FC2ブログ

U2へと続くポップ ミュージックの話

レイ・パーカー・Jr
「ゴーストバスターズ」



ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」




M「ポップミュージック」



そんなパクリのさかのぼり(笑)





えっ? U2も







大丈夫です(笑)




U2は正々堂々と使いました



ポップマートツアーの






ポップマートツアーの






ポップマートツアーの








それにしても巨大なツアーだよな


つうか、巨大なセット(笑)










オープニングで「ポップ・ミュージック」を使ってる(笑)







凄いんですけど❗️


U2をそれほど好きじゃない私もこのライブDVDは手離せません❗️❗️




ポップミュージックをバックにメンバーが入場してくる



U2のコアなファンの方からは不評らしいアルバム『ポップ』も好きだ。


しかも、頭三曲が好き




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ







スポンサーサイト

コメント

デビュー当時は
アイルランド出身でとんでもなく政治色が強かったU2。それがここまで商売上手にかわるとはね~
今でも政治には何かと絡むけど、デビュー当時を知る自分としてはここまで大きくなるバンドとは
全く想像だに出来まへんでした~恐れ入りましたm(_ _)m
jackteraさんへ
ですよねー。私からすれば商売上手になったU2よりも、あんな音楽を気に入ったアメリカ人に驚きです。アメリカ人が好きなタイプの曲と真逆のはずなのに。暗い歌も好きだったんだな、カモン ベイビー アメリカは!

管理者のみに表示

トラックバック