Justin Hayward・John lodge「blue Jays」マニアック過ぎるなぁ

まじですか? ムーディー ブルースじゃなくってジャスティン ヘイワード & ジョン ロッジですか?
(Justin Hayward・John lodge)

アルバム「blue Jays」ですか

って声が多数聞こえてきます。けど、まじです(笑)


この2人です




ほとんど知らないと思いますのでスゴーーーーーーク簡単に説明します


ムーディ・ブルースのギタリスト、ジャスティン・ハワードと同じくベーシストのジョン・ロッジによる作品です。


簡単過ぎたので、中身を少々

ムーディー ブルースよりも少しメロウで少しフォークで少し甘く少し優しいです。もはやプログレではなく、ソフトロックなんてジャンルあるならそこでしょう。


ただ、このアルバムは私のヘビーローテーション入りしておりまして、本家より明らかに聴いています。心地いいんですよね、その優しい調べが


見開きジャケットをお見せしましょう





ほら、今音を想像したでしょ


その通りの音です


こちらのアルバムです



Blue JaysBlue Jays
(2004/06/15)
Justin Hayward

商品詳細を見る




元々、ムーディー・ブルースってプログレのバンドに区分けされてるけど、全然複雑じゃなくって甘ぁーーーーい音が特徴。

メロトロンなんかを効果的に使って、甘ぁーーいメロディを産み出してた。


そんなムーディー・ブルースの活動休止中に発表されたのがこのアルバム



アルバムの1曲目「This Morning」はほぼムーディー・ブルース。

う~ん、トレビアーーーーンな叙情性は彼等の真骨頂



とにかく聴いて欲しいなぁ。


ホッとしますから





今で言うなら癒しってことやね ♪( ´θ`)ノ


イギリスの奥深さを感じる






スポンサーサイト

コメント

太郎さん、まいど
こんなに良質なアルバムが存在していたのですね。わすの好きなブラックモアズナイト風のアルバムジャケットですね。太郎さん、こないな名曲ばかり聴いていると、、普段の飲み会で行くカラオケなんかでは、何を歌っているのかな。わすは仕方なく、日本の名曲を歌いますが、実はカラオケは苦痛なのであります。あまりにもつまらなくて。下手な歌をきかされるからです。
パリの散歩道さんへ
いい曲でしょ(笑)
本家ムーディー ブルースよりもスキンシップアルバムです。
本当にマニアックなアルバムだけど

私は洋楽オンリーカラオケはよく行きます。ただ、ハードロックはキーが高くて歌えない曲が多くて残念。気持ちよく歌えるのはビリー ジョエルだったりする

管理者のみに表示

トラックバック