FC2ブログ

グラハムボネ太郎の部屋

ハードロックとその他どんどん行きます!

Top Page › プロレス › 人間ジャイアント馬場―リーダーの条件という本
2021-01-22 (Fri) 00:00

人間ジャイアント馬場―リーダーの条件という本

買っちゃったよ(笑)

また

プロレス本を買っちゃったよ(笑)

しかも

ジャイアント馬場です。








ブックオフの100円コーナーで
プロレス本を見かけたら
必ず買ってしまう私



今回は馬場本。





とはいっても
馬場が書いたのではなく
馬場元子さんや、
天龍のインタビューがメイン。





とにかく馬場を
褒めて
褒めて
褒めて
褒めまくる本(笑)



ただ、元子さんの話は
いつものように馬場を
無条件で褒めていてつまらないけど


天龍の話は良かったですよ❗️


馬場のことを語れる人は
天龍しかいないかも。

ジャンボ鶴田は
「大きい人」って言って
人としては距離を置いてたから


レスラーとして懐な飛び込んだのは
天龍だけだったのかもしれない。


巡業先で馬場にお金を無心する天龍

それを許す馬場

天龍は常々疑問だった
「何故馬場社長が巡業に行っても外に出歩かないんだろう?」と。


それは会社の責任者、つまり社長だから
何か不祥事があった時に即座に対応するためだったと。



だから、WARそれ以降は自分も
出歩かなくなったなんて話は
感心してしまう。


馬場と酒を飲んだレスラー、天龍


この本の本当の主役は


間違いなく天龍源一郎です❗️


昭和のプロレス万歳❗️


よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ



スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-01-22

Comments







非公開コメント

こんにちは。

私の悪い所は、本を購入しても中々読まない事なんです。
『そのうち読もう』と思って、読まないのです。

例えばプロレスの書籍だけでも未読本が10冊以上有り、数年前に買った「木村政彦は、なぜ力道山殺さなかったか(上下巻)」など、包装したままです。
馬場さんの「1964年のジャイアント馬場」も、本棚で寝ています。
ですから、こうしてボネ太郎さんからの情報は、とても有り難いですね。
ジャイアント馬場を語ると長文になりますので、止めておきましょう。

天龍は、男気の見本の様な生き方をしていますね。
でも、ジャンボ鶴田も隠れた良いエピソードが有りますので、またの機会にでも(^_-)b



2021-01-22-09:04 しょうまん
[ 返信 * 編集 ]

グラハムボネ太郎

しょうまんさんへ

私はその逆で、どんどん本を読むので、もっぱらブックオフの100円コーナーのみを愛用しています(^^)
普通のコーナーにはもっと読みたい本があるんですが、たくさん読むので100円コーナーのみと決めてます
ジャンボ鶴田のいい話を教えて下さい、よろしくお願いします。最強プロレスラーはジャンボ鶴田です!
2021-01-22-10:12 グラハムボネ太郎
[ 返信 ]