SLAYER「In-A-Gadda-Da-Vida」はサントラだけのお楽しみ

本人達がありえないほど嫌ってるから、
例えベスト盤が発売されても
(そういえばスレイヤーってベスト無いね)
絶対に収録されない曲
「In-A-Gadda-Da-Vida」です






嫌ってるのはコイツラ






アイアン バタフライのカバーですけど、
オリジナルアルバムには入ってなくて、
このサントラのみ







映画は観たことないから
ストーリーなんかは
知りません!?(・_・;?



しかも、
このサントラ自体も
とっくに廃盤だから
なかなか出会えません;^_^A


私は持ってますけど。


本当にたまにしか聴かない、
なぜなら
これしか聴かないからさ







時代なんだろうけど、
本人達が言うような糞カバーじゃないよね






それどころか、
時代が2、3周した今となっては
スレイヤーの中でも
かっこいい部類の曲だと思う



それは、
この後に『SOUTH OF HEAVEN』
というアルバムのタイトル曲が
この流れを組むものだ
という結果からもわかる


今じゃ、
スレイヤーのクラシックだもんね~



でも、
この1曲を聴きたいだけで
このサントラを売れないのも考えモノだな



どうしよっかな



売るべきだろうか?


でも売ったら
もう二度と出会えないかもしれないからなぁ~ε-(´∀`; )






スポンサーサイト

コメント

バングルスがサイモン&ガーファンクルの
「冬の散歩道」カバーしたやつが入ってるアルバムですよね・・・
ってことで、観たことなくて持ってなくて聞いたことないのがバレバレですがね。

スレイヤーの元の名前ドラゴンスレイヤーって、ナムコのゲームからとったわけじゃないっすよね?(剣出したままジャンプできないとクリアできないやつ)
地味JAM尊さんへ
持ってないのによく知ってるなぁ。こんなアルバムのことは誰も食いつかないと思っていたんですけど。
スレイヤーって、木久蔵師匠の「スレいゃん、バカん、そこはお乳なのぉ〜」から取ったって新加勢大周が言ってたけど、嘘だったのか!

管理者のみに表示

トラックバック