SCORPIONS『LOVE AT FIRST STING』一体なにを?

一体なにをどこに刺しているのか?

はたまた

一体ナニをどこに挿しているのか









止めときます(笑)





このジャケット❗️







いわゆるスコーピオンズ発禁ジャケットシリーズの最後を飾るこのアルバム






異論はあるだろうけど、一般的に一番有名で一番ヒットした最高傑作アルバム。



私、大好き








スコーピオンズらしさといえば、
マティアスのバンダナ



・・・ではなく、ルドルフのギターリフ


・・・とクラウスの帽子







・・・ではなく、クラウスの歌声





・・・と、マティアスの合いの手ギター


・・・と、ハーマンの硬めのドラム


・・・と、フランシスの・・・(笑)






最高傑作は『ブラックアウト』でしょ~という異論は認めますけど。

ウリ時代でしょ~という異論は、私は認めないっす




私グラハムボネ太郎は、とにかくマティアス時代からが大好きなんです❗️




かっこよさが段違いだもん、バンダナ姿じゃなく曲の(笑)




スコーピオンズのあのリズムと歌とリフと合いの手ギターとハーマンのドラムが大好きなんだなぁと。



春夏冬だもん






・・・飽きない(秋ない)







やっぱ、これでしょ❗️


「ROCK YOU LIKE A HURRICANE」








こういうシングルヒット曲があるから、世界的にデカいコンサートが出来る。

それがジューダスとの違い。

ジューダスはヘビーメタル内での絶大な人気だけど、スコーピオンズは一般的に人気があるんだもんね(海外でね)






私はいつになってもスコーピオンズが好きだという事で、本日のブログを終わりにしようと思ったけど、最後にウンチクを一つ
















『BURN UP HIDEMI~秀美の熱い一日~』
石川秀美 
        

1984年10月10日
東京郵便貯金ホールに於けるライブ







・・・なんだ❓

急に薬丸裕英の奥さん、つまり石川秀美を出して❓











ウンチク聞きたい❓


このコンサートの曲目リストです


1.ロケットカウントダウン
2.カミングホーム
3.AFTER 5 CLASH
4.DANCE
5. THE LITTLE ROCKER'S MEDLEY
6.BEAT IT
7.Foot Lose_
8.BILLY JEAN
9.NEVER]
10.冷たい雨
11.FARWELL CALL
12.ミステリーウーマン
13.熱風
14.スターダスト・トレイン
15.さよならはプロローグ



わかりましたか❓


実は二曲目の「カミングホーム」が、なんとスコーピオンズのカバーなんです




マジです❗



マイケル ジャクソンや浜田省吾も歌ってるけど、それは想定内




石川秀美がスコーピオンズだよ❗️❓




音源はいくら探しても見つけられなかったけど、マジです。


見つけた人はご一報下さい。



聴きたいっす(笑)





つうわけで、
最後は石川秀美ネタになっちゃった私の大好きなスコーピオンズの話でした。






元気出してイコー❗️❗️



めでたしめでたし






スポンサーサイト

コメント

Scorpionsはね〜
最高すぎるよね!!

色々な意味で、最高!
Holidayに始まりRhythm Of Loveに終わった80年代のScorpionsは、本当に最高!

でも、自分の中での80年代Scorpionsの名盤は『World Wide Live』でしょ!?

でも、敢えてボネ太郎師匠に合わせるならば、Love At First Stingは
Big City NightかStill Loving Youですよね!? ですよね?

確かに、シングルヒットしたRock You Like A Hurricaneも、好きだけど。
自分をHR/HMに引き込んだRock You Like A Hurricane、好きだけど!!

やっぱり、Big City Nightですな!!
「禁断の刺青」で蠍団知ったんで
自分もこのアルバムが一番思い入れがありんす。「Hurricane」「Still Loving You」から、そのまま「ランディ・サベージ」「クレイジリー・ワールド」まで現役、遡りで「魔宮」「幼女」…って感じ。しかし、まさかの秀美ちゃん。音源聴きたいですが、全盛期の太もも鑑賞してるだけの方が・・・実用的ですか??

ところで秀美ちゃんのシングル「ゆれて湘南」はなにが揺れているんだろう?
後、ボン会長の「In and Out of Love」って何を出し入れしてるんだろう?

※深紫の「イヤ~ン」ネタは名前に引っ掛けただけで、彼らにエルトンな事実は確認されておりません・・・悪しからず。でも

ロブマニアことフランシスマニアさんへ
ビックシティーも最高っす!
ワールドワイドライブも最高っす!
オープニングの「どぉーーん」っていうのを聴いて待ってるとカミングホームへなだれ込み、間髪入れずにブラックアウト! で、クラウスしゃべりのバッド ボーイズ!
最高過ぎて最高過ぎて
地味JAM尊さんへ
いやぁ、いいアルバムですよね!
曲もさることながら、80年代ど真ん中のサウンドがたまらんです。
ボン会長は、かなりのやり手だったみたいだから、、、貯金の出し入れじゃないかなぁ
ダブルイアンがいゃ〜んじゃなくてよかった。下手すりゃイアン ヒルもそうなのかと思っちゃいましたよ
No title
ボネ太郎兄さん、いろんな意味でありがとう♪はげましてくれて!!!

