プログレUーZの記事 (1/2)

YES『DRAMA』これだけ、ドラマイエス

イエスの中の仲間外れアルバム







それがこの『DRAMA』


アルバムというよりもその編成


ドラマイエスなんて言われて、なんだか別バンドみたいな扱い。






トレヴァー ホーンじゃあかんのか?
ジェフ ダウンズじゃあかんのか?



私は、もちのろんでジョン アンダーソンが好きですし、イエスのボーカルはやっぱりジョン アンダーソンだと思うけどさ!




辞めちゃったんだからさぁ~



んで、このアルバムはやっぱりちょいと雰囲気が違うよね


一曲目の「MACHINE MESSIAH」なんかは、始まった瞬間のヘビーなギターに!?(・_・;?って来るけど、次の瞬間からは複雑なれどポップなイエスワールドへいざなってくれる






歌メロがポップなのは、ジョン時代との違いかもね



なんてったって、バグルスですからメロディの質が違いますよ(笑)



私は、結構好きなアルバムです。


あまり肩肘張らずにこのアルバムを聴くといいけど、そうは言っても実は旧メンバーもバグルス2名に負けないようにかなり戦ってるから、その緊張感が味わえる♪( ´θ`)ノ







スポンサーサイト

UK『DANGER MONEY』です。スケルトンヴァイオリンっす

UKを知ったのはASIA前だったか、ASIA後だったか記憶ありません。


でも、間違いなく覚えているのは「NOTHING TO LOSE」のビデオクリップでした。アルバム『DANGER MONEY』の収録です



Danger MoneyDanger Money
(1990/09/26)
UK

商品詳細を見る



シビれたなぁ、エディ ジョブソンに。





だって、キーボード弾いてたと思ったら、ソロで前に出てきてなんとヴァイオリンを弾くんだから!

しかも、スケルトンって! そんなもの初めて見たよ!



間違いなくこの曲がASIAのプロトタイプだったと思う。ジョン ウェットンのボーカルも完璧にあってるし。


プログレは好きですけど、マニアじゃないんでテクニックとか展開がどうのとかはあまり興味ないし、特にジャス的なものはノー興味なんで、私はUKはセカンドの方が好きですねぇ。ロックだからね


でも、そんな私でも3曲目の「THE ONLY THING SHE NEEDS」のバトルは聴き惚れちゃうけどね


でも、やっぱり「NOTHING TO LOSE」だなぁ。私にとってのUKと言えば





ヴァイオリン最高


ライブバージョンもいいから、近いうちに『NIGHT AFTER NIGHT』も感想書こっと ( ´ ▽ ` )ノ

YES『ULTIMATE REUNION』8人イエスのブートです

今でも思うけど8人イエスってなんだったんでしょうかね





イエスの迷走の頂点がこの時期なのはお釈迦様でなくともお見通しってか


YESとABWHが合体って聞こえはいいけど絶対にダメだろうなって思ったら案の定宍戸錠でした (゚O゚)\(- -;


円形ステージでのライブが評判でしたね。私は見てないですけど


そんな無理やり8人イエスでのライブブートレグです

オーディエンス録音で、ちょっとこもった音が残念っす



プログレのブートレグではお馴染みのHIGHLANDレーベルなんでもっといいかと思ったんですけどねぇ






ジャケットはなかなかいいんですよね、オフィシャルみたい






ここはあえて大好きなトレヴァー ラビン時代のポップサイドの名曲で、私が大好きな「RHYTEM OF LOVE」






だって90125イエスが好きなんだもんね



ABWHよりも8人イエスよりもハウ爺さんのイエスよりもトレヴァーがよかったんです

実は・・・♪( ´▽`)



それは言い過ぎだぞ (゚O゚)\(- -;







YES『THE YES ALBUM』が一番好きですの巻

何と言っても私はこのアルバムが好きです

九州にいるロック馬鹿さんもこのアルバムが好きです

二人して、秋の夜長にはこのアルバムを聴いています





1971年発表の彼等の3rdアルバムにして最高傑作(と、個人的には思っています)



The Yes AlbumThe Yes Album
(2014/04/22)
Yes

商品詳細を見る



何か問題あるとすれば、リック ウェイクマンいないことだけでしょ。私はそれが問題とは思っていませんけど、世間ではそれが問題なのかな••••と


ジェネシスで言えば『TRESPASS』な感じの位置づけですかね


でも後のイエス的なサウンドはここで完成されています。しかも収録曲がまたいいこといいこと


ずっとライブでやり続けてる曲も多いし、何と言っても彼等のライブでエンディングの曲として君臨し続け「STARSHIP TROOPER」がありますよ





私はメンバー云々では聴かないんで前述のリック ウェイクマンがいないだとか、ビル ブラフォードがいるとか、スティーヴ爺さんが参加したとかっていうのはどうでもいい話



いい曲があるかどうか が重要でして、このアルバムはいい曲が多いということで最高傑作認定なんです



秋の夜長アルバム認定ですよね



YES『FLY FROM HERE』はドラマイエスの続編とか

2011年発表のアルバムです。


このアルバムからはとうとう本格的にジョン アンダーソンが脱退しておりました






色々あるけどこの時期になってからはメンバーチェンジなんて最早無いんじゃないか、なんて勝手に思ってましたが最後の最後にジョン アンダーソン脱退という••••。

さすが、メンバーチェンジの天才バンドYESですなぁ(笑)



Fly from HereFly from Here
(2011/07/12)
Yes

商品詳細を見る



しかも、変わったのはボーカルだけでなくなんとキーボードもジェフ ダウンズに。で、プロデューサーがトレバー ホーンとくればドラマ イエスの続編って言われますよね(主題歌も当時の未発表楽曲らしいし)


でも、曲がつまらなかったら話にならないんだけど、これがまた結構いいんじゃないの! 結局はドラマイエスだろうが、ボーカル変わろうが肝はそこにあると


確かに、ジェフ ダウンズのキーボードってクラシカルではないからなんだかあっさりした感じになるけど、それも逆に良かったのだと





飽きずにアルバム通して聴けますよ、実はそれこそがこのアルバムの凄いところ


これ以降のYESは本当にお爺さんバンドになって、勢いすらなくなったから余計にそう思う。


お爺さんバンドでもいいけど、縁側でひなたぼっこしながら聴くような曲はつまんないもん••••