おばちゃんかよ、アクセル(笑)

我慢してたんだけど


やっぱり言わずには














おばちゃんかよ❗️



アクセル(爆笑)




以上




スポンサーサイト

コメント

No title
おばちゃんかよ!
アクセル!!

激しく同意!!
AIジジイさんへ
一ヶ月我慢してましたが、やっぱり言わずにはいられなかった(笑)
おばちゃんです、アクセル
悪表紙史上に残りそう。。
ファントムさんお疲れ様です。申し上げ難いのですが件のCDはユニオン行きになっていましてこの場をお借りして・・・スミマセン^^;

何枚も撮って修正掛けてコレでしょう。
それでも来日すれば話題になるという。。世の中間違ってますネ!
ジミーさん
バーゲンに行ったのに、買いたいもの取られたわぁ〜( *`ω´)
悔しいわぁ〜( *`ω´)
悔しいです。。。
数年前の痩せてドレッド(笑)のアクセルで再結成ならカッコ良かったのになー。。。
No title
お、お、お、おっさんじゃなくて、おばちゃんだねぇ~
ファンじゃないけど、ファンにとってはガッカリですよね、中年太りにもほどがある!
沢田健二にも同じ匂いを感じる(古くてすみません)
まるさんへ
あれなら一昔前の布団叩きおばちゃんの方がよっぽど若いってか!
マジで、あの写真が一番いいんだからなぁ(T_T)
wanco.さんへ
本当ですよ。
あれがアクセルだなんて(T_T)
なんか服装といい、体型といい、おばちゃんです、って言ったらおばちゃんに怒られるくらいおばちゃんです
No title
こんばんは~。
10年後にこうならにように
ココロに誓うしぇり子です(笑)
妄想しぇり子さんへ
それだけはご勘弁を!
ペリ男さんに会わす顔がなくなるぜよ(笑)
この表紙って
Meat Loaf活動再開の写真が間違って掲載されたんでしたっけ?
地味JAM尊さんへ
んなワケないでしょ〜(笑)
あの人は沢田研二ですよ!
ジュリーッ!!
AIジジイさんの所のネタになっちゃいましたね。
「パスタ食ってたらジュリーになったで~」
「それこそ、スパゲティ・インシデントや」
「壁際で寝がえりうてへん」


地味JAM尊さんへ
ジュリーネタ大好きなんですよ、私(笑)
あのぽっちゃり姿を見た時の衝撃と言ったら(笑)
ジュリーーーーーーー(爆笑)
太郎さん、まいど
ほんま、おばはんだね。すごい劣化だよ。アクセルのような、若い頃、かわいい系の場合、中年になると劣化が激しいんだよね。まさに、わすも同じ道を歩んでいるよ。若いときにすでに老けてて、大人っぽい雰囲気だと、中高年になっても渋いままなんだよね。グラハムボネットやポールロジャース、菅原文太などね。
 さっぽろネタに行くね。ボネ太郎がステージを去り、次は、インストロメンタルの名曲中の名曲、キャプテンニーモ(ネモ船長)である。まさに、わすのとって、リアルタイム青春の曲である。高校時代、バンド(ベース担当)でステージにたったとき、この曲をオープンニングで、続いてrock my night away 、オジーの crazy trainなどを演奏しただけに思い出の曲である。ネモ船長をこれまでどれだけ聴いたであろうか。観客の年齢層も45歳~55歳あたりがいちばん多いと言える。まさにみな、この曲には特別な思い入れがあるのであろう。冒頭の複雑なリフレインのギタープレイが一旦、終わると、キーボードによる幻想的なフレーズが入り、この独独の間(ま)で、客は興奮状態。終盤のギター名演にみな、うっとり状態で、失禁寸前の雰囲気。わすにとって、スーパーロック84以来のネモ船長。生きていて本当によかった。このフレーズは、酒井康氏が、ディープパープルのhouse of blue light 発売日のバーンにおけるアルバム講評でのコメントである。
パリの散歩道さんへ
私もキャプテンネモからのROCK MY NIGHTS AWAYの流れ、つまりライブアルバム『ROCK WILL NEVER DIE』が一番好き。というか、一番聴いた。つまり好きです(笑)
私にとってのマイケル シェンカーはキャプテンネモという言っても過言ではない。
パリの散歩道さんの文化祭ベース見てみたいですね。とにかくホワッツ マイケルならぬザッツ マイケルです

管理者のみに表示

トラックバック