FC2ブログ

グラハムボネ太郎の部屋

ハードロックとその他どんどん行きます!

Top Page › Category - プログレKーO
2020-07-09 (Thu)

THE MOODY BLUES『SUR LA MER』こりゃAORだな

プログレバンドの生き残り策1980年代における生き残り策間違いなくポップ化それをしなかったのに生き残り出来たのはピンク フロイドだけか?知らんけどね。ザ・ムーディー・ブルースの生き残り策は時代を右から左へと受け流したことムーディー違いでしたm(_ _)mザ・ムーディー・ブルースもポップ化して生き延びましたそれが出来たのはザ・ムーディー・ブルースにメロディのセンスがあったからすみませ~ん、「ザ」と「・」がめ...

… 続きを読む

ハマってました! * by lady hippo
輸入盤屋のお姉さまにそそのかされて、「童夢」をジャケ買いしました。
で、それからしばらくハマりましたねぇ。懐かしいなぁ。


今回取りあげて頂いた曲は初めてです。
売れ線を狙ったとは思いますが、美メロは変わらず。
ベテランのうまさが光ります。
創設メンバーも二人亡くなりましたが、まだ活動を続けているのが凄いですね。





lady hippoさんへ * by グラハムボネ太郎
私も初めて買ったのは童夢です。
いまなら、スケボーとか、スノボとかでオリンピックに出そうなタイトルですなぁ(笑)

No title * by SMO
恥ずかしいことに、このバンドのことを知ったのは、ウイングスを聴いたからでした。

SMOさんへ * by グラハムボネ太郎
ウィングスがカバーしたとかですか?
その結びつきがわかりません(笑)

No title * by マイヤー
ピンクフロイドと言えば、吹けよ風呼べよ嵐

そしてブッチャー、シーク、シンが入場

マイヤーさんへ * by グラハムボネ太郎
おさがり下さい
おさがり下さい
危ないですから
おさがり下さい

Comment-close▲

2018-11-09 (Fri)

KAIPA『INGET NYTT UNDER SOLEN』どマイナーなプログレ

ギタリストが聴いておきたいヘヴィメタルのyomamoyoさんからのリクエストにお答えしてこのバンドを他の人にはなんのことやらのバンドかも(笑)なんてったって北欧イギリスイタリアドイツフランスそんな所のバンドはわかるけど北欧ってね。ちなみにスウェーデンですちなみにTHE FLOWER KINGSのロイネ・ストルトの在籍したバンドプログレってとっつきにくいプログレって複雑でもプログレって叙情的プログレって抒情的私が好きなプロ...

… 続きを読む

ご期待に応えて(笑) * by lady hippo
さっそく聴かせていただきました。
出だしのギターが美しい。
キーボードもプログレしてる!
これはなかなか行けるじゃんと思っていたら、
予想以上にワイルド?なヴォーカルが・・・


スウェーデン語の響きの影響もあるのか?
でも声質とサウンドが微妙にずれているような気がします。
1曲だけで判断してはいけないんだけどね。


lady hippoさんへ * by グラハムボネ太郎
わかります(笑)
たまにあるんですよね、美しいメロディと叙情的なリリシズムに男らしい歌声のバンド。合うか合わないかでいえば合わないんですよね。そう思うとやっぱりジョン アンダーソンは素晴らしいのだと。

ふっふっふ * by Bach Bach
僕も買いましたよ、プログレでは名盤扱いの1枚なので、意外と持ってる人は少なくないんじゃないかと。
僕は売っちゃいましたけど(^^;)。

Bach Bachさんへ * by グラハムボネ太郎
へぇ〜、そうなんですね? 私はたまたま見かけて、なんか魅かれて買ったわけでして、、。
北欧しかも70年代の北欧だから未知の世界ですね。
Bach Bachさんはどうやってこの北欧のプログレバンドを知ったのでしょうか?

たぶん * by Bach Bach
「MARQUEE」という雑誌だったんじゃないかと思います。マーキーは、プログレ界のBurrnみたいな雑誌で、僕のプログレ情報の収集もとはその雑誌がメインでした。今もあるのかな?

まさかのスウェーデン語! * by yomamoyo
リクエストに応えていただきましてありがとうございます。まさかブログの記事にまでしていただけたとは!

