U.D.O.『MASTERCUTOR』結構バラエティーな楽曲

再結成アクセプトがかなりの人気を博してます。


同時にウドも人気が上がった






こちらは2007年のアルバムです







U.D.O.『MASTERCUTOR』結構バラエティーな楽曲



よくわかりませんけど、
「ショーが始まりますよ!」的なSEが特徴的。



いわゆるコンセプトアルバムってことなんだろうね(笑)


曲間が少なくって、たたみかけるように次々と曲が始まるから、
頭を振ってるうちに気づくとアルバムが終わっている




・・・わけではない(笑)



実は、アクセント的に絶品バラードが二曲収められているんです


それが、
4曲目の「ONE LONE VOICE」と
8曲目の「TEARS OF CLOWN」



この二曲共、私が大好きな男の哀愁ソングなんでして、夜に聴くとたまらんのです。




つうか、私は夜中に暗めのハードロックヘビーメタルを聴くのが大好き♪( ´θ`)ノ




今日は8曲目の「TEARS OF A CLOWN」


ピエロの涙ですよ!


もう、タイトルだけ聞いただけで寂しげなピエロの横顔が見える



もう、泣ける






泣いたんで、今日はこの辺にします。

泣いたんで、

泣いたんで、




・・・ウソです(笑)


泣いてないから、続けます(笑)




ウドの歌声しかり、途中のメランコリックなギターが叙情を、男の哀愁を増長させてる!



このギターは元アクセプトのステファン・カウフマンなのかな?






あのドラムも好きだったけど、実はギターリストとしてももっと評価してもいいんでしょうね(^_^*)





もちろんヘビーな曲もいいよ!!



ウドが男気ジャンケンをしたら、全部勝ちそう(笑)



スポンサーサイト

コメント

No title
ピエロって怖いイメージなんですよね~昔、読んだスティーブンキングのピエロの話もしかり、子供の頃に見たテレビにでてきたピエロのおっちゃんが怖かった。
だから、動画の最初の画面だけ見ても泣けるわ~曲としては好きなタイプ♪
wanco.さんへ
ピエロが怖いっていうのはわかるなぁ。
私なんかは、海外の教会も怖いしね!
改めてUDOなんかを聴くと、やっぱりドイツというか、欧州のバンドなんだなって思うな。
暗いもんね。
私は暗いハードロック大好き!

管理者のみに表示

トラックバック