VAN HALENで1番聴くのは『DIVER DOWN』です

カバーが多い、地味、爆発前夜••••





色々言われておりますが、なんと言われようと私はこのアルバムが1番好きだし、1番聴いてます。



Diver DownDiver Down
(2012/02/08)
Van Halen

商品詳細を見る



カバーが多いってこともあるかもしれないけど、何しろ全部の曲の完成度が高く、飽きることなく全編聴けるという。しかも曲のバラエティー加減が凄い。全盛期のQUEENレベルで色んな曲が入っているよ

一説によるとこんな凄い(私的に)アルバムをたった2週間で完成させたとかさせていないとか。

いずれにしてもオープニングがいきなりカバーという変則アルバムですが、どの曲もたまらんです。


1. Where Have All the Good Times Gone!
2. Hang 'Em High
3. Cathedral
4. Secrets
5. Intruder
6. Oh, Pretty Woman
7. Dancing in the Street
8. Little Guitars (intro)
9. Little Guitars
10. Big Bad Bill (Is Sweet William Now)
11. The Full Bug
12. Happy Trails

みんなはあまり好きでは無いようですが⑥大好き!
⑦のノリもミック ジャガーとデヴィット ボウイのカバーよりも1億倍はかっこいい。
⑨はエディのちっちゃいギターが楽しめ、
10では、クラリネット入りのミニ楽曲。ハードロックのカケラもありません。
と思ったら11で独特なハードロックの世界へ戻してくれ、、、
究極は最後にHappy Trailsって曲でしめるなんてそこいらのバンドには絶対に出来ない芸当



どの曲を紹介するか、本当に迷うアルバムです。


あえて、Happy Trailsにしちゃおうかな





この曲を途中に挟んだYou Really Got MeはUSフェスティバルで披露してますけど、かっこいいったらありゃしない、、、、、ってか!






バイビーーー




スポンサーサイト

コメント

No title
こんばんは~。
デイブ時代のアルバムで
一番私はこれが好きです♪
正直ミック達の
「Dancing in the Street」は
PV観て「ん~・・・」でした。
絶対にこちらの方が
カッコイイと私も思います!!
妄想しぇり子さんへ
ですよね、ですよね!
こりゃ、嬉しいカミングアウトだ!
凄くバラエティに富んでいて、凄く楽しいアルバムだと。これこそヴァン ヘイレン!
やっぱ1stシングル(PV)の
Intruder~Oh,Pretty Womanが最高に好きなんですよね~。HR/HMに慣れてない昭和馬鹿中坊には(重い)Intruderから、ポップなPretty Womanにつながる流れが「ウキ~ッ!」だったんで。

・・・だからね~Dancing~が選曲も仕上げも中途半端な気がしちゃうんですよ~。シングルカットしなきゃ良かったんですけどね(Happy Trailsとかヒューイ・ルイスのアルバム内の「ドゥーワップコーラス曲」みたいで好きなんですよ)。

ミックとボウイについては後扉講演会としては応援をしなければ・・・
No title
先日、自分のブログに地味JAM尊サンもチラッと書いてた事がここにも(笑)。

「DANCING~」に関しては、自分はミック&ボウイの方なんですよ。元々80sポップから洋楽の道に入ったんで、後追いのヴァン・ヘイレンverは何か違うと(笑)。ポップサイドとロックサイドの違いとでも言うんですかね?ミックはともかく、ボウイにしては随分とハジけたPVでしたけどね。

このアルバムで一番好きなのは「HANG 'EM HIGH」。正に炸裂!といった感じで堪らないっすね~。如何にもヴァン・ヘイレンってな具合で。
地味JAM尊さんへ
たぶん、私の初ヴァン ヘイレンがプリティウーマンのPV。訳のわからないPV(笑)
後扉連合の会議も開かなきゃイケないですね。
・・・開く(笑)
K.A.E.さんへ
確かミック ジャガーとデビット ボウイのPVは世界プレミアがライブ エイドでしたね。ずっと起きて見てたなぁ。
仕方ないけどコマーシャルが残念だったのを思い出す

管理者のみに表示

トラックバック