MOUNTAIN『FLOWERS OF EVIL』でまた泣こうかな

悪の華って・・・






二面性があるバンド、マウンテンです





レズリー・ウエストのヘビーなギターとフェリックス・パパラルディのメロディアスな楽曲。


私は、少数派だろうけどフェリックス・パパラルディのメロディアスな楽曲の方が魅力を感じる



要するに泣きのメロディが好きなんですね



よくクリームと比較だったり、継承するバンドだったりとされていますけど、私はクリームは特に興味がないんでその辺はよくわからない



クリームといえばくりぃむしちゅーって言っちゃう位にクリームのことを知らない人


だから私は、「ミシシッピ クィーン」みたいな曲じゃなく、ピアノの少曲が好きなんじゃーーーー



なんで、急に叫んだかはよくわかりません(笑)


というわけで、このアルバムもいわゆるB面のライブの評判が高いんだけど、私が一番好きなのはA面2曲目のピアノインスト「KING'S CHORALE」






こんなんが好きなマウンテンのファンの方は私以外にもいるんでしょうか



私はこういう曲を寒い夜に聴きたいタイプ


スポンサーサイト

コメント

No title
よっ!哀愁のわかる男♪
wanco.さんへ
おっす、バイバイ哀愁でいと(笑)
No title
兄さん、古ぅ~バイバイ哀愁でいとって、解る私も古いんかぁ(~_~;)
wanco.さんへ
ほぼ同じやろ〜〜!
ハイティーンブギ派か?wanco.さんは(笑)
wanco.さんへ
ほぼ同じやろ〜〜!
ハイティーンブギ派か?wanco.さんは(笑)
No title
よっ!違いの分かる男! by遠藤周作(笑)
♬ダバダ〜ダバダ〜ファ〜♪

ちなみに私はヨッちゃん率いるThe Good-Bye派よ〜(笑´∀`)
eiji3215さんへ
コーヒーの味はわかりませんけどね。
渋谷哲平に一票!
いや、トランプ一枚! 当選しちゃったね
フェリックスは重要人物。
ボクもこのツーショットは使いました(^^;
パッパラルディがレズリーを発掘して半端な終わり方をしたクリーム以上のバンドをつくろうとしたそうです。
確かに彼の小曲は次の曲を引き立たせる意味でも素晴らしい☆
ジミーさんへ
緩急つける、つけられるバンドって、今はあるのかなぁ?
言いたくないけど、昔のバンドはそれが自然に出来てた、というか引き出しが多かったんでしょうね。それもハードロックの魅力でした
太郎さん、まいど
わかるわ。同感だわ。わすの好きなピアノ曲は、Climbing アルバムのラストチューンの Boys in the band あたりが泣ける佳曲だよ。あと、マイケルシェンカーが影響を受けた、Nantucket Sleighride アルバムのTravellin' in the dark も最高だよ。久しぶりに聴きたくなったよ。
パリの散歩道さんへ
traveling in the darkは私が一番好きなマウンテンソングです。
この系の曲が私のマウンテンです。
パリの散歩道さんも好きだとは嬉しいです!

管理者のみに表示

トラックバック