KROKUS『STAMPEDE』はボーカル誰?

クロークスで、ボーカリストが違う時代があるって知ってましたか


知らんですよね(笑)



そもそもクロークスをよく知らんですよね~(爆笑)







仕方ないからクロークス私設応援団の私が、ドマイナーなアルバムを紹介するわけだが、







私もそういうことはよく知らん(爆笑)



だから、さっき出したメンバー写真がこの時代のかなんかがよくわからん




ハハハ(;^_^A


どうせ、興味ないからいいっしょ(笑)





一応そのアルバムとは『STAMPEDE』ですけど、お呼びでない感じ。






自分のブログなのに、なんだかとってもアウェー






でもクロークスは、一度は聴いた方がいいですよ



縦ノリなAC/DCタイプが好きならなおさらです(笑)


AC/DCよりも疾走してます


スイスのバンドとして道を切り開き、だから、ゴットハードなんかが産まれたと



80年代のアルバムはジューダス プリーストのプロデューサーのトム アロムがプロデュースしてたから、AC/DCプラスジューダス プリーストって感じ



でも、今日のアルバムは1990年だからね


二曲目の「ELECTRIC MAN」がお気に入りです(笑)







私って、曲の途中だったりオープニングでベースとドラムだけになるパートが好きなんです。



その次に入るギターに対してとてもワクワクするから



で、自然に身体を揺らしてしまう



走る時に聴くといいのもクロークスの特徴かな。



つうか、クロークス?
つうか、クローカス?
つうか、クロッカス?



スイス人たちは、どう呼んでいるのだろうか



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック