BANGALORE CHOIR『ON TARGET』は名盤だから聴いた方がいいよの巻

どの時代でもどの世界でも悪役っているもんです


ディビッド リースさんもその一人


ディビッド リース?


ディビッド リー ロスじゃないの?




違います


ディビッド リースで合ってます





やっぱりディビッド リー ロスじゃん(笑)


違います、ディビッド リースです(笑)






いいか、このくだりは



私が、っていうか皆さんもディビッド リースを知ったのはアクセプトのボーカルの時ですよね



アクセプトがアメリカで売れたくって、まさかのウド解雇


そして、アメリカ人シンガーのディビッド リースが加入





ボロクソ言われて、結局アクセプト解散;^_^A


私はこのアルバム好きでしたよ。つうか、大好きなアルバム



ということで、傷心のディビッド リースが組んだのがバンガローで大合唱。





1992年のことです。


『ON TARGET』というメロディアスハードロックの傑作



アクセプト時代とはうって変わってとても心地よい大らかなアメリカンハードロックてす(笑)


だけど、私以外のほとんどの人がアクセプトを解散に追いやった永久戦犯扱いしてたから全然売れず_| ̄|○


今からでも遅くないよぉ~


1曲目の「ANGEL IN BLACK」からメロディアスハードロックが続くよ







それにしても、名前だけでなく顔も声もディビッド リー ロスに似てるっていうのはスゲーよ



ちなみに、20年後にアルバムが再発されたから時は何故か、アルバムジャケットからお姉ちゃんがいなくなってました






私はディビッド リースが好きだからバンガロー クワイアの次のアルバムも持ってます







スポンサーサイト

コメント

きゃい~ん!?
ダークシュナイダー氏の後任は
鈴木氏が適任だったんだよね~?
天野く~ん!!
robokeiさんへ
で、その後のウドは
日本でコンサートの招聘会社を設立したらしいですよ!
それに飽き足らず、香川県をウド県と名付けた

管理者のみに表示

トラックバック