オランダのイケメン顔長貴公子 ROBBY VALENTINE です

ファンの方申し訳ありません。

口が過ぎました m(_ _)m

だって••••こんなんだからさぁ





崇高なメロディを書く人でしたね。特に1stと2ndはかなりの完成度です。

よくQUEENと例えられてましたけど、実はQUEENって叙情的ではないんですよね

こちらの方がメロディの洪水って感じです。



ロビー・ヴァレンタインロビー・ヴァレンタイン
(1994/03/25)
ロビー・バレンタイン

商品詳細を見る



いずれにしても、この1stを聴いた時は壺ォォォォォィォォってなって、一時期ずっと聴いてました。それは2ndでもそうだったんですがある日からパタッと聴かなくなったんです。


飽きたとかじゃなく、実はロビー ヴァレンタイン巻き舌風のボーカルがとっても耳につくようになりまして••••

ハイ それまぁ~でぇ~よぉ~~ってね


それでもこのメロディの完成度はべらぼうに高いからブックオフで500円コーナーで見つけたら買いましょう

この1曲目の「THE MAGIC BREEZE」なんてイントロだけでお腹一杯になること請け合い



スポンサーサイト

コメント

リンクに感謝です♪
ヴァレンシアなんてのもいましたね!
イントロがボへラプ的ハモリな辺り
女王様チックと称されたのでしょうか?
当方ラッシュネタのラッシュは一段落、
ちょいちょい挟んではいきますが・・・
私のフェイバリットアルバムである
「パワーウィンドウズ」のレヴューを
期待しております♪
パワー ウィンドウズですね
承知しました。いってみましょうかね。マラソン好きの私がマラソンを。お金欲しいからビッグマネーでもいいか

管理者のみに表示

トラックバック