REO SPEEDWAGON『YOU GET WHAT YOU PLAY FOR』ハードロックでしょ!

少なくとも、バラードバンドじゃないぜ!


ライブバンドとして、全米をぐるぐる回っていたそんな時代のREOスピードワゴン







私は初めてこのライブアルバムを聴いた時はぶっ飛びました。



私だって、もちろん後追いなんで
バラードバンド的なイメージしかなかったんですけど、当時の下北沢レコファン(二階にあった時代)かなんかで、二枚組のこのアルバムがとても気になって購入したんです







『YOU GET WHAT YOU PLAY FOR』はハードロックでしょ!



アルバムジャケットから汗が飛び出してくる感じがする。なんか熱い



オープニングの紹介アナウンスもこれから始まる猛烈ライブを煽ってます



元々メロディセンス抜群だから、ロックしながらもそこはとても聴きやすいからすっと聴けちゃうけど






実際にこの会場にいたらノリノリになっちゃうんじゃなかろうか(笑)



一曲目の「LIKE YOU DO」






ねっ


熱いギターバンドって感じ



ライブが凄かった証拠が見つかりました







スゲーですよ


スーパージャム77というイベントチラシですけど、

REOスピードワゴンがトリで
テッド ニュージェント
ヘッド イースト
ジプシー
ジューダス プリースト


人気絶頂の頃のテッド ニュージェントを抑えてトリですからね!


しかも、場所はブッシュスタジアム


セントルイス カージナルスの本拠地というバカでかさ



いかに、ライブバンドとして認められていたかってことだと




今でもドライブ中によくかけるアルバムです



甘ぁ~~~~くないよ


スポンサーサイト

コメント

バラードで名を売ったからこそ
後追いでも聞く人が出てきていい感じになるんでしょうね。途中でギターのゲイリーさんが抜けちゃったのはバラードやりたくない…だったけど、「バラードもロックも含めてREO」だと思いますよん。「Keep Pushin'」も「Ridin' The Storm Out」も今でもやってるんだしね。
格闘技を超えたところにプロレスがある~Show!Hey!!馬場的な発想になってほしいな。
レオスピードワゴン
何故が日本では爆発的は人気ってなかったですよね。日本でもヒットした曲は
多数あるのにそれ程人気があったとは思えなかったんだよな。

バラードは勿論、乗りの良いロック曲だって日本人受けしそうなのに不思議
なんだよな。昔も今も大好きなロックバンド、それがレオスピードワゴン
(*`(エ)´)デュフフ
地味JAM尊さんへ
そんな感じで、SHOW HEYさんはプロレスを独占しちゃいましたからね(笑)
いつの時代だって、よいメロディは残るんです。
全日は消えたけど(~_~;)
jackteraさんへ
やっぱりレオですよね、知らない人は全員レオって読む。気づいたら全アルバム持ってる私。
まさに産業ロックのど真ん中か?
レオとアストラ
5歳くらい上の人に聞くと『禁じられた夜』の「In Your Letter」が日本ではバカ売れしたらしいっす。B面がKeep On Loving Youって滅茶苦茶ゴージャス松野で沢田亜矢子!杉本 彩もビックリ!!なレコードらしいけど。
ちなみに『Wheels Are Turnin'』の1stシングルは付鼻苦労人のPV「I'd Wanna Know」で全米29位しか行かなかったことは「涙のフィーリング」からのファンは知らないからヒ・ミ・ツ💛(「Separate Ways」と同じ黒歴史…)
地味JAM尊さんへ
早朝ジョギングしてたら、ゴージャス松野さんからコメントが来てるなんて、なんて幸せなんだ私は。
それにしても、生ダラでの定岡の扱いはひどかったなぁ〜(笑)
あれ? なんの話だっけ?
凄い面子!
このアルバムは持っていますよ♪
「禁じられた夜」は中学生時代に良く聴いたものです。
親しみ易くて素晴らしい、CDで買いなおそうかな~
ジミーさんへ
よいメロディは不滅です。
私はハードロックベビーメタル好きだけど、メロディが無いのは聴かないんです(笑)
そこに哀愁が加わればもうストライク

管理者のみに表示

トラックバック