HELLOWEEN『JUDAS』は最後の4人時代

ハロウィンの喜助どん以前の話







地味だなぁ~(笑)







派手だけどイモ兄ちゃんやなぁ~





まだまだマイナーなハロウィンの時代で、
カイ ハンセンがウエスタン ラリアットを使い始める前






嘘です、つうか今でも使ってません

使ったことないどころか

ウエスタン ラリアットそのものを知らないだろう(笑)


_| ̄|○






すみません


カイ ハンセンがか弱い声で歌った最後の時代です(笑)



喜助以前という時期なんで、私はキニーで聴いてから買いました


ミニLPでしたね~



大したことない曲でしたわ❗️



今は、『ウォールズ オブ ジェリコ』とカップリングだからいいけどね










それにしてもこの時代のハロウィンは間違いなくB級メタルバンドでしたね



スポンサーサイト

コメント

No title
「守護神伝」の大ヒットのお陰で、過去作がカップリングされて当時CD買いましたけど、今思うとかなりB級臭さ満点ですよね。コレで凄いとか言われても絶対に買わないレベルって感じですし(笑)。

とにかくカイ・ハンセンのボーカルが全くダメでした...キスケが凄いシンガーというのはホントに納得ですよ。ガンマ・レイでもラルフ・シーパースが抜けてから興味すら持ちませんでしたしね(笑)。
K.A.E.さんへ
私はファーストミニアルバムを西新宿のキニーという伝説の店で買ってましたから、このシングルだけの衝撃は無かったけど。

でも、カイ ハンセンの薄いボーカルは苦手でして、K.A.E.さんと同じくカイ ハンセンがボーカルのガンマ レイには全く興味が無かったですね。しかも、あのコミカルな曲調もなんだかです


管理者のみに表示

トラックバック