ROGER WATERS『AMUSED TO DEATH』暗い、絶望的に暗い

ああ暗い


泣きたくなる位、暗い


・・・暗いとCRYをかけてます的な




・・・(@ ̄ρ ̄@)





1992年に発表されて、2015年に再発されたアルバム。


再発は買っておりません(笑)



ロジャー・ウォーターズのソロ3作目。


ちなみに邦題は「死滅遊戯」ですから、その暗さがわかる






そりゃそうと凄い邦題ですね~



暗いんですけど、引き込まれる音楽




買った時から結構気に入って聴いてましたけど、
より理解が深まったのはロジャー ウォーターズの来日公演を見てからです。



とにかく、圧倒的でした。


ピンク フロイドの凄さとは別のなにかがありましたね。


語りかけるロジャーにグイグイきちゃった感じ








ちなみに7曲でジェフベックが参加。





こういうアルバムは通して聴くべき


何かをしながらではなく、ただアルバムを聴くだけがよい


なんて言いながら、ブログを書きながら聴いてますけど(笑)

そこは勘弁して著、そんなブログなんでね(笑)



PERFECT SENSE, PART Ⅰ& II







女性ボーカルの使い方がたまらんのもこの人の特長だな



あっ! ジェフ ベックが参加と書いたけど、この曲では弾いてないからねぇ~



あっ! この曲のイントロではギターを弾いているのはスティーブ ルカサーですよねぉ(笑)




ちなみに今買うなら再発だからこっちなんだろうね





でも、これをちゃんとら味わえるステレオは持ってなくて、
ミニコンポだから私は今までので全然オーケー





ではでは、
夜中に一人っきりで聴きましょう!





黙って、酒を飲みながらね(笑)


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック