2016年10月の記事 (1/4)

Yngwie J. Malmsteen's Rising Force『ODYSSEY』長いバンド名前

ソウルメイトだったお二人






イングヴェイがジョーの肩に手をかけています。

エラそ~にジョーの肩に手をかけています(笑)

生意気だな、インギー無礼だ



いやいや、インギーでぶ礼だ









当時、私が思ったことはそんなことじゃなくって



「ジョー リン ターナー、ちっちゃ



でした。



あの頃は、イングヴェイがデカすぎ(縦にね)だってことを知らなかったから、ジョーがえらいちっちゃく感じた



なんか、哀しい位にちっちゃい(^_^;)


というお二人がソウルメイトだった時に作ったアルバムが『オデッセイ』







2つの意味で注目されたアルバム


1つは、ソウルメイト(笑)とまで公言してたジョー リン ターナーが加入したってこと。


以前に、グラハム ボネットと一緒にやり、今回はジョー リン ターナーだもん。どんだけリッチーが好きなんだよってね(後に企画モノでディオとも共演って(^_^*))



2つ目は、交通事故で腕を怪我してしまい、早弾きがどうなったか!?ということ







ジョーが加入したことで、ポップセンスがめちゃくちゃ上がったのが、私的には嬉しかった



極め付けの1曲「HEAVEN TONIGHT」はまさにコマーシャルな曲








私は、全くもってOK。

イングヴェイには早弾きを望んでいないから聴きやすくなってよかったよかった




・・・脱退かよ


ケンカ別れかよ





ソウルメイト(笑)



絶対に悪いのはコッチ






今じゃこう







罰です。


イングヴェイ どぇ~す






スポンサーサイト

手賀沼エコマラソン(ハーフ)完走!

疲れたぁぁぁぁ

今、終わった(笑)








1時間39分かな?






記録証がないからよくわからないけど(笑)




走る前は元気(笑)







来週は足利でハーフ
次はつくばでフル
次は佐野でフル

春は東京❗️



頑張るぜ❗️



JANIS JOPLIN『I GOT DEM OL' KOZMIC BLUES AGAIN MAMA!』染みる

ジャニス ジョプリン








『コズミックブルースを唄う』









ジャニスを深く語れるほどのマニアではないので、うわべだけの話ですけど、染みる。心に染みる ヽ(´o`;


魂ですよね、彼女から発せられるのは歌じゃなくって魂。








だから聴くのは絶対に深夜のみ。

昼間に彼女の心の叫びは聴けないっす






アメアイとかで、弾き語り的な女子がジャニスを歌うのは勘弁して欲しいなぁ。


歌いたい気持ちはわかるけど





ウィリー ディクスン「BACK DOOR MAN」バックドア!?

ウィリー ディクスンさん






・・・全く知りません


誰?






じゃ~なんでブログに登場したのか?





バック ドア マンだから(笑)






パリの散歩道さん
地味JAM尊さん
グラハムボネ太郎さん



この三人で結成(ケツ成?)したのが、
後ろ扉挿され隊(;´д`)




してませんけどね❗️





あれから、バックドアとか、後ろとか、そういう単語を聞くと居ても立っても居られない私は、昨日のファストウェイの「BACK DOOR MAN」の動画を検索してたらたまたま(タマタマ?)ヒットしただけ。ただそれだけ(笑)







たまたま「BACK DOOR MAN」を演奏してる動画見かけただけなんだけど、



これがまた、い~んだよね





元々のオリジナルはハウリン ウルフだそうで、かのドアーズもカバーしてた



ドアーズ(笑)





ヤバイ、ヤバイ❗️





シャレだから・・・ね(^_^)



後ろ扉を挿さないでね❗️





FASTWAYの「BACK DOOR MAN」という曲。バックドア!?

バック ドア マン



たまたま、久しぶりにファストウェイの『WAITING FOR THE ROAR』を聴いてました











やっぱりいいアルバムだよな

これでデイブ キングが辞めちゃったのはもったいないなぁ~





なんて思いながら聴いてた




ラストの曲が始まった瞬間




いきなり


「バックドアマン、□@%¥♀・・・」

「バックドアマン、□@%¥♀・・・」






バックドア!?


バック・・・!?





キターーーー
(((o(*゚▽゚*)o)))♡








我々後ろ扉挿され隊の
テーマ曲じゃないですか❗️




後ろ扉挿され隊の事を知らない方は


後ろ扉挿され隊の話をクリックして過去記事を読んでちょ(笑)





つうわけで、特に大した事ないけどタイトルだけ惹かれた「BACK DOOR MAN」





久しぶりにこんなネタだけど、誰かついてくるのか?





最高だった マンハッタンコンビ(初代)オートン&アドニス

ツッコミどころ満載だったのにそれを吹き飛ばしてしまうほどのインパクト


それがマンハッタンコンビ(初代)
・・・(初代)ってのは二代目があるから



で、アドリアン アドニスとカウボーイ ボブ オートンの話








アドニスと





・・・ってか、いきなりオチを出しちゃいましたけど的な (゚O゚)\(- -;


当時はコッチ












の2人です(笑)






いやぁ衝撃的な強さとそのアンバランスな2人の姿と息のぴったりのコンビネーション技(まだツープラトンなんていう表現すら無かった時代)


正直言ってカッコ良い顔では無いし、アドニスなんて言っちゃなんだけどデブ(笑)


でも、タッグチームとしてのコンビネーションや、技の多彩さやかっこよさはグラハムボネ太郎の考えるタッグチーム史上No.1。


鶴龍でも超獣コンビでもウォリアーズでも、ましてや極道コンビでもタッグチームとしては彼等の下の位置付けだと思う
(極道コンビだけは並んでるかな・・・ウソ



ボブ オートンがバックブリーカーに構えてからのそこへのアドニスのトップロープからのエルボーなんて凄すぎ



私の評価は新日本でのアドニス、全日本でのテリー ゴディが当時の新星としては同等。いや、アドニスが上だな


もう一回見たいなぁ~。全日本プロレスファンの私もこの2人は大好きだった


で、ツッコミどころの話

①マンハッタンコンビなのに1人はカウボーイじゃんか

・・・・ってか馬乗っとるやん





②衣装バラバラやん

③アドリアンじゃなくって、本当はエイドリアンやん







でもいいんです(笑)


好きだから


でも彼等の試合がヒットしなかったからアドニス対アンドレっていうこれまた素晴らしい試合を見よっと






でもって、アドニスはオカマレスラーに


ボブ オートンの息子はランディ オートンで現在もWWEのトップレスラーなのはみなさんご存知・・・三代目です






というわけでボブ & ランディ オートン






超似てるんですけど・・・的な(笑)



ちなみに二代目マンハッタンコンビとはアドリアン アドニス&ディック マードック






・・・ってこれまたニューヨーク関係無さすぎやん、マードックって



昭和のプロレス万歳


赤羽のロニーを憶えてますか?

昨日思い出した







この人を思い出した、(笑)



メタル界にこの人ありと言われた方






この優しい眼差しのお方(笑)


NHKの松本和也アナウンサー(当時)です。



たまらんかった



彼がNHK-FMの「今日は一日ハードロック・へヴィメタル三昧」を担当してたのは、もうしばらく前の話









この番組では、彼はこう呼ばれてました



「赤羽のロニー」と



懐かしいなぁ~なんて言う人、多いんじゃないかな



この番組で披露したのが、なんとレインボーの「KILL THE KING」と「LONG LIVE ROCK 'N' ROLL」







これはなんなんでしょうか?


神でしょうか?






もう一回聴きたいなぁ~



「GATES OF BABYLON」「STARGAZER」もあるんでそれは後日ということで(笑)







珍しいもの発見(笑)

ジャーニーのエスケイプツアーの






ツアーパンフだす(笑)







私はコレを欲しがる人を
一人だけ知っています(笑)



DIO『DREAM EVIL』は最後の良いアルバムだなぁ

結局4枚でネタ切れなんですかね?

っていうか、アーチストの才能は枯れるのですか?







1枚目は衝撃のソロデビュー
2枚目は上回るアルバム
3枚目でギリギリ粘るも
4枚目でヤバさ露呈




これはディオだけじゃなくても当てはまる


いや、当てはまらない、何故なら他のヘッポコさん達はみんなもっと前にダメになるから




ということは、4枚もったディオは大したもんなのかな?


4枚







まい



ま~い(片岡鶴太郎)



ま~い(鶴ちゃんのプッツン5)







ですか?






・・・違うな_| ̄|○



つうか、鶴ちゃんのプッツン5って(^_^;)







ディオの話です(笑)





4枚目のアルバム『DREAM EVIL』






「I COULD HAVE BEEN A DREAMER」






この曲なんかはアレンジだったり、テンポだったり、ちょっとしたメロディをいじれば名曲かも


・・・なんだけど、結局は駄作だな



中途半端だよ


となると、曲を書いてたのはヴィヴィアンなのか


誰なんだ


2作目までを傑作にしたのは



絶対にロニーじゃないな


かと言って、赤羽のロニーでもないし






もう一回聴きたいな、赤羽のロニー





NHK松本アナ


凄かった



TNT『INTUITION 』ヤバい、ヤバすぎる

完璧です


以上


さよならぁ~







いろんなアルバムあるけど、これは文句無し






何度聴いたか! 何度聴いたか!


透明な北欧の音だけど力強く
ポップだけどちょっぴりひねりあり
ハイトーンだけど細くない


そして



最高なのに35分しかない







奇跡は数あれど、GReeeeNよりもキセキだと(笑)


捨て曲ないから一番を決めるのはとても迷う



だから今日はコレ「TAKE ME DOWN (FALLEN ANGEL)」





たぶん明日は違う曲(笑)


その位どの曲も捨てられないのだよ。




もし、聴いたこと無いなら、、、ポップだからと敬遠してるのなら、


絶対にアルバムを買って通して聴きましょう



敬遠しちゃダメだよ、敬遠しても新庄ならバット振るよ



なんのこっちゃ(; ̄O ̄)