fc2ブログ

グラハムボネ太郎の部屋

ハードロックとその他どんどん行きます!

Top Page › HR/HM R › ROBIN TROWER『VICTIMS OF THE FURY』このアルバムは凄くハードロック
2022-12-05 (Mon) 00:00

ROBIN TROWER『VICTIMS OF THE FURY』このアルバムは凄くハードロック

私はロビン トロワーではなく
ジェイムズ デュワーが好きなのかもしれない

ロビン トロワーを聴いていてフッと思った

ギターではなく
大鶴義丹ではなく
マルシアではなく
ボーカルを聴いてる私に気づく私

そのくらい、ジェイムズ デュワーが凄い!

もちろんロビン トロワーも凄いけどね

ROBIN TROWER
『VICTIMS OF THE FURY』





1980年だからか、かなりハードロック

もちろん根っこにはブルースとジミヘン

だけど、世の中は(特にイギリスは)
NWOBHMが始まりまして
ハードロックからヘビーメタルへの時代


ロビン トロワーだってハードになるっす

ただ、そこはロビン トロワー。
つうかジェイムズ デュワーです

タメと空間を活かし、かっこいい

しかも、このアルバムから再び3人組に

オープニング・ナンバー「Jack and Jill」は
我々ハードロックファンも虜にしていく

1. Jack And Jill
2. Roads To Freedom
3. Victims Of The Fury
4. The Ring
5. Only Time
6. Into The Flame
7. The Shout
8. Madhouse
9. Ready For The Talking
10. Fly Low


「Jack And Jill」




私がこのアルバムで一番好きな曲



「Victims Of The Fury」

ジェイムズ デュワーを堪能出来ますよ





時間があればラストの「Fly Low」をよろしく

ロビン トロワー、いいなぁって思うよ!

かなり聴いてます、このアルバム

よかったら
押してちょうだいな



YAMAPやってる人は私のハードロックYAMAP日記もよろしく!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ





スポンサーサイト



最終更新日 : 2022-12-05

Comments







非公開コメント