FC2ブログ

2020年07月の記事 (1/4)

「LET'S STICK TOGETHER」BRYAN FERRY編

「LET'S WORK TOGETHER」その3
BRYAN FERRY編


ブライアン フェリーは
ワークではなくスティックと歌う






こういうアレンジってかっこいいよね

ロックなんだけど
とてもアダルトな仕上がりです。







って言うか、ダンディー(笑)





元々ダンディーといえば
ブライアン フェリーでした。

最近では坂野ですけどね

・・・って、最近じゃなぁぁぁぁい!






私がこの曲(「LET'S WORK TOGETHER」的な曲)を聴いたのは

ブライアン フェリーが初でした。





話は変わるけど

ロキシー ミュージックを
真剣に聴いてみよっかな


思えばちゃんと聴いていない。

別にいいけどね



そんな訳で(訳なんてないけど)

続く・・・

よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーサイト



「LET'S WORK TOGETHER」CANNED HEAT編

「LET'S WORK TOGETHER」その2
CANNED HEAT編



CANNED HEATですよ


ブルースであり
ロックである


このブログでは初登場かな?





ちなみに
CANNED HEATを知ってますか?





ちなみに
CANNED HEATを知ってますか?





ちなみに
CANNED HEATを知ってますか?







なんて言いながら
シングルジャケットを3種類


私はベストと『HALLELUJAH』
しか持っていませんが
お気に入りバンドの一つ。



youtubeで色々聴いている時に
CANNED HEATに出会うと

必ず何曲か聴いてしまう(笑)

そういうファン(爆笑)








昨日のステイタス クオーに比べて
やっぱりアメリカ的なスケール感がある



名前も知らないけど

男らしいバンドで
男らしいボーカル



こういうバンドは
ドライブの時に聴くとサイコー❗️




そんな訳で(訳なんてないけど)

続く・・・

よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村

「LET'S WORK TOGETHER」STATUS QUO編『ROCK 'TIL YOU DROP』

「LET'S WORK TOGETHER」

そんな曲があります

元曲はブルースだったはず



とてもいい曲だから
いろんなバンドがカバーをしています






今回の主役である
ステイタス クオーは

『ROCK 'TIL YOU DROP』で
この曲を収録しています。







私はスティタス クオーが
好きなんだよな


イギリスというよりは
スコットランド民謡なんだな、
このバンドは。


ブギーです。

ブギウギではなくブギー❗️




そんなわけで
今回はオリジナル曲ではなく

「LET'S WORK TOGETHER」






曲としては単純なんだけど

イントロからAメロからノリがよい。



ステイタス クオーは
二枚のカバーアルバムを出してるけど

それとは別に
この曲を演ってるということは
よっぽどお気に入りなんだなと思う



そんな訳で(訳なんてないけど)

続く・・・

よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村

ジャンボ鶴田の痙攣ピクピク芸

数あるジャンボ鶴田の得意技









バックドロップでしょ!


ハイハイ、素人さん


両足ピタリのジャーマンでしょ!


ハイハイ、通ぶった人


「おー!」だ!


おっと、近づいてきましたよ(笑)


相手をロープに振って、
ショルダースルーをやろうとして
キックされる技!


いいねぇ、いいねぇ(笑)

そうでなくっちゃね





全部正解ですけど
今回はリング上に倒れてピクピクです。


キングコングニーを喰らうと
100%飛び出す必殺技です。






これが出る時の鶴田は
間違いなく冷静な時ですよね(爆笑)



他にも


相手のエルボー的な技を喰らった後の

平手でこめかみトントンも正解とします。




相手をコーナーに降り、
そこに突進するけどかわされて
コーナー激突は不正解です。


他の人もやってますからね(笑)

よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村

RICK DERRINGER『DERRINGER LIVE』イコールROCKそのもの

こういうライブアルバムって、
実は70年代にはたくさんあった(笑)


こういうってのは、
ロックの名盤たるライブアルバムのこと。



◻︎TED NUGENT『DOBBLE LIVE GONZO』
◻︎ROBIN TROWER『LIVE』
◻︎PAT TRAVERS 『LIVE!GO FOR WHAT YOU KNOW』
◻︎FRANK MARINO & MAHOGANY RUSH『LIVE』



メジャーじゃないけど、絶対に聴かなきゃいけないアルバム達。



まだまだあるけど、ね♪( ´θ`)ノ

ATLANTA RHYTHM SECTION『ARE YOU READY』とかね(笑)



そんなわけで、そこそこは日の当たってはいるけど、今となっては忘れされようとしている悲しいアルバムにスポットライトの巻です





これです






この死ぬほどかっちょいいアルバムジャケットのリック デリンジャーの『ライブ』です



リック デリンジャーのというのは実は正確じゃなくって、本当はデリンジャーの『ライブ』です



何が違うかというと、これはリック デリンジャーのソロではなく、れっきとしたバンドなんです。


(まあ、結局はソロみたいなもんだけどね・・・)






