由緒あるお寺へ奉納しちゃった(笑)

知ってましたか?

京都の清水寺には元があったって。



それがここ





信州は山形村にあるその名も清水寺






標高1200だから景色最高






人里離れてるから雰囲気よいよ










今は住職さんもいないし、
元々檀家を持たない寺らしく、
今は管理人さん夫妻が
寺を守ってらっしゃいます





で、京都の清水寺の元寺だという話なんだけど、直接管理人さんに聞きました



①その昔(天平元年(729年))に釋行基が廻って来られ、自ら千手観音の尊像を彫って安置し創設したと

ちなみに京都清水寺の創設は778年


②坂上田村麻呂が蝦夷征伐の際、本村清水寺を参詣し、征伐の成功を祈願したところ、霊験あらたかであったため、本村清水寺の千手観音を京都へ移したと


③それが京都東山にある清水寺になったと伝えられている。



言い伝えなんで、本当のところはわからないけど、間違いないのは、現在の本尊は清水様式と呼ばれる千手観世音菩薩像

手を頭の上で横に合わせるタイプ

これって、京都清水寺の千手観世音菩薩像と同じ形で、しかも全国に数十体しかない形なんですって



そんなこともあって、ここ山形村の清水寺が京都清水寺の元寺だということ



それから、ここの住職さんの娘さんが京都の清水寺にお嫁に行ったらしく(まだ京都で存命です)、今でも京都の清水寺の一番偉い人(毎年年末に今年の漢字を書くあの人)が、毎年5月のご開帳の時にいらっしゃるんだと。

京都に行っても、ほとんど顔を見ることが出来ないあの人を、この山奥の清水寺では見ることが出来るんですって❗️






それから、寺は真言密教の祈願寺で檀家を持たないため、お金を募って保全、修繕をしてるんだけど来年に屋根を葺き替えるんですって❗️、


銅板に好きなことを書いて、それを屋根材として使ってくれるとのことで、私グラハムボネ太郎も金三千円を納めて書いてみました。







愛でしょ、人間愛でしょ(笑)



私だってたまにはいいことするんです


来年にはこの銅板が清水寺の屋根に❗️





心が洗われたぁぁぁぁ(笑)




スポンサーサイト

コメント

何があったんですか・・・?
やはり「(後扉への)愛」から生じた行動ですか?
地味JAM尊さんへ
慈悲深いお方なのです、グラハムボネ太郎さんは。これからはお師匠さんとお呼び下さい(笑)

管理者のみに表示

トラックバック