Yngwie J. Malmsteen's Rising Force『ODYSSEY』長いバンド名前

ソウルメイトだったお二人






イングヴェイがジョーの肩に手をかけています。

エラそ~にジョーの肩に手をかけています(笑)

生意気だな、インギー無礼だ



いやいや、インギーでぶ礼だ









当時、私が思ったことはそんなことじゃなくって



「ジョー リン ターナー、ちっちゃ



でした。



あの頃は、イングヴェイがデカすぎ(縦にね)だってことを知らなかったから、ジョーがえらいちっちゃく感じた



なんか、哀しい位にちっちゃい(^_^;)


というお二人がソウルメイトだった時に作ったアルバムが『オデッセイ』







2つの意味で注目されたアルバム


1つは、ソウルメイト(笑)とまで公言してたジョー リン ターナーが加入したってこと。


以前に、グラハム ボネットと一緒にやり、今回はジョー リン ターナーだもん。どんだけリッチーが好きなんだよってね(後に企画モノでディオとも共演って(^_^*))



2つ目は、交通事故で腕を怪我してしまい、早弾きがどうなったか!?ということ







ジョーが加入したことで、ポップセンスがめちゃくちゃ上がったのが、私的には嬉しかった



極め付けの1曲「HEAVEN TONIGHT」はまさにコマーシャルな曲








私は、全くもってOK。

イングヴェイには早弾きを望んでいないから聴きやすくなってよかったよかった




・・・脱退かよ


ケンカ別れかよ





ソウルメイト(笑)



絶対に悪いのはコッチ






今じゃこう







罰です。


イングヴェイ どぇ~す






スポンサーサイト

コメント

No title
キター!ヘブントゥナイト!
大好物でございます!

むしろヘブントゥナイトしか・・・

おや?
こんな時間に誰かきたようです
どなどなさまーさんへ
むしろの方に賛成です。私もこの曲しかとは言わないけど、大好き。
つうか、夜中の2時過ぎに誰が来るのか?
イングヴェイはこの次まで。
ジョーも一人じゃ~ね(^^;
このアルバムでも充分目立っているイングヴェイですが、良く聴きましたよ♪
次のマジソンのヤツとの時は観に行った程ハマったもの。。

ボネ太郎さんはアスリートなんでデブ批判もありですが
アクセル批判含めデブがデブ批判するパターンもありそう(笑)
ジミーさんへ
イングヴェイのぽっちゃりネタは封印しようかと思っていますねん。
あのキャラなのに、自分に甘い体型だから笑っちゃうんですけどね(笑)
私のイングヴェイはこのアルバムまで。というか、いいと思った始まりが前作だから二作だけですね。
No title
こんばんは~。
若い時は綺麗だったのに・・・。
妄想しぇり子さんへ
色白だからなぁ〜、貴族は!
太郎さん、まいど
インギーは、リッチー好きなので、リッチーと共にしたメンバーとプレイすることがあこがれなんだよ。困ったやつだよ。しかし、ジョーリンターナー様のヅラはじつに精巧でおしゃれな品でありますこと。
パリの散歩道さんへ
ジョーリンさんの顔もお好みなんですか?
端正な顔だちではありますね(笑)
イングヴェイはディオとも演ったし、イアン ギランとも演ったのかな? それともイアン ギラン嫌いもリッチーの真似をしたのかな?
コメさせて頂きます。
初めまして,HR/HM好き&プロレス好きという素晴らしい感性をお持ちの方ですね。
うちはイングヴェイはこれ以降も好きですが,本作は異質ですね。ジョーリンが創作面でもイングヴェイに遠慮せずに意見したのでしょうね。
ヘヴントゥナイトは正にジョーリンの曲という感じで。イングヴェイ曰く,「あの曲はゲイだよ。」だそうです。
ダイエティシャンさんへ
初めまして!
ようこそお越しくださいました(笑)
私がこのアルバムを好きなのは、ジョーリンさんの歌というよりも、歌メロだとら思います。だからイングヴェイの他のアルバムが好きになれないのかもです。
ダイエティシャンさんも、ハードロックだけでなくプロレスも好きなんですね。また遊びに来て下さいね、このへっぽこブログに(笑)
うーん、丸豚とな? うーん
丸豚、聞き捨てならぬ言葉ですな。
そう言えば、前にAlcatrazzのベストを聞いていて、漠然と感じた。
All Night Long憧れのリッチーの曲が弾けて、Yngwieも幸せ者だなーっと。

そして、なによりGrahamのシャウトがまた凄い、声高いし、見た感じそんなに声高くなさそうなのに。
ロブ・マニアさんへ
もう丸豚なんて、言わないようにしてますよぉ
近い表現はしちゃいましたけど(笑)
グラハムの超絶ボーカルはやっぱりアルカトラス時代が一番好きです!

管理者のみに表示

トラックバック