2016年12月の記事 (1/4)

LIZZY BORDEN『MASTER OF DISGUISE』って名盤かいな?

つうか、いいんでしょうか?



2016年、年末の31日にリジー ボーデンで!?



世間の人はレディー ボーデンのアイスを食べてるはずのおめでたい日に、こっちはリジー ボーデンで♪(´ε` )







ですよ!?



今ならこんなんですよ!?






ダメでしょ(笑)


絶対にダメ(爆笑)






でも、LIZZY BORDEN『MASTER OF DISGUISE』って名盤かいな?


なんて、思っちゃったんで仕方なく(笑)







なんだかんだあって、ソロアーティストとして再出発したリジー ボーデン。


その辺の下りは、
アリス クーパーがアリス クーパーっていうバンドの
リードボーカリストでしたが、
バンド解散してソロアーティストとして
アリス クーパーをやってるのと同じ(^O^☆♪



で、実は腕利きだったメンバーと別れて
作ったのがこのアルバムでして、
いわゆるコンセプトアルバムです。



やっぱり目指すところは
前述のアリス クーパーの
『WELCOME TO MY NIGHTMARE』なんだろう





まあまあ、というか微妙な出来(笑)



パートパートはいいんだけど、
サビが弱かったり、
歌メロがもう少しだったり、
もっと言っちゃうと、
リジー ボーデンのボーカルが表現力が
可哀想くらいに足りない



ハイトーンで凄いけど、抑揚なし´д` ;



「SINS OF THE FLESH」という曲も、
なかなかいいんだけど、もう少し







なんか、惜しくないですかね?


他の曲もこういう感じ、
伝えるのが本当に難しいんだけで、
こういう感じで残念





だから、このアルバムが
25周年アニバーサリーと言われても
買いなおさなかった(; ̄O ̄)



でも普通にいいよ!



まだ、ブックオフにも
ディスク ユニオンにも売っぱらってないしね


( ;´Д`)・・・ただ、惜しい






言いたいのは



リジー ボーデンはこうじゃなく





こうでしょ!









よいお年を( ^_^)/~~~



スポンサーサイト

ASIA『LIVE ON AIR』はジョン ペイン時代の半ブートだぜ!

返す返すも可哀想なジョン ペイン






どの位可哀想かと言うと、


「ジョン ペインって誰?」



っていうくらい可哀想(; ̄O ̄)



エイジアをずっと支えて、
エイジアをずっと続けてきたのに




ポイされてしまった








しまった(; ̄O ̄)



これは、グラビア界の黒船の方のポイでした_| ̄|○




言いたいのは、エイジアの話



私は、ジョン ペインになってからもエイジアは大好きだったタイプ。


GPSまでもちゃんと買ってます



というわけで、彼らの半オフィシャルなライブアルバムから


「DAYS LIKE THESE」






残念なのは、ジョン ペイン時代はオフィシャルブートみたいなのを連発してしまって、なんだか安物アーティストの扱いになったことだな(;^_^A



良いことは、バンド末期(このライブの頃だね)に、クリス スレイドがドラムを叩いていること






そんな喜び方してるのは、私だけ?









どぉ~でもいいですよ( ´ ▽ ` )ノ


PAT BOONE『メタル馬鹿一代』でメタリカ編

なんだか久しぶりにハマっております





に(笑)



違った コッチだ(笑)







そうです。パット ブーンです。
メタル馬鹿一代です






だって、やっぱりアレンジが絶妙で聴いててとても楽しいのだから



今回はメタリカです






「ENTER SANDMAN」のカバーです








歌い方は、全然メタルじゃないんだけどなんだか自然に頭を振ってしまう



原曲の良さを全く壊さないどころか、より良くしちゃってると言ったら言い過ぎだけどさ( ´ ▽ ` )ノ



でも、前にも書いたけどこの後にパット ブーンの良識派の方々から「悪魔に魂を売った」と言われ総スカン(; ̄O ̄)



可哀想だから、せめて我々メタルファンだけでも聴いてあげましょう(笑)







・・・つうか、そもそもメタルファンしか聴かないってか





GARY MOORE『RUN FOR COVER』でしょ!

