PINK FLOYD『THE FINAL CUT』で中締めです(笑)

はぁーい! 一旦、中締めでーす!






皆さん、って言っても
リチャードは事実上解雇したから三人でね~







って、言ったとか言わなかったとか、

絶対に言ってない(笑)



これは、ピンク フロイドじゃなくって
ロジャー “リチャード ギアに似てる” ロジャースのソロだ!



なんて言う人がいるけど、
ピンク フロイドの名前で出してるんだから
当然ピンク フロイドですよね(^○^)






実は、『THE WALL』よりも
音楽的にはメロディが優れてるような気もする。






私はこのアルバムはなんだか気に入っていて、
寝る時にかけるアルバムとしては
ジェネシスの『TRESPASS』と双璧です



この曲のギターソロなんて、
いかにもデイブ ギルモアです´д` ;







ロジャー ウォーターズのフロイドなのか、
四人でフロイドなのか、
デイブ ギルモアのフロイドなのか
なんかはどうでもよくって、
それぞれがピンク フロイド




それは四人で再結成して
アルバムを出して欲しかったけど、
やっぱり出さなくて正解だとも思う!



思い出は、
そっと胸にしまっておいた方がいいんです。


各自の胸の中に・・・

スポンサーサイト

コメント

この人たちの『時空の舞踏』 ってアルバムが家にあるんだけど
ブッチャー、金、壁の煉瓦とかが入っててお得だったから買ったんだと思う。
けど原題「A Collection Of Great Dance Songs」ってDance・・・?ファンクスみたいに血の海で踊れって事?
地味JAM尊さんへ
ありましたねぇ!
私も買いました。けど、オリジナルアルバムを全部揃えたら不要になって売りました。
確かあれは、エド・はるみが言うセリフ「はぁ〜い、ダンスタイムですよぉ」の元ネタではなかったかな?
かぁ”ーーーー!
ジョンは、分かってない。
この、アルバムはサブタイトルが、表す通り、ロジャー・ウォーターズの戦争に対する、アンチテーゼを、感じるアルバムです。

全体的に、ゆったりとした曲調ですが、ラストのラストでNot Now John、This Is Pink Floyd、ロジャー・ウォーターズって感じの曲で、堪らなく好きです!
ロブ・マニアさんへ
お久しぶりです!
ロジャー ウォーターズの才能とデイヴ ギルモアの才能をもっと融合して欲しかったです
でも、間違いなくこのアルバムとロジャー抜きのフロイドでは近いけど違いますよね。
ロジャー ウォーターズ大好きです

管理者のみに表示

トラックバック