リッチー、その位置は(涙)

田端義夫か?

加山雄三か?

サンボマスターか?















ディスるつもりは全くありません




けど













ロックに戻ったのはありがとうと言いたいが















グループサウンズか?











君を見つけたぁぁぁぁ♫













この渚にぃぃぃぃぃぃ♫






リッチー







ディスってないからね❗️





私のブログを炎上させる位なら


ギターを炎上させてちょ❗️





リッチーぃぃぃぃぃp(^_^)q


スポンサーサイト

コメント

No title
高中正義かな?w
どなどなさんへ
それも浮かびました。
ディスるつもりはないけど、かっこよくない
だからって、スティーブ クラークまで下げるといいってワケじゃないけどねぇ
No title
拝一刀が
斬り捨てるでござる
残念!?
訂正です・・・
ちゃーん
こと
見習い大家でした(笑)
林家ロボ平さんへ?
ちゃらーーーーん!
人知れず更新しても私からは逃れられませんぜ
リッチー ブラックモアもリチ男か?
勝ロボ太郎かと?
全くわからなかったです(笑)
もしかしかたらチャンリンシャンひろ子かと
No title
ディスるつもり満々ですけどぉ(-"-)
あのぉ~頭がぁ~怪しいんですけどぉ~なんかかぶってはりますよね?!
気になるぅ~グラハムボネ太郎兄さん、教えて♪

wanco.さんへ
ドイツは暑いし、日差しが強いからお母さんに「ちゃんと帽子をかぶりなさい」って言われたリチ男君は、ちゃんと帽子をかぶって出演しただけです。
それがなにか?(笑)
こんばんわ
気になったので画像検索したらディープ・パープル出戻りあたりから位置高いですね~
出っ張ってきた腹の上に乗せて引くと弾きやすいんですよね~(経験談)
指板も見やすいし~w
まるさんへ
そうでしたね(笑)
だんだん高くなってきてました!
弾きやすいとかっこいいは反比例
ギター位置と加齢は比例ですね〜
No title
あぁ~そうか帽子かぁ~そうかクラウスもかぶってるもんねぇ(#^.^#)
グラハム兄さん、愚問に答えてくれてありがとう♪
wanco.さんへ
ちなみにマティアスはお洒落だから、90年位から帽子じゃなくってバンダナです。決して・・・(笑)
太郎さん、まいど
来日してくれないリッチー。早く来てほしいよ。今回のバーミンガムなどのプレイをユーチューブで鑑賞したが、ゆっくりめなテンポで演奏する姿は、やはり年齢を隠し切れない。でも、わすにとって、マエストロであるにはかわらない。今、いちばん見たいライブである。
 さて、札幌ネタにいくね。いよいよ、ボネ太郎の登場です。アソートアタックで登場と思いきや、地味に小刻みに繰り返されるリフレイン、アソートアタックのような、破壊的な出だしとはまるで違う。な、なんと、Broken Promises ではないか! まさにサプライズである。cry for ~ も良いが、何度もライブdvdでプレイされているので、このブロークン~ はいまだかつて、演奏しているのを見たことはない曲である。渋くシュールな雰囲気な佳曲にびっくりだったよ。そして、キラーチューン、アソートアタック。もうサビは大合唱の嵐。次は、通にしかわからない、名曲中の名曲、デザートソング。この歌メロは唯一無二のフレーズと言える。このような憂いあるメロディは他にはないオリジナル性と言える。そして、ダンサーのイントロで、場内は興奮状態。サビもわれんばかりの大合唱。最大限に口を大きく開けシャウトするやっさんの姿に感動だよ。いつものように、ペットボトルの水を飲むまくる姿もかっこよい。たいへんな存在感であった、さすが、ボネ太郎だ。
パリの散歩道さんへ
Broken Promisesをやったのはサッポロだけだったとか!
おぉぉぉぉぉ)^o^(ですよね(笑)
パリ散さんの嬉しい顔が目に浮かびます!
ボネさん、結局ボネさんを見に行ってる人が多いでしょうからね。とにかく大きな声で歌うボネさん、やっぱり私にとって世界ナンバーワンのボーカルです(笑)
しかも、札幌だけの曲を演ったんだからそれを味わえたパリ散さんは幸せだなぁ

管理者のみに表示

トラックバック