でしょ! ってなんだ!?(・_・;?







伊藤政則曰く、「また御大の悪いクセが出た」と言うムラのあるアルバム『RUN FOR COVER』


で、でしょって言ったら、私的には実はグレン ヒューズなんだけど


世間的に言ったらフィル ライノット!







グレン ヒューズの超絶ボーカルについては後にブログったりすることにして、今日はキノコ頭さん





もう一曲の方はかなり有名だけど、私はコッチも好きなんで



「MILITARY MAN」です






フィル ライノットの良さはコッチの方が出てるような気もする



もう一曲は「OUT IN THE FIELD」



ちなみに、私はとっくに売っぱらいましたが、2枚のシングルを組み合わせるタイプのピクチャーレコードがありました













になりました(笑)



私としては、評価の高い次のアルバム『WILD FRONTIER』よりもこのアルバムの方が好きっす( ´ ▽ ` )ノ







STATUS QUO『THIRSTY WORK』渇いた感じのブキー

ブギウギではなく、ブギー


ブギウギって言っちゃうと、それはもう笠置チヅ子となってしまうんで、やっぱりブギー♪( ´θ`)ノ



ただ、一口にブギーって言ってもイギリスのステイタス クオーのブギーとアメリカはテキサスのZZ TOPのブギーでは似て非なるものとも言える(笑)




STATUS QUO『THIRSTY WORK』を聴きますけど、何度も言ってる感じだけど、前のアルバムとも後のアルバムともそんなぬ違いはない(爆笑)






いつものブギー。

明るいブギー。

王室御用達のブギー。






で、「CONFIDENCE」だな







どれも似たような感じですけど、ちょっと明るめの曲が好きなんです。



明るめの曲も・・・だな(;^_^A



ハマると抜け出せないステイタス クオーですからご用心あれ(*☻-☻*)


MANOWAR『WARRIORS OF THE WORLD』はオペラかいな?

びっくりしましたよ!


まあ、マノウォーには、度々びっくりさせられてましたけどね(笑)



このアルバムでのびっくりとは、






オペラを歌ってること((((;゚Д゚)))))))



おいおい!?



最近では、この曲をアイススケートの番組でよく聴くようになってたから余計にびっくり((((;゚Д゚)))))))






が、オペラですからね~



でも、これが凄い!


私はホンモノのオペラを聴いたことがないから比較は出来ないけども、ロックボーカリストが歌うオペラのレベルじゃないのは、私でもわかる(笑)




NESSUN DORMA(誰も寝てはならぬ)








最後のジャーーーンで、なんだか泣けてくる



エリック アダムスが彼のお母さんに捧げた曲らしい



このアルバムはメタルソングの出来も素晴らしいから、最高傑作の呼び声も高いです





マノウォーぉぉぉぉ(((o(*゚▽゚*)o)))




AC/DC『BLOW UP YOUR VIDEO』は脱MTVでラジオだぜ!

呼ばれて





飛び出て







ジャジャジャーン



って、なんなんだ?


変なロケットみたいなのは



私は大好きなんだが、あまり評判の良くない『征服者』と『フライ オン ザ ウォール』でチャート的には苦戦してたAC/DCでしたが、若手バンドからのリスペクトという後押しもあって、このアルバムはちょっとだけチャート入りしたシングルが出ましたね



『BLOW UP YOUR VIDEO』というアルバム






テレビから出てきたアンガスさん


私からすれば、『フライ オン ザ ウォール』との違いはシングル曲のテンポだけな気がするけどね~









そんな中で、異色なのが「TWO'S UP」という曲。


実は、このアルバムの中での異色というよりもAC/DC全体の曲の中でもかなり異色




AC/DCに無いはずの哀愁があるんです








なんか、哀愁・・・



こういうのって、先にも後にもありませんねん



だから私は引き込まれます



元々哀愁好きだし



本当のレベルで突き抜ける人気を博すのは次のアルバムです(笑)


KROKUS『STAMPEDE』はボーカル誰?