石川秀美の話は聞いたことありますが、実際に聴いたことはないですね~

蠍団については、私も一言あります♪
このジャケット飾りたいくらい好きなのですが、ドイツの写真家ヘルムート・ニュートンの作品なのです。
ヘルムート・ニュートンは、男性は石田えりさんのボンテージ写真でご存知かもしれません。
少しエロティズムを感じるアートな写真が作品なのですよぉ~

wanco.さんへ
おお! あの石田えりの!!
お世話になりました(笑)

元気があれば何でも出来る
元気があればスコピに行ける
元気がなければスコピで元気になれる
でも、くれぐれも体調と相談をするように(笑)
石川秀美が!!
これは驚きというかバックボーンに好きなヤツが居ると見た!

ジューダスの「復襲」と「背徳」の関係性が「蠍魔宮」と「刺青」にあると思います。
「蠍魔宮」の方が衝撃度は上ですがB面が弱いかな。。

カミングホームはツバキでも掛かっていましたけどイントロが長くて・・・
姉ちゃん達の網タイツに包まれた太もも観賞タイムでした(嘘)
ジミーさんへ
びっくりですよね!
いろんなカバーがあるけど、レコードではなくて、ライブで、しかま2曲目! 石川秀美のファンは全然知らない曲が出てきて戸惑っただろう

実は、本田美奈子も初武道館ライブでフレディのボーン トゥ ラブ ユーを歌ってます。しかもオープニングです。詳しくは下のアドレスで私が紹介してます

http://takaoy1.blog.fc2.com/blog-entry-359.html

ね!
太郎さん、まいど
クイーンの前身であるスマイルのわすの書き込みに対する太郎さんのコメントが見れなくなっているのはなぜ? なんか気になるなあ。
パリの散歩道さんへ
えっ?
私の携帯からは普通に見れるけど
なんだろうなぁ、また後で返信コメント入れ直します(笑)
パリの散歩道さんへ
なんか不具合あるみたいですね、私のは携帯からは見れるけど、パソコンからは出てこない。
だから、こっちに書いてみる



いきますわ!って(笑)
スマイルは、ショボい音だけど、凄く優しいメロディだから夜中にしみじみ聴いてます

で、マイケルの話。そりゃ疲れたでしょうね、スタンディングって、ライブ前から疲れてますからね、下手すりゃ曲を聴いてない分本編よりも疲れるかも。
札幌の夜は楽しいですよね、ラーメンも美味しいし。ただ、並んでますからね、有名店は(笑)
私は、札幌に行ったら必ずR-BOTTOMというロックバー(メタルバー)に行くんです。教えてあげればよかったです。名前もそそられるでしょ、
今は、パリの散歩道さんも普通の生活に戻っているんでしょうね

くれぐれも私にはKnocking at your back doorしないでちょ〜〜〜( ^ω^ )
太郎さん、まいど
コメント再掲載ありがと。太郎さんのコメントが見れないなんて、ロックボトムが演奏されないマイケルシェンカーのライブみたいなものだからね。
 このブログの中で、Kocking at your back door というフレーズが頻発するので、放送(掲載)禁止用語にふれて、倫理委員会が削除したのかとあせりましたよ(爆) 
 そんな素敵なバーがあったのですね。太郎さん、そんないいところに突撃していたんだね。うらやましいなあ。わすも行きたかったなあ。きっと、その日は満員御礼立ち飲み状態だったかもね。
パリの散歩道さんへ
Knocking at your back doorっていうのが、私のブログでの年間流行語大賞を受賞しますね、絶対に(笑)
太郎さん、まいど
ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ、年間流行語大賞に決定だね。最高におもろい。激爆だよ。
 Love at first sting わすにとって、記念のアルバムである。ハードロックアルバムで、最も聴きこんだ最初の記念の作品である。なんとうまいボーカルかと、当時少年であったわすだが、たいへんな衝撃を受けたものだ。完全にハードロックのとりこになった。それが原因で、スーパーロック84に突撃することにつながったわけであるから、これがわすのメタルの原点と言えよう。まさに、わすのback door を初めてknockingぼり(掘り)された衝撃と言えよう。(まだ、言うか!爆) 当時、MTVが国内でも放送され、このアルバムからの佳曲、I’m leaving you のプロモーションビデオが放送され、大興奮したものだ。Comig homeは当時のライブでオープニングチューンであった。憂いあるなんとも言わせぬボーカルが魅力だ。Big city nights における、ルディのスローなギターソロは泣ける秀作でる。Still loving you あたりは、ロックバラードの最高傑作である。クラウスの熱唱に、ルディのソロ、すべてが完璧である。このアルバムから蠍団のすべての作品を購入していったわけだ。この時期から、過去の作品に注目するようになり、今、流行しているものにあまり関心を抱かないようになった気がする。
 札幌ネタにいくね。興奮のライブ翌朝、チェックアウト前に、今回の札幌参戦及び観光で、是非とも訪ねたいスポットがあった。宿泊先のほど近くにある、中島公園内にある、札幌中島スポーツ(体育)センターである。むかすは、全日本プロレスなどの、プロレス興行の会場としても有名である。よく、優勝決定戦が繰り広げられる天下分け目の天王山といったところでもある。ジャイアント馬場やブッチャー、ハンセン、ブロディなど往年の名レスラーが死闘を繰り広げたプロレスの殿堂である。そして、もう一面は、悲しいロックコンサート死亡事故現場である。1978年1月27日、リッチーブラックモアズレインボー札幌公演で、詰めかけるファンの群衆により、ひとりの女子大生の尊い命を圧死により奪った、惨劇の現場でもある。美しい緑の中を歩いていくと、レンガ色の歴史を感じさせる、古びた建造物が視界に入ってきた。嗚呼、これが中島スポーツセンターなのか。まずは、1分間の黙とうを捧げる。そして、昨夜のライブで詰め寄る観客のため、危険な状態があったにもかかわらず、無事コンサートが終了できたことへの感謝の気持ちを表した。この圧死事件で、札幌でのロックコンサートの開催が激減し、この惨劇を契機に、コンサートでの警備が厳重化するといった動きに変わっていったわけである。リッチーブラックモアは犠牲となった女子大生家族に多大な見舞金を渡したそうだ。そして、後に控える、金沢公演がキャンセルになる事態となった。こうした事故がもう二度と起こらないことをロックファンとして願うばかりだ。Knocking at your back doorをしたいと言ってばかりいるのがわすではない。こうした真剣なわすもいることをわかってほしい。

