FC2ブログ

LINDSEY BUCKINGHAM CHRISTINE McVIE『LINDSEY BUCKINGHAM CHRISTINE McVIE』これって!

レコーディングクレジットを見る

こう書いてありました




リンジー バッキンガム:ギター、ボーカル他
クリスティン マクヴィー:キーボード、ボーカル
ミック フリートウッド:ドラム
ジョン マクヴィー:ベース
ミシェル フローム:キーボード



んん?



これって??



もはや



フリートウッド マック?




リンジー バッキンガム:ギター、ボーカル他
クリスティン マクヴィー:キーボード、ボーカル
ミック フリートウッド:ドラム
ジョン マクヴィー:ベース




んん?



いない??



轢かれたガマガエルみたいな声の天使がいない?



あっ、誉め言葉ですからね!
(どこがだよ(笑))






こういうのって、
いろんな大人の事情があるんだろうな




だったら
フリートウッド マック名義でい~じゃんか!
って、周りは思うけど
そうはいかないのが大人の事情なんだよね(笑)




そんなわけで
名義は2/5ですけど
実質的には4/5のこのアルバム





LINDSEY BUCKINGHAM CHRISTINE McVIE
『LINDSEY BUCKINGHAM CHRISTINE McVIE』








スティーヴィー ニックスの事情ってなんだろう?



まあ、そこは置いといて、このアルバム。



これがまあ、実にフリートウッド マック。

そりゃそうだよ

フリートウッド マックで曲を書いている
2/3のデュオだし、

フリートウッド マックの音を作り上げてる
4/5の演奏だし、







1.Sleeping Around the Corner
(lead vocals: Buckingham)
2.Feel About You"
(lead vocals: McVie)
3.In My World
(lead vocals: Buckingham)
4.Red Sun
(lead vocals: McVie)
5.Love Is Here to Stay
(lead vocals: Buckingham)
6.Too Far Gone
(lead vocals: McVie)
7.Lay Down for Free
(lead vocals: Buckingham)
8.Game of Pretend
(lead vocals: McVie)
9.On with the Show
(lead vocals: Buckingham)
10.Carnival Begin
(lead vocals: McVie)





ボーカルも5曲ずつとバランスも取れてます

それぞれの曲も
リンジー バッキンガムらしく
クリスティン マクヴィーらしく


フリートウッド マックの代替品としたら十分






クリスティン マクヴィーが歌う曲


「Too Far Gone」







ただ、凄く残念。


スティーヴィー ニックスの不参加ではなく
もちろん曲の中出来ではなく



クリスティン マクヴィーの声が

なんだかガラガラになってること。

そりゃもうおばあさんだから
仕方ないんだけど

結構クリアな声で、それが好きだったんで
この声に凄くショックです。




寄る年波には敵わないってか(笑)




とてもいいアルバムでした!!




よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ








スポンサーサイト

コメント

ええ?
まさにFleetwood Macじゃないですか!ジャケットは見たけど「2人じゃな~」と聞きませんでした。
名義はStevie Nicksが絡んでるんでしょう。そのLindseyまたFleetwood Mac抜けましたよね・・・
jackteraさんへ
大人の茶漬けのCMじゃないけど
「大人って!」って感じですね。
私は新譜も出さずの懐メロツアーは嫌いだから、フリートウッド マック名義での新譜を聴きたかったな。
リンジー脱退ですか(爆笑)

管理者のみに表示

トラックバック