クロークスで、ボーカリストが違う時代があるって知ってましたか


知らんですよね(笑)



そもそもクロークスをよく知らんですよね~(爆笑)







仕方ないからクロークス私設応援団の私が、ドマイナーなアルバムを紹介するわけだが、







私もそういうことはよく知らん(爆笑)



だから、さっき出したメンバー写真がこの時代のかなんかがよくわからん




ハハハ(;^_^A


どうせ、興味ないからいいっしょ(笑)





一応そのアルバムとは『STAMPEDE』ですけど、お呼びでない感じ。






自分のブログなのに、なんだかとってもアウェー






でもクロークスは、一度は聴いた方がいいですよ



縦ノリなAC/DCタイプが好きならなおさらです(笑)


AC/DCよりも疾走してます


スイスのバンドとして道を切り開き、だから、ゴットハードなんかが産まれたと



80年代のアルバムはジューダス プリーストのプロデューサーのトム アロムがプロデュースしてたから、AC/DCプラスジューダス プリーストって感じ



でも、今日のアルバムは1990年だからね


二曲目の「ELECTRIC MAN」がお気に入りです(笑)







私って、曲の途中だったりオープニングでベースとドラムだけになるパートが好きなんです。



その次に入るギターに対してとてもワクワクするから



で、自然に身体を揺らしてしまう



走る時に聴くといいのもクロークスの特徴かな。



つうか、クロークス?
つうか、クローカス?
つうか、クロッカス?



スイス人たちは、どう呼んでいるのだろうか



ドクターキャッポーを知ってるか!?

なんか、集中力に欠けるなぁ~なんて思ったあなたはどうしますか?


滝に打たれますか?




私はコレを使います!





(笑)


私的昭和の胡散臭い大賞に輝く、その名こそ「ドクターキャッポー」







昭和の中坊なあなたは必ず見たことあると思う。


ただし、実物じゃなくってコッチを









私も実物は見たことありません(笑)



だって、胡散臭いから買うわけないじゃないですか!?






こんなん買うヤツいたんでしょうか?



っていうか、そもそも集中力はアップするんでしょうか?




使ったことある人がいたら効果を教えて欲しいです




・・・教えなくていいです、そんなに興味ありませんから(;^_^A



っていうか、買った人はいないだろうな




なんかyoutubeに動画あった(笑)






どうでもいいネタでした。



こんなどうでもいいネタを話すなんて、やっぱり最近集中力に欠けてるのかなぁ?



どうしよう?




(((o(*゚▽゚*)o)))




ドクターキャッポーがあるじゃないか!









ハハハ(^_^)☆




L.A.ガンズから脱退してL.A.ガンズに加入!?

こうなると
その辺のお笑いよりも面白い






少なくとも
最近のキングオブコントよりかは、

少なくとも
最近のR1グランプリよりかは、



絶対に面白い(笑)




もう一度言いますよ



L.A.ガンズから脱退して
L.A.ガンズに加入!






ちなみに脱退して加入したのはこの人









フィル・ルイスが、自身が率いたL.A.ガンズから脱退、トレイシー・ガンズとのプロジェクト“L.A.ガンズ”のアルバムは予定通り発表へ








こうなる(笑)



もう、何が何だか
わかりませぇ~~ん❗️❗️




大人の世界は色々とあるなぁ(笑)



ちなみにこの人は呼ばれてない






トレイシー・ガンズは
この人(スティーブ ライリー)とは
死んでも一緒にやらないってさ



だからこの人は








こっちの再結成を模索してるみたい



いがみ合ってても、
先立つ物がなければ
生きていけないのね





ただ、ブラッキーは
嫌われてるからなぁ~(笑)



でも、みんな大人だから
やるだろう(笑)







よりも、








こっちに期待する
グラハムボネ太郎でした