パリの散歩道さんへ
わかってますよ(笑)
実は(実はって言うほど知らないですけど)とても優しい人だってことを。
結構、ライブでの描写も細かいですし、長文でも読み飽きない。。(これマジ)
おかげさまでマイケルに行かなかったのを後悔しとります。
私にとっては中島体育センターは全日の思い出ですね。レインボーのあの会場だったんですね
お久しぶりです。
当方のブログに訪問頂いていた様で、誠に有難うございます。m(__)m
8/25の実家帰省記事で少しだけ書き留めましたが、昔懐かしのLPが色々出て参りまして。(^^ゞ
記事の写真は一部のみですが、きっとグラハムボネ太郎様には全てご存知のLPばかりですね。
若い頃はお金が無くって『貸しレコード屋^^;』で借りてきてカセットに録音し、歌詞はコピーも高かったのでレポート用紙に手書きしてました。(どんな時代だ!?)
当時録ったカセットも色々残っていたのですが、レコード及びカセットの再生機器が無いので…残念ながら「思い出」として(実家に)残し、聴きたくなったら蔦谷にでも行ってCD借りてきます。。

コチラは楽しくて懐かしい記事が沢山なので、また遊びに参りますね♪
(勝手ながらリンクさせて頂きました。(^_^))
akiさんへ
本当にお久しぶりです!
せっかく訪問したのに、コメント残さずで失礼しました。私の事なんて覚えてないだろうな、って思っちゃいまして残さなかったら、、、akiさんから!!
改めてですけど、2016年7月10日以来だかり2年ぶりです。あの時は嬉しくって嬉しくって「やったぁ! 初コメントだぁ!」ってね
まだまだあれからもずっと更新し続けてるのもakiさんからのコメント(見てくれてる人がいるんだ! っていう実感)です。
私もリンクしましたので、これからもよろしくお願いします。
スコーピオンズも聴きますか? 私は行けないけど、今回のラウドパークのトリですよ
太郎さん、まいど
尊敬する太郎さんに、こないに褒められるとは光栄ですわ。わすはゆとり世代同様に、ほめられて伸びるタイプですからね(爆) しかし、このロブマニア君気になるなあ。太郎さんとロブマニア君とわすで、飲み会を一度開催したくなるよ。
パリの散歩道さんへ
私も誉め殺しされるほど褒められるのが大好きですから、同類ルイです(笑)
ロブ・マニアさんとの飲み会したいですね。というか、私のブログを見てくれる皆様全員と飲みたいですよ!
太郎さん、まいど
本田美奈子のコメントがまた見れなくなくなっています。もし可能であれば、再投稿して。おそらく、地味ジャム尊さんとわすのコメントに対する2つだと思う。
パリの散歩道さんへ
絶対にKnocking at your back doorのたたり
もうそうとしか考えられないΣ(゚д゚lll)
私のback doorは大丈夫か?
太郎さん、まいど
バックドアのたたりとは、激爆だよ! 再投稿コメントみることができました。どうもありがと。 
パリの散歩道さんへ
これからはたたりに負けないように、気を引き締めならぬ、尻を引き締めていきます!
太郎さん、まいど
締まりのよいのがよしとされているのです。さすが、お仲間だけに実によくわかっておられる。
パリの散歩道さんへ
その組合の方に侵入(チン入?)されないように、事前に締めるのです(笑)
・・・ヤバい、まじでブログの品位が(;^_^A

管理者のみに表示

トラックバック