TRIUMPH『EDGE OF EXCESS』だって普通なら良作だぜよ

今をときめく人がこのアルバムに参加してます


・・・っていうほどときめいていませんけどね






真ん中の人ですけど、ときめいてないから多分ほとんどの人がわからない?かも


つうか、これでわからないってことは両端の二人の人気の無さかも(^_^;)



トライアンフですよ、トライアンフ


カナダの至宝、トライアンフです(笑)



となると、今をときめかない真ん中な人は・・・







ですよ(笑)







そうです、フィル Xです


・・・ね!


ボンと一緒だからときめきそうだけど、それ程ときめいてないでしょ



藤崎詩織の方がよっぽどときめいているっちゅうの






ときめきメモリアルですけど、何か








すみません、やっと長い前フリ終わりました。


トライアンフの『EDGE OF EXCESS』の話です






リック エメットと金で揉めて、裁判になって、裁判に勝ったけど当然リック エメットと別れた二人でしたけど、トライアンフは続けました



で、新しいギターリストに抜擢したのが同じカナダのフィル Xでして1993になって発表したのが『EDGE OF EXCESS』



トライアンフの魅力は、ギル ムーアのストレートなハードロックとリック エメットのメロディアスなところ


でも、このアルバムは当然ギル ムーアのボーカルだけなんで緩急はないけど良質なハードロックだと思う



「TROUBLEMAKER」なんかは、かっこよさ92%ですよ






フィル Xならではっていうギターはよくわからないけどね






私は、ギル ムーアのボーカルと彼の書くストレートなロックが好きだから結構気に入ってます





ちなみに「ときめも」は当時友達に借りて(1)を3回やりましたが全て以下のエンディングでした






そうです、女々しい野郎どもの詩しか聞いたことありません



・・・( ;´Д`)





スポンサーサイト

コメント

No title
野球選手で楽天に藤崎ってのがいました
娘にしおりと名付けたそうです
akakadさんへ
藤崎詩織とつけましたか!
私は、ゲームをちゃんと終われなかったのが心残りなんです。
akakadさんは結ばれましたか?
No title
ときメモは未プレイです
ゲームはパワプロ、ファイアーエムブレム、Gジェネレーションの携帯機対応の奴の一部をやってます
ジャンルで言うとスポーツかシミュレーションRPGです

あ、カナダのバンドと言ったらApril Wineがいましたね
80年代の作品はMike Stoneプロデュースで特にAnimal GraceというアルバムがJourneyやAsiaに近い音になってます
akakadさんへ
へぇー、やってなかっんですね。ときメモ(笑)
私はめちゃくちゃハマりました。とは言っても買わずに後輩のソフトを借りたんですけどね。
エイプリル ワインはメジャーになりきれないところがいいですね。

管理者のみに表示

トラックバック