ダグ アルドリッチってどう?

私には何故にダグ アルドリッチって
何にも響かないんです
(グラハムボネ太郎個人の感想です)



ハハハ(笑)
最近のテレビのテロップみたい(笑)








なんで、みんな評価するんだろう❓




今までの彼の足跡を辿ってみても
私にはわからない



ライオン
ハリケーン
ハウス・オブ・ローズ
バッド・ムーン・ライジング
バーニング・レイン
ディオ
ホワイトスネイク
ザ デッド デイジーズ




全然良くない(笑)


メロディを作れるのかなぁ~?




これといった独特のメロディも浮かばない









初っ端のライオンが
彼の評価を上げたのかな?




私としたら、あのライオンで何を評価すればいいかわからないけど。




まあ、素人の私の戯言だからね





ったって、炎上するほどの人気ブログじゃないからい~んだけど(爆笑)




これといったメロディがあれば教えて欲しいけど、今更だろうな。



一応は、みんな聴いてるしね









ダグ アルドリッチの評価が
わからなーーい(笑)





スポンサーサイト

コメント

ブログぐらい本音で(^^)
よほど悪意ある書き込みとかなら別ですが、本音トークがあるブログこそ読みたいと僕は思ってしまいます。あくまで、一個人の感想ですからね(^^)。

ちなみに、僕はダグさんのプレイを聴いて、「うまいなあ」とただただ感心するばかり( ̄ー ̄)。
BACH BACHさんへ
ありがとうございます。私も悪口を言ってるわけじゃなくって心に響かないって言ってるだけなんです。
そうなんですか! ダクってギター上手いんですか! 私はギター弾かないからそこはわからないんですよね。心に響くメロディだったり、リフだったりが欲しいんですよね〜。
だから、ブルー オイスター カルトなんかの狂気のメロディにはめちゃくちゃ惹かれるんです。ハイ
そつがないというか。
ライオンのPvの雰囲気は良かったですね☆
上手くて老けない・・・腹が出ない(汗
音楽でメシが喰える、羨ましいとは思いますが
WSなら冴えないオッサンのツインリードが個性的でした。
太郎さん、まいど
ダグはいけるわ。まさに、Knocking at your back door をしたくなる相手である。DioのライブDVDでタロット・ウーマンを弾く姿に見とれたわ。タッキー似のイケメンじゃないですか。まさか、わすより年上だとは思いませんでしたよ。リッチーブラックモアに影響を受けていることを知り、道理で、クラシカルなプレイが多いわけである。若者だと思っていただけに衝撃であった。
それでは、札幌ネタに行くね。続いて、UFOナンバーの登場である。SHOOT SHOOTである。ボーカルがロビンである。ご機嫌なナンバーであるため、ライブでは冴える曲と言える。そして、神曲である、ロック・ボトムである。イントロが始まると、会場の天井がふっとぶかの如き大歓声になる。中途のじっくりと聴かせる静かなギターソロの演奏中は、観客は、息を殺しながら、静寂な中で、真剣に一音一音確認しながら、聴きこんでいる。こうした、姿こそ、実に日本人ファンの忠節さと言える。盛り上がるときは徹底的に騒ぎ、聴きこむときは、アーティストへの最大の敬意を払いかの如き、演奏に集中するのである。こうした、素晴らしいベテランファンの中に、わすもいっしょにいれることが、なによりの幸福でもある。そして、終盤の燃え上がるようなギターソロが一旦終了すると、割れんばかりの拍手の大喝采が沸き起こる。たまらない。そして、アンコールはドクター・ドクターである。わすにとって、ハードロック三大アンコール曲でもある。他は、レインボーでのスモーク・オン・ザ・ウォーター、オジー・オズボーン・バンドでのパラノイドである。みな、前に所属したバンドの名曲なのである。ドクター・ドクターのイントロのキーボードフレーズが始まると、会場はオヤジたちの悲鳴に包まれる。いよいよこれでお別れかと思うと、胸がかきむしられる。歴代の豪華3名のボーカリストが同じステージに立っているではないか。夢か幻か。生きていてよかった。欠航の心配がある中、公演当時前後には猛烈な台風が来ていた札幌まで来てよかった。終了しても、名残惜しく、ファンはなかなか帰らない。ステージ前方にマーシャルアンプセットを記念に撮影したりと、みなかつての少年のようであった。
ジミーさんへ
かっこはいいですね、好きな顔じゃないけど
カラダを作りすぎだけど、太るよりはずーーーッといいですね(笑)
みなさんのコメントだと、結構評価高いんだと改めて感じました。私の評価は変わらないけど
パリの散歩道さんへ
Knocking at your back door をしたくなる相手である。というコメントはスルーして(笑)
いいカラダはしてますよね!
っていうわけで、マイケル!
ドクタードクターのイントロの切なさは、メロディだけじゃなく、この曲で終わっちゃうという淋しさなんだろうなぁ〜。もっとやって欲しい
何れにしても、楽しいライブだったんですね、文章から滲み出てますよ。私も行きたかったですよ、まじで。
ハードロックのライブは再結成ヴァン ヘイレンが最後かなぁ
No title
POWER LOVE好きだったなぁ〜
それ以外思い浮かばないです

ハードポップ万歳!
どなどなさんへ
パワーラブ!
カル スワンのブリティッシュな歌い方が凄く頭に残ってます。
ただ、それだけだけど。カル スワンもいまは何をしてるんだろう。元タイタンかぁ(笑)
わりと同意見です
ギター弾いたりする人間ですが、実は僕もダグのギタープレイの良さがあまりわかりません(汗)。リフやソロを聴いてもコピーする気が起きないというか…

ただ正攻法なハードロック的奏法において、ひたすらに巧い!それだけは言えます。

以上、WS加入以前の音源を聴いたことがない者の意見でした(笑)。
yamamoyoさんへ
いろいろあっても、上手いってことはみなさんが言われることなんですね(笑)
ホワイトスネイク以前だと何がオススメかと言われても何もありませんです、ハイ。
ダグ
ホワイトスネイクの場合は、あぁ、これがジョンサイクスだったらなあという思いを抱くこともある。
ロック馬鹿馬鹿馬鹿さんへ
ジョン サイクスのことはなかった事にしましょうね(笑)
ここまで来るともう、絶対復活しないです
ここにミッキー ムーディーのスライドギターが入ればなって思いましょう(笑)
グラハムボネ太郎さんへ
ダグが昔やってたバンドとかで良いのあるんじゃないかと思ってたんですが、オススメ無いんですか~(;・∀・)
残念っす…(^^;)
yamamoyoさんへ
私としては無いんですけど、改めて人気の高さはわかりましたね。私以外はみなさん、高評価でしたからね(笑)
そうは言ってもと思ったけど、、、無いぜ!

管理者のみに表示

トラックバック