もともとはスウェーデン語で歌っていたんですね~。巻き舌ヴォーカルにちょっと驚きました。曲はメロウなのに(笑)。

最近のカイパはテキパキし過ぎだということがよくわかりました(笑)。

ロイネ・ストルトのギターは絶品ですね!
雰囲気が似ているとおっしゃっているキャメルというバンドにも興味がわいてきました。

Bach Bachさんへ * by グラハムボネ太郎
おお! (゚∀゚)! マーキー!
毎号立ち読みしてました! たぶんまだあるんだけど、置いてる店が少ないんですよね(笑) でも少し前に(いつだったか?)また立ち読みしたんで、雑誌としたらまだあるのでは!?
それにしてもマーキーをご存知とは(笑)

yomamoyoさんへ * by グラハムボネ太郎
すぐやる課の課長ですから(笑)
なかなかのメロディなんですけど、やっぱり私は英語がいいなぁって思いますね。ヨーロッパにいろんなプログレバンドがいて、それぞれよいメロディなんですが、フランス語ドイツ語イタリア語だとなんか耳につくんですよね。
それにしてもカイパで会話が繋がるなんて思ってもみなかったです(爆笑)

Comment-close▲

2017-10-02 (Mon)

LOCANDA DELLE FATE『FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIù』妖精っす

ロカンダ・デッレ・ファーテって読むらしいんだけど、ぶっちゃけ私も声に出して読んだことないし、ましてや字で書いたことも無い ;^_^Aでもジャケットの美しさ通りの音が聴けます(笑)LOCANDA DELLE FATEが1977年に発表したアルバム『FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIù』まさに妖精のような、繊細で、シンフォニックで、叙情的で、可憐でもあり、優しく、そして・・・野太い;^_^Aえっ ですよね(笑)野太い ですよね(笑...

… 続きを読む

No title * by wanco.
そう言われて、先入観を持って?聴くと、ボーカルがっ!と思ってしまいます。いや、先入観がなくても、違和感はありますね・・・
なんだろ?フレディ・マーキュリーを意識したんかな?いや~でも透明感がないですよね?
本当、インストのほうがいいかもしれませんね。
それにしても、いろんなバンドをご存知ですね~

wanco.さんへ * by グラハムボネ太郎
自分で言うのもなんだけど、結構幅広く聴くのだよ(笑) なんかに興味が湧いて聴きたくなったら我慢出来ずに買っちゃうからね。
基本はハードロックなんだけどね!

Comment-close▲

2017-05-14 (Sun)

KING CRIMSON『THE COURT OF THE CRIMSON KING』だけはたまに聴く

キング クリムゾンは聴きますか?聴く人は大変だよな~後から後からいろんなパターンのCDが出てくるからさ(笑)何枚か買ったけど未だに持っているのはこれだけです他は私には合わなかったんで❗️ビートルズを蹴落としてチャートNo.1になったとかならなかったとかは、私からしたらどうでもい~んだよね趣味が合うか合わないか残念ながらキング クリムゾンは合わないEL&Pも合うし、イエスも合うし、ジェネシスも合うし、ピ...

… 続きを読む

No title * by akakad
これは1曲目だけですね
私の基本的にそんなに好きではありません
ただBeatが特に好きで次点がDisciplineとThrakattakと凄まじい爆音の公式ブートのEarthboundと90年代オルタナ的音作りのB'Boom: Live in Argentinaはなかなか良かったです

長いのが大丈夫ならLizardは比較的聞きやすいかと

akakadさんへ * by グラハムボネ太郎
そう言えば、ちゃんと聴いてなかったような気がします。キング クリムゾンを。
書いてあったアルバム? 曲?を知りませんです(笑)
akakadさんは色んなのを知ってますね! 凄いです。

No title * by K.A.E.
キング・クリムゾンは結構好き嫌い分かれますよね。私はアルバム単位で好きで特に「DISCIPLINE」と「THRAK」が好きです。

ボネ太郎さんが語ってる通り、同じアルバムでも次から次と色んなモノが出てくるし、ライブ盤もどの時期か分からないモノが多いから聴くのがホントに大変でそれほどハマれません(苦笑)。ハマったら、他のミュージシャンのCD買えないし...

K.A.E.さんへ * by グラハムボネ太郎
K.A.E.さんもクリムゾン聴きますか!
結構許容範囲が広い私なんですが、何故かクリムゾンは聴かずでした。
良いですか?

Comment-close▲

2014-08-02 (Sat)

NEW TROLLS Concerto Grosso Per 1泣けるの巻

夏真っ盛りですが、いかがお過ごしかと今日のオススメの1枚はこちらNEW TROLLSのConcerto Grosso Per 1(コンチェルト グロッソ パー1)コンチェルト・グロッソ(紙ジャケット仕様)(2009/07/03)ニュー・トロルス商品詳細を見るこれが素晴らしいいわゆるプログレの範疇、というよりいわゆるユーロロックストリングスと泣きのギターとボーカルが絶妙Amazonレヴューはこちら泣き、泣き、泣きのオンパレード。私はNEW TROLLSの熱狂的な...

… 続きを読む