TYGERS OF PAN TANG『SPELLBOUND』ガッツ溢れるアルバム

若獅子のジョン サイクスが加入したからだけど、インパクトあるアルバムが出来た❗️



とは言ったけど、本当はジョン サイクス加入前もなかなかだったけど










1981年発表の2ndアルバムです。


まずはジョン サイクスよりもボーカルのジョン・デヴァリルことを伝えなきゃね







勢いあるのと、決して上手くはないんだけど「やったるでぇ~」的な意気込みが感じられる(笑)



N.W.O.B.H.Mの中でも、特に圧倒的なボーカルでもないし、独特な声かと言えば違うけど




なんだか、心に残る



荒さと粗さがいいんだろうな❗️









それとやっぱりジョン サイクス




彼のギターがデカイよ



ゲイリー ムーア的と言われたマシンガンギター


・・・マシンガンギターと言ってもケイン ロバーツじゃないからね(笑)




ガンガンくる感じ(^O^)




正統派HMの名盤だな(笑)



アルバムのオープニングからかっこよさ満載だけど、あえてラストナンバー



「DON'T STOP BY」






こういう曲が最後って、嬉しいよね❗️



尻つぼみにならなくてさ



アルバムを聴き終えた満足度が味わえるからさ(^O^)




ただ、ここからジョン サイクスのギターを抱いた渡り鳥的な人生が始まるんだね





スポンサーサイト

コメント

渡り鳥シリーズ!?
本年度再帰予定の殿様の
「バンド内に暗躍する黒幕をやっつけて
また別のバンドへと旅立つ」
様式美溢れるプロットのシリーズは
まだまだ終わらない模様です!!
貫禄ありますね。
若くてもジョナサンとサイクスが並ぶと格好イイというか他のバンドとは違う存在感ですね。

一番上の写真の中央のヒゲがツバキのフロアで三輪車乗っていました(笑)
サイクスがあの時来ていたら大騒ぎだったでしょうね☆
robokeiさんへ
で、その後は、自分が黒幕となってしまうパターンやな。才能がもったいないよなぁ。
あの時、白蛇親方がマネージャーを通じて「クビ」って言ってなかったらな・・・
ジミーさんへ
おっ! また、ツバキ小ネタシリーズですね。
その頃は行ってなかった私ですね、たぶん。
あの独特の空気感は格別でしたが、今思い返しても日曜の夜ってね・・・。だからこそマニアックでよかったかもしれないけど
ギターを抱いた渡り鳥と、スティックを持った渡り鳥が、白蛇さんちに同居してた時期のライブ(スーパーロック84’)を観ました😃。

大昔、音楽雑誌で、「TOPに熱烈ラブコール」という企画があり、応募したワタクシは有り難くジョン・デヴァリルのパワーリストを頂きますた(笑)。
はっちさんへ
おっと! はっちさんも西武球場行きましたか!
クソ暑い1日を経験したんですね!
それにしても、TOP(笑)、そんなリストバンドいりますか? 私はいらないっす(笑)
いいバンドだったなぁ、タイガース
粗挽きなバンド
僕がブログ始めたばかりのころ、Spellboundのこと書いてました(笑)

曲だとHellboundが好きですね~。ストレートにしたいのかハネたいのかよくわからない演奏も味があるように思えてくるのが不思議です。(本当はただヘタクソなだけなんだろうけど…(笑))
yamamoyoさんへ
たぶん、いや、絶対に下手なんでしょうね。でも天才だからいいのかと言えばそうでもなく、下手っていうか、それが個性にもなりますからね。
なんでも出来ちゃう天才よりも、ドジでノロマな亀の方が良いスチュワーデスになれたりします。

管理者のみに表示

トラックバック