FC2ブログ

グラハムボネ太郎の部屋

ハードロックとその他どんどん行きます!

Top Page › HR/HM M › MOTT THE HOOPLE『ALL THE WAY FROM STOCKHOLM TO PHILADELPHIA-LIVE 71/72』黄金時代かな
2020-12-29 (Tue) 00:00

MOTT THE HOOPLE『ALL THE WAY FROM STOCKHOLM TO PHILADELPHIA-LIVE 71/72』黄金時代かな

イアン ハンターの歌声がお気に入り


ゲイリー ブルッカーもお気に入り


でも今日はイアン ハンターの話


あっ、
ちなみにゲイリー ブルッカーは
プロコル ハルムのボーカルです。




そんなわけで
年末なんだけどモット ザ フープル

別に年末に聴いちゃいけないわけは
ありませーーーーんです(笑)




彼らの有名曲に
「ALL THE WAY FROM MEMPHIS」が
ありますので、それをもじったタイトル

MOTT THE HOOPLE
『ALL THE WAY FROM STOCKHOLM TO PHILADELPHIA-LIVE 71/72』







要するに
1971年のストックホルムと
1972年のフィラデルフィア


モット ザ フープルって
ライブバンドだって言われてる


レコードよりも
ラフな感じもあり
泣かせな感じもあり


私もライブバンドだなって思う。


イアン ハンターの作曲って天才的。


売れたのはデビット ボウイの手助け

でも

売れ続けたのはイアン ハンターの実力


まっ、続けたっていう程続けてないけど



「ROCK AND ROLL QUEEN」






モット ザ フープルで残念なのは

ライブ映像が極端に少ないこと。

しかも、テレビ出演の映像ばかりで

通常のライブ映像なんて
あるのか? ないのか?



モット ザ フープルも
イアン ハンターのソロも
ミック ロンソンとのアルバムも


全部全部好きっす。





よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ



スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-12-29

Comments







非公開コメント