なくとも
キース エマーソンを
聴くアルバムではなく



少なくとも
カール パーマーを
聴くアルバムではなく




グレッグ レイクだろうなぁ(笑)

あとは、キース オルセンを聴く(笑)




4曲目の「ハート・オン・アイス」は
グレッグ レイクとキース オルセンの共作。



グレッグ レイクと
キース エマーソンではないのが
このアルバムを象徴してる








ねっ!



何がねっ!なんだかわからんけど


かなりポップ



だって、

キース エマーソンではなく

キース オルセンだから(爆笑)



何を望んでEL&Pは
キース オルセンにプロデュースを頼んだのだろう❓




それは一つ





売れたかったから❗️❗️



結局

最後のアルバムになりましたね


残念です。




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ







EL&P『EMERSON, LAKE & PALMER』らしいとは?

プログレバンドの
EMERSON, LAKE & PALMER






コピペするのがめんどくさいから
EL&Pにしとこっと(笑)






で、プログレだよね

デビューしてからずっとプログレ








コレってプログレ?






『LUCKY MAN(ラッキーマン)」




アルバムの中にしれぇ~っとあるけど、
間違いなくプログレではない。





少なくとも世間が思うプログレではない

私もこの曲がプログレとは思わない




グレッグ レイクの美声に酔いしれます



単なるフォークか?



昔のバンドは多様性に富んでるね❗️




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





DAVID GILMOUR『ON THE ISLAND』フロイドみたいだけど

やっぱり違う


なんだろうね、この違いは?






優しさと狂気か?



デイブ ギルモアは優しいよね







ギターは変わらないけど、曲そのものはやっぱり違うと思う



だから、デイブ ギルモアのソロは


ドキドキしない

ワクワクしない

ゾクゾクしない



たぶんそんな違い


「ON AN ISLAND」





だから、とってもピンク フロイドらしくて心地よいんだけど、心に響かない。



まったりし過ぎだな。と。



今さらこの人とやれとは言わないが







よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





EMERSON, LAKE & PALMER『LIVE AT THE MAR Y SOL FESTIVAL '72』という初期のライブは勢いあるなぁ

結局、私が一番好きな曲は
「HOEDOWN」なんだなと。


「ホウダウン」って書くと間抜け



あの曲のただならない
スピード感というか、
あせった感じが大好きです



そんな曲で始まるこのライブアルバム






EMERSON, LAKE & PALMER
『LIVE AT THE MAR Y SOL FESTIVAL '72』


ザ マー ワイ ソル フェスティバル?

読めません。

読む気もないけどね(笑)








まだまだ、若いよねぇ。

だからオフィシャルライブの
『レディース アンド ジェントルマン』に
比べたら、全ての曲で速い。


うわぁーーーーーーって感じ

いやいや

うおぉーーーーーーって感じ



どっちでもいいか(笑)




ここまで書いといてなんだけど、

「HOEDOWN」は
youtubeになかったから代わりに

「TARKUS」







この曲も、
いつ聴いても不気味だよね


あのリズムパターンは
どうやって思い付いたんでしょうか?








凄い三人だよな。




この人達がいたから


名前をそのまま付けるバンドが
生まれたんだもんな(笑)


アンダーソン
ブラフォード
ウェイクマン
ハウとか

ベック ボガード&アピスとか

ホール&オーツとか

ますだおかだとか

おぎやはぎとか

天龍源一郎阿修羅原とか

エマーソン レイク&パウエルとか










なんか違う❓



ごめんなさい


天龍源一郎阿修羅原じゃなくて





大熊元司グレート小鹿だよな


スマンスマン(笑)



えっ?


坂口征二ストロング小林の
北米タッグだろって!?




松崎誠さ~ん

イワン コロフさんに

アトミックドロップを差し上げて❗️




よかったよ、
バックドロップされるかと思った(笑)





おい、
エマーソン レイク & パーマーは
どこにいったんだよ(笑)




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