ジョニー & エドガーの冬兄弟のサポートを終えて、ソロになった。けど、時代がだんだんハードロックになってきたからこりゃ一丁俺もハードロックしちゃいますか




なんて感じで、天才リック君が選んだメンバーがスゲーんです


まずはケニー・アーロンソン(b)
なんと後にサミー・ヘイガー、ニール・ショーン、マイケル・シュリーヴと組んだHSASの一員になる人です。あのバンドで場違いなリーゼントとグラサンかけてた人です(笑)



そして、ヴィニー・アピス(ds)
ご存知、カーマインの弟にして、後にディオに入る彼です。頭の横、後ろにバスドラを一周させたドラムセットの彼です(笑)



そして、ダニー・ジョンソン(vo,g)


ななんとなんと、後にイングヴェイ・マルムスティーン、スティーヴ・ヴァイの跡を継いでアルカトラスの3代目ギタリストになる彼です。

・・・えっ この人だけ知らないって



そんなぁ~、アルカトラスのサードアルバムで「おはよう東京」のギターを弾いた彼ですよ





( ´Д`)y━・~~知らないか・・・






という、鉄壁のメンバーを揃えてアルバム出して、その後のツアーを録音したライブアルバムですけど、これがまた前述の名ライブアルバムに匹敵したり、凌駕したり、しなかったりの最高のアメリカンハードロックなんです( ´ ▽ ` )ノ



こういうのを聴いて、なんだかなぁ~って感じる人は70年代のアメリカンハードロックはダメかもという位に誰が聴いてもかっこいいと




一曲目の「LET ME IN」から全開ぶっ飛ばし









当時のロックの人気ってすごいですよね

なおかつ、こういうスタジアムでやったライブの白黒写真ってマジで最高だ



今のロックが偽物だなんて、マノウォーみたいなことは言わないけども、やっぱりこの時代のロックはホンモノだよ



絶対にね*\(^o^)/*


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村

「KISS ME RED」という曲が好きなんだよな


「KISS ME RED」という曲が
好きなんだよな


なんて言ってもなんのことか
わからないだろう。


誰の曲かも知らないだろう。



私が一番初めに聴いたのは
チープ トリックのアルバム
『THE DOCTOR』






次に聴いたのが

というよりも

私的にちゃんと曲を聴いたのが

ELOパート2





この時にビビッと来たんですよ!



この哀愁具合
俗に言う
「初めて聴いたのに懐かしい感じ」



夜に聴く哀愁ではなく
夏の終わりにフッと聴きたくなる



で、聴いてみた。

夏の終わりじゃないけど

聴いてみた(笑)


たまたまCDが手元になかったから
youtubeさんのお世話になりました。




・・・そしたら、発見したんです。

発見と再発見。


発見がコレ



ドリームス




この時まで
この曲がカバーだなんて
全く知らなかったです。



ドリームスという企画バンド?
アメリカのテレビシリーズのサントラ?






いいじゃん、いいじゃん


80年代真っ只中なんて
そういうサウンドだし、
そういうアレンジだけど

いいじゃん、いいじゃん❗️❗️

哀愁あるじゃんかじゃんかじゃんか❗️




で、その類似として出てたのが
チープ トリック。


『THE DOCTOR』を聴いた時には
この曲があったことすら
頭に残っていなかったよ。






ロビン ザンダーの歌声が
この曲のちょっぴり切ないとこに
めちゃくちゃヨッちゃんしている




違う



めちゃくちゃトシちゃんしている



違う、なんかしっくりこない



めちゃくちゃマッチしている❗️


マッチしている(笑)







で、ELOパート2は
以前、アルバムバージョンをアップ
していますから

↓(時間があったら読んでちょ)

Electric Light Orchestra Part TwoといってもバンドのPART2の方


ライブバージョンです







いい曲って、受け継がれるんだなぁ


そんなことを思う。


私は、ちょっぴり切ない系の曲に弱い。


もし、この曲がいいなぁ~って思ったら
是非是非チープ トリックと
ELOパート2もよろしく頼みます!


特にELOパート2を
お願いしまぁぁぁぁす




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ






ZZ TOP『TOP FOR TEXAS』なかなか無いよZZ TOP

何が無いって、ブートが無い。

全盛期の
『イリミネイター』と
『アフターバーナー』の時代


この時代のブートが無い。

もちろんサウンドボードは無い
(少なくとも私は知らない)

しかも

オーディエンス録音も少ない

とっっっっっっっっっても少ない



そんな中で見つけたこのアルバム






タイトルもズバリ
『TOP FOR TEXAS』


キターーーーーーー(≧∇≦)



地元テキサスでのライブだぁ❗️









んん?

んん?




裏ジャケット見ると

・・・こう書いてある



RECORDED LIVE AT EISSPORTHALLE
BERLIN OCT 25TH 1983


んん?

ベルリン?

ドイツ?




