BON JOVI『WHAT ABOUT NOW』私は支持派(笑)

結局、BON JOVIに何を求めるのか? ですよね






ダメという人は
①ハードロックじゃないから
②コレ! っていう強烈な曲がないから
③ボンの歌い方が鼻につく←これは私だけか?
って感じなんだろう。


わかりますけど、、、わかりますけどこのアルバムの完成度はとても高いですよ。



What About Now (Deluxe Edition)What About Now (Deluxe Edition)
(2013/03/12)
Bon Jovi

商品詳細を見る



というよりも、実はBON JOVIのアルバムってずっと出来が良いと思っています。

出来が良いというのは、結局曲が良いということ。

1. Because We Can / 2. I'm With You / 3. What About Now
4. Pictures of You / 5. Amen / 6. That’s What the Water Made Me
7. What’s Left of Me / 8. Army of One / 9. Thick as Thieves
10. Beautiful World / 11. Room at the End of the World / 12. The Fighter

特に気に入っているのは
3. What About Now••••ボンらしいメロディ。始めドラムとベースとボン。そこにギターが乗るからかっこいい
4. Pictures of You••••歌メロが変調するとこが好き、グッと入り込む
6. That’s What the Water Made Me•••これも疾走感がたまらない、流れるようなメロディラインが心地よい
10. Beautiful World•••たいしたことない感じなのに、結局聴き続けてしまう。たまらん


ってとこかな。私はBON JOVIのバラードには何も心に来るものが無い、今までのどのアルバムでもバラードだけはダメだと思っている者なのですが、それは今回も変わらず。結局BON JOVIには私にとっての“泣きのメロディ”が無いからなんだろうなと。普通の曲をただテンポを遅くしてるだけとしか思えないのです。


4曲目の「Pictures of You」が1番お気に入りです





もうリッチー無しだからBON JOVI 株式会社もボン社長のワンマン度がより一層高まった感じだな。結局リッチーは副社長でもなく、専務でもなく実は取締役ではない単なる部長だったのだな(笑)



さて、次回作はどうなるか?


スポンサーサイト

コメント

実はBONも好きでした・・・
バウンス辺りから雲行きが怪しくなってきたため、
以降から出典アルバムまで購入するに至っておりませんが、
一時代を築いた彼らに何かを期待してしまう自分がいるのです・・・
そう、ガッツです!
石松ではございません(笑)。
現在のエンターテイメント重視の歌謡曲量産バンドではなく、
ハードなロックテイストでガツンと言わせる
かつてのバンドスタイルを取り戻して欲しいのです!!
かつてエゲレスのBONと言われたレップスは
今でもロックロックしてますやん♪
No title
友達がファンで、新作がでるたんびに聴かせてはもらうけど、『BGMにはいいわね』って程度で好きでも嫌いでもないかな。
初期の頃のほうが泥臭くて、個性的で好きですね。

でも曲は良いけど、心に響きません。

ボンジョヴィは84年のスーパーロックで見た事けど、『元気な田舎くさい兄ちゃんやな!』ってイメージで、それがあれよあれよと言う間にスターダムにのし上がってしまったって感じで、自分のテリトリー内ではないなと思ってます。
ちなみにエアロスミスとかもそうです、曲はいいけど心に響かない。

robokeiさんへ
バウンスで一回ヘビーになって、そこからはカントリー的だったりアメリカンロック的だったりともはやハードロックでは無いですよね〜(笑)
でも私はボンが好きなんだぁ〜
未だに好きなんだぁ〜
アカンかぇ〜*\(^o^)/*
wanco.さんへ
ボンさんがどうのこうのもいいですけど、そんなことよりもスーパーロック84が気になります
私も行きましたがそれは西武球場
もしかしてwanco.さんは大阪会場? ですか?
興味あるなぁ〜 そっちの話題ってほとんど入って来ないから
ブログに思い出話を綴って下さい(笑)
ボンジョビのバラード曲についての感想、同感🎵
おお! ロック馬鹿さんありがとう
ボンのバラードはつまらんです(笑)
絶対にそうだ!!
そうだ! そうだ!!
No title
ボネ太郎さん、まいど。
ボンジョビはデビュー時からのファンであります。アルバムもすべて持っています。しかし、「ニュージャージー」アルバムまでは、曲名を完璧に覚えていたのですが、CD時代が到来し、やたら曲数が多くなり、また、10代の頃のような熱狂的な姿勢も薄れ、そうしたことが曲名まで覚えることを妨げているのでしょう。
 このピクチャーズ オブ ユーはほんまいい曲ですわ。曲はよく聴いていたので、しっかり知っていたのですが、曲目は初めて知りました。
 西武球場のスーパーロック84とニュージャージーアルバムのツアーで、名古屋市総合体育館レインボーホールに突撃したものです。
 それと、少し前の貴ブログに取り上げられていた、デフレパードのハイアンドドライ収録のあの曲はえらい名曲でしたね。LPで持っていたのですが、その存在にまるで気づいていませんでしたよ。このブログに感謝ですわ。
パリの散歩道さんへ
いやぁ〜 ほめ殺しにも程がある位のほめ殺し、凄く嬉しいですよ(笑)
ブログ書いててよかったぁって思います
株式会社ボンもレプス協同組合も基本的にいい曲書くバンドです。曲目が多いのに反対の立場は私もです

管理者のみに表示

トラックバック