FC2ブログ

グラハムボネ太郎の部屋

ハードロックとその他どんどん行きます!

Top Page › プロレス › ジャイアント馬場、天龍源一郎対タイガー ジェットシン、上田馬之助とミスター林
2019-06-27 (Thu) 00:00

ジャイアント馬場、天龍源一郎対タイガー ジェットシン、上田馬之助とミスター林

全日本プロレスといえば










花束嬢




っていうか

これからプロレスをするのに
なんで花束をもらうんでしょうか?


なんの花束なんでしょうか?









そんなことより



馬之助と午之助(笑)



2人が揃い踏みです(笑)





力道山に
こんなヘッポコなリングネームをつけられた2人




馬之助に午之助(笑)



いや、順序で言えば



午之助に馬之助だな






ジャイアント馬場、天龍源一郎

タイガー ジェットシン、上田馬之助




・・・とミスター林











早速花束贈呈の時に映り込みです








ミスター林がいる





馬場を隠して牛隠さず(笑)








俺は花束よりもタバコもらいてぇ~ってか(笑)




















さて、試合開始するミスター林











それにしてもカラフルなパンツは
全日の証ですね。



赤に青に黄色に(笑)







そういえば

この試合は
馬が二頭に
虎が一頭に
牛が一頭に
龍が一匹に



なんか凄いなぁ~(笑)






ミスター林は牛なのにシマウマ(笑)









馬と龍の間にミスター林午之助








この試合は
とにかく龍と馬が激しくぶつかる



そこに入るミスター林午之助









腕を極めてる馬、
腕を極められてる龍

歩くミスター林午之助








だんだん試合が熱くなりまして

(ミスター林だけは適当です)









ガンガン攻められる天龍源一郎


とりあえず止めに入るミスター林


ただ普段しないこのミスター林の行動が
のちに大変なことになってしまうのです











なんと

なんと



天龍が振りかざしたパイプ椅子が










ミスター林を直撃!!!









痛てぇーーーー(//∇//)






痛いし、場外乱闘だしで











ミスター林は決断します










終わり終わり!


タバコ吸って、パチンコ行こうっと!


えっ? 今日はこれから移動?


パチンコ行けないの?








・・・という試合です


よかったらどうぞ












ああ、昭和のプロレス万歳!

ああ、昭和の馬と馬と虎と龍と牛万歳!






よかったら
押してちょうだいな



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ






スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-27

Comments







非公開コメント

No title

 冒頭のセコンドに居るのは越中ですかね? 地方では、興行元の親分の愛人が花束嬢を務めていたなんてハナシ聞いたことがあります。
2019-06-27-01:11 わふわふ
[ 返信 ]

わふわふさんへ

そんな時代ですよね。今じゃ、13人謹慎ものです!
日本では興行とヤ●ザはセットみたいなものだったから。
でも、そんな悪い奴らを裁くレフェリーもミスター林か?
2019-06-27-04:13 グラハムボネ太郎
[ 返信 ]

こんにちは~♫

私がいつも思ったことは「もらった花束は、その後どうしたんだろう?」というものでした。

一度1万円の特別リングサイド席を購入して「一番前で見れる♫」と喜んでいたら、突然若い衆が椅子を持って来て「おやっさん、こちらです」と言い、私の前に親分が座りました。
もちろん、私は親分越しに試合を見たのは言うまでもありません。

古き昭和の良い思い出です(どこが!)。
2019-06-27-08:43 しょうまん
[ 返信 ]

しょうまんさんへ

へぇ〜、小松政夫の後ろで見れたんですか!
羨ましいですよ、アンタはエライ!ってね。
私は大人になるまでは後楽園ホールと蔵前国技館でしか見てなかったから、親分的な人には遭遇出来ず。
逆に、厨房の頃は立ち見券なのに、後楽園ホールのテレビ映る側の席の間の通路に陣取っていたから、邪魔に厨房だなと思われてたはず(笑) ギャーギャーとうるさいし
2019-06-27-08:48 グラハムボネ太郎
[ 返信 ]

No title

4人共技らしい技を出さずにラフ一辺倒の展開でありながらも、場内を盛り上げて試合を作るのは立派でしたね。もっさり感アリアリだった天龍も、この頃は徐々にプロレス慣れして来て、ゆっくりながらも出世階段を上ってる最中といった感じでした。
天龍とは逆に駆け足で階段を下りてたロッキー羽田の姿が見当たらなかったけど、この時期は病気療養中だったのかな?www
2019-06-27-10:28 マイヤー
[ 返信 * 編集 ]

マイヤーさんへ

階段ではなく滑り台を滑っていたのかもしれません
ああ、ロッキー羽田よ!
後楽園ホールで、ロッキーのテーマ曲がかかると狂喜乱舞してたんですけど、いつのまにかそれも無くなってしまったなぁ。
天龍については、マイヤーさんの言う通り、なんだか野暮ったいなぁって思っていましたね
2019-06-27-10:34 グラハムボネ太郎
[ 返信 ]

名スカウト〜ミスター林

実は林と上田とラッシャーは昭和33年、角界入りの同期で上田をプロレスに誘ったのが林だったのです。
ラッシャーは6年、上田は2年、相撲界に居たのですが林は1年で廃業…。
早起きして朝稽古する規則正しい生活が苦痛だったのでしょうか?

ラッシャー→IWA世界ヘビー&タッグ、TWWA世界タッグ&欧州タッグ。
上田→IWA世界ヘビー、北米タッグ、インター・ タッグ…,
林→タイトル歴、無し………

嗚呼…無冠の帝王、ミスター林、万歳!
2019-07-08-23:21 ザ・ブラックジャックス
[ 返信 ]

ザ・ブラックジャックスさんへ

そーーーなんですか!
上田と木村と林にはそんなつながりがあったんですね。
チャンピオンになるだけがプロレスではなく、未だにブログに取り上げられるミスターこそ勝ち組かもしれない。
・・・なわけないか(^^;)
2019-07-09-07:05 グラハムボネ太郎
[ 返信 ]