TOTO『TOTO IV』というよりも聖なる剣

何度聴いても、いつ聴いても、TOTOのメンバーって天才集団だと思う






それは演奏の面もそうだし
それは作曲の面もそうだし
それはアレンジの面もそうだし
そしてグルーブが凄い


グルーブ感については、よくポーカロさんが凄いって言われますよね


さて問題です?


凄いのはどのポーカロさんでしょうか


1・・・ジェフ
2・・・マイク
3・・・スティーブ


正解は、全員(笑)






それにしても『TOTO IV(聖なる剣)』はグラミー賞を何部門も獲得したとか、そういうのじゃなく、アルバムそのものの完成度がピカイチ






もちろん、「ロザーナ」や「アフリカ」は好きだけど、マニアックな目線で見ると結構じわっと好きのが



「IT'S A FEELING」


実はこの曲の作詞作曲が先ほどでいう、3のスティーブ ポーカロなんです






アルバムの中で、一番地味かもしれないけど、決して捨てられない曲



これもTOTOなんです、


こういうのをサラッと収録するのが天才集団の証しかもしれない(笑)



ちなみに歌もスティーブですよ



ジョブスでもなく
ペリーでもなく
ルカサーでもなく
マックィーンでもなく



ポーカロです





スポンサーサイト

コメント

初TOTOはロザーナだったな~
洋楽聞き始めの馬鹿中坊にとっては「適当な歌詞で一緒に歌う素敵な曲」の筆頭でした。82年って「素直になれなくて」とか「アイ・オブ・ザ・タイガー」とか「オープン・アームス」とかそういう類の名曲が多くないかい?

でも個人的にアルバムで思い入れ深いのは「ファーレンハイト」だったりするんだな。(「聖なる剣」は絶対的名盤なもんで・・・)
初TOTOは
やっぱりベストヒットUSAだったかな~当然「聖なる剣」の"ロザーナ"ですね。
これ以降のTOTOは苦戦するんですよね。次作だった「アイソレーション」だって
そんな悪く無いのに失敗作扱いされたもんな。1990年代になるともっと厳しく
米本国でアルバムすらリリースされなくなっちゃうんだから><
地味JAM尊さんへ
確か年間一位は我らがオリビア ニュートン ジョンの「フィジカル」どすからす。
あれ? 地味JAM尊さんって、「フィジカル」のPVでオリビアの後ろで踊ってた人なんですか?
jackteraさんへ
TOTOの何がダメだったんですかね? アメリカのレコード会社は?
ヨーロッパでは人気復活したのに。
私はアイソレーション大好きで、武道館も行きました!
スティーヴ??
キーボード担当としてはデヴィッド・ペイチが目立ちますが・・・知りませんでした^^;
最初に聴いたのが比較的ハードな「ターンバック」でしたので未だにテープで愛聴しています♪
ジミーさんへ
二人でキーボードの役割分担をしてたみたいです、どっちがなんだかは忘れましたけど
TOTOが凄いのは、腕前じゃなくって、実は曲のメロディだと思います(笑)
感性の違い?
日本人に支持されてアメリカ人にはウケない…
どんな感性の違いなんでしょうかねぇ?
3月の来日公演すんごい良かったけどなぁ〜

でも生きてる間にジェフさんのグルーヴ感ってやつを生で聴いて感じてみたかったっすね。

2代目ドラマーのサイモンさんは来月聴きに行きますよ!主役は上原ひろみですけど(笑)
eiji3215さんへ
3月の来日も行かれたんですか!
一回解散宣言してからの方が、なんか元気なTOTOですね(笑)
私はジェフを見ましたが、グルーブがわかるような歳じゃなかったからなぁ
コメ返しだ!
こんばんは。ヘンな時間に寝てしまいましたヘタリカです。
さて・・・TOTOですが、私はセント・ジョージ&ドラゴンが好きですね。
あれだけシンプルで強力なピアノ・リフって無いですモンね~。
ヘタリカさんへ
ありゃ、いい曲ですねぇ〜(笑)
おっしゃる通りのピアノがたまらない!
やっぱり全員が天才なTOTOは凄い。
天才というよりも、センスのかたまりかな
St. George And The Dragon出されたら。
タイトルナンバー。
Hydraでしょ!!
あの、若干プログレ的雰囲気の中に、HardでPopなRock 'n' Rollですからね。

でも、Hydraと言うアルバムの中では、All Us BoysやWhite Sister辺りも、捨て難かったりする。

ところで、90年代もTOTOは名盤多いと思うけど、The Seventh OneとかTambuとか。

因みに、この自称『世界一のMetal God信者』ロブ・マニア初めて買った、洋楽のアルバムはHydraでした。

買ったのは4年前くらいですが、何で1stでもなく4thでもなく、2ndのHydraだったのか、あまり覚えてませんが、それ程自分の中でHydraが強烈だったのかな〜。

Steve Lukather曰く『何と言っても少しばかり洗練されたRock 'n' Rollが最高』らしいです。
No title
こんばんは~。
私が洋楽を初めて通して
聴いたアルバムがこれです。
父親からテープでプレゼント。
これから私の洋楽人生が
始まりました♪
ロブ・マニアさんへ
洗練されたロックンロール、凄く的を得ているような気がする。
TOTOはどのアルバムを聴いても感心してしまういます。
初TOTOはロブ・マニアさんにとって衝撃だったでしょうね
妄想しぇり子さんへ
初TOTOが洋楽デビュー(笑)
さすが、おっさんしぇり子さんの異名を取る妄想しぇり子さんだ!!!
そこからジャーニーに至った経緯を教えて下さいね
太郎さん、まいど
この作品のみ所有しているよ。改めて聴いてみることにするよ。当時、このバンドはアルバムテイクと同じようにライブで再現する凄腕バンドと称賛されていました。しかし、わすは、リッチーブラックモアのようにライブごとに異なる即興プレイを展開することに重きを置いていなので、こんなバンドなんて糞って思っていました。しかし、よく考えてみると、totoの演奏能力がいかに高いか、リッチーのプレイがいかにいい加減かということなのです。
パリの散歩道さんへ
でもそういうのが、リッチーの魅力だったりしますからね。
落語でいうところの「フラ」があるってこと。
それにしても、今考えてもブラックモアズ ナイトはキツかったなぁ。ゲイリー ムーアのブルースとは違うもんな

管理者のみに表示

トラックバック