(//∇//)


テキサスじゃないやんけ(//∇//)






やるなぁ、ZZ TOP





って、ZZ TOPが騙したわけでは
ないんだけどね(笑)



音圧が少しばかり低いけど
十分に聴けるレベルのブートです。

もし見つけたら買いましょう


見つからないと思うけどね







あの武道館は
盛り上がったなぁ、ガイジンが多くて(笑)



いい思い出です


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村

UFO『TOO HOT TO HANDLE-THE VERY BEST OF UFO』

お得ですよ

このシリーズはお得ですよ

パッと見は適当な作りのいかさまな
ベストCDに見えるけど

かなりちゃんと選曲してるんだよね(笑)



私はこのシリーズは
モット ザ フープル
シカゴ
UFO
を持っております

全てがオフィシャルのベストより
良いときたもんだ(笑)




今回はUFOです。






そりゃ人によっては
「なんでこの曲はライブなの?」
「なんであの曲が入ってない?」
「なんでかフラメンコ?」

とか、色々と言いたいことはある


けど、千円だもん(笑)


絶対にお値段以上です。




私は80年代の
ポール チャップマン時代も
好きなんで

マイケル時代に偏らない選曲は
非常に嬉しいですね。



いろんなバンドがこのシリーズで
発売されてるから

どのベストがいいかなぁと
お悩みのロック初心者の方は
このシリーズを買うと良いです

ディスク: 1
Doctor Doctor (live)
Only You Can Rock (7" single edit)
Let It Roll
Shoot Shoot (live)
Too Hot To Handle
Young Blood
Lonely Heart
Let It Rain
When It's Time To Rock
Rock Bottom
Oh My
Crystal Light
Love Lost Love
Natural Thing
I'm A Loser
Can You Roll Her
Just Another Suicide
Night Run
Space Child

ディスク: 2
Hot N Ready
Back Into My Life
Gettin' Ready
Pack It Up (And Go)
Love To Love
Ain't No Baby
Lettin' Go
This Fire Burns Tonight
Gone In The Night
Chains Chains
Long Gone
The Wild, The Willing & The Innocent
It's Killing Me
The Writer
Doing It All For You
This Time
Lookin' Out For No 1
High Flyer



「High Flyer」





ただ、問題は

ロック初心者の方は
このブログを見ていないということ。



もう一つの問題は
「なんでかフラメンコ」のボケが
スベってるであろうこと。


堺すすむ師匠に申し訳ないです




オレオレオレ、あんた誰、オレ!





なんでかフラメン~コ、オレ!

よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村

ELVIS COSTELLO「SHE」ヤバすぎるよ、泣ける

エルヴィス コステロさん。






そういえばいつの間にか日本でも

エルビス コステロではなく
エルヴィス コステロと書くようになった



ELVIS→エルヴィス




でも、統一されないのがDAVIDですね


DAVID→デビット
DAVID→デビッド
DAVID→デヴィット
DAVID→デヴィッド
DAVID→ディヴィット
DAVID→ディヴィッド
DAVID→デイビット
DAVID→デイビッド
DAVID→デイヴィット
DAVID→デイヴィッド



どうしたらよい?




DAVID LEE ROTHは?
DAVID BOWIEは?
DAVID GILMOURは?
DAVID COVERDALEは?
DAVIDは?


ちなみに最後のDAVIDは


・・・ダビデ像です(笑)

新しい読み方を知りましたね!

毎度毎度タメになるブログですね(笑)







そんなDAVIDの話・・・





あれ?
ELVISだったっけ?





映画より先にコレを見ました






その後に映画を観ましたよ







いい映画だなぁ~って思いました



でも、もしかしたら
大したことない映画かもって
思ったりもします


この曲が名曲過ぎて

この曲が流れれば、よい映画だと
思ってしまうのかもしれないと。


ジュリア ロバーツは猿みたいだし

って、ファンの方がいたらメンゴメンゴ

猿は言い過ぎました(笑)





その位素晴らしい曲だと言いたいだけ


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村

ACCEPT『KAIZOKU-BAN: LIVE IN JAPAN』海賊盤(笑)

『STAYING A LIFE』が大阪公演なら

『KAIZOKU-BAN』は名古屋で

『ばってん荒川』は九州です。








オリジナルジャケットは











間違えた!


オリジナルジャケットは








しばらく経ってCD時代になって
海外での再発盤







日本盤の勝ち!


アクセプト

受け入れる

受容れる



というジャケットはまさに日本的!




大阪公演の『STAYING A LIFE』も
生々しかったけど

名古屋公演の『KAIZOKU-BAN』は
オーバーダビング無しって



いいライブアルバムだよね

アクセプトの絶頂期の勢いが
そのまま閉じ込められている!





一曲聴きますか!

SFALBっす

「SCREAMING FOR A LOVE-BITE」






初めてこの曲を聴いた時は
そのキャッチーさにびっくりした

でも、すぐにお気に入り

というよりも

びっくりしただけで、

即お気に入りでした。




ウド ダークシュナイダー!

かっこ良さと
かっこ悪さが同居してる名前。


私は普通のメタルが大好きなんです!



私はばってん荒川も好きです!





まだ我が日本に
コメディアンがいた時代です


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





PVアクセスランキング にほんブログ村