GRAHAM BONNET『HERE COMES THE NIGHT』はハードロックじゃないよ

だって仕方ないじゃん❗️



基本的にハードロックヘビーメタルが好きじゃないんだもん








ごめん、こっちじゃなかった









こっちこっち(笑)




上の人はハードロック嫌いというか、

ハードロックって何やワレ❗️か(笑)




というわけで、先に横山やすしの写真だしちゃうと、ハードロックブログランキングサイトで、横山やすしの写真が出ちゃうんだよな、、、まっ、いいか(笑)





そもそもグラハム ボネットは別にハードロックやりたいわけでもなんでもなくって、たまたまリッチーに見初められてレインボーに加入してからハードロックを歌っただけだもんね




あっ! わかってると思うけど、リッチーっていうのはこの人だからね







この人じゃないからね







もちろんこの人でもない








・・・懐かしい(笑)





つうわけで、彼が好きに歌ったつまらないアルバムがコチラ『HERE COMES THE NIGHT』です






つまらないって書いたのは、曲じゃなくって、もちろんグラハムの歌声でもなく、アレンジです


「LOOK DON'T TOUCH」







せっかくだから、バックをキーボード主体にしないで、生ギターにすればこのアルバムは名盤の域に達していると思うけど、



現実としては、せっかくのいい歌をバックのキーボードが台無しというか、安っぽくしてる



そういう意味では、いいプロデューサーがついていればなぁ~(笑)




でも、そういうとこも含めてグラハム ボネットですね








案外、和服も似合